Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 1.pdf/20

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


〈第十五代〉おうじん天皇は、これらの人々を用ひて、學問や産業をお進めになりました。天皇が特に心をお注ぎになつたのは農業で、池やみぞをおつくらせになり、すゐでんをふやして、米が多く取れるやうになさいました。また、使ひを支那へやつて、さいほうや機織にすぐれた職人を、お召しになつたこともあります。かうして、だんだんかうつうが開けると、てうせん半島は、わが國から大陸へ渡る橋の役目をすることになりました。ついで〈第十六代〉にんとく天皇は、都をなにはにおうつしになりましたが、それも、半島との交通のべんをお考へになつてのことであります。

三年ののち
三年ののち

仁德天皇は、深くたみくさをおいつくしみになりました。不作の年が續いたころのことです。ある日、たかどのにのぼつて、遠くむらざとのやうすをごらんになりますと、民家から煙一すぢ立ちのぼらないありさまです。天皇は、民草の苦しみのほどを深くおさつしになつて、三年の間、税ををさめなくてもよいことになさいました。ために、おそれ多くも、おん生活はきはめて御不自由となり、宮居の垣はこはれ、御殿もかたむいて、戸のすきまから雨風が吹きこむほどになつて行きましたが、天皇は、少しもおいとひになりませんでした。かうして三年ののち、ふたたび高殿からごらんになると、今度は、かまどの