Page:Sengo ōbei kenbunroku.pdf/41

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

內に於けるが如き慘禍を免れたるなりと云ふ、然れども吾人は白耳義の有形的物質的災厄の割合に少かりしと云ふ故を以て彼國民に對する同情の念を割引すべき理由なく彼等が其國土の殆凡てを擧げて暴戾なる獨軍政府の手に委ね四年の久しき間其支配の下に屈服せざる可らざりし彼等の精神的苦痛に對しては一層深厚なる同情を表せざる可らず。

 ブラツセルに到着するや今度の會議の議長にして伯國議員なるデカン男を始め國務大臣諸氏出迎へ軍樂隊は來着したる各國代表者の爲一々其國々の國歌を吹奏し停車塲には群集十重二十重に整列して盛なる歡迎をなせり、余等は日本代表者の宿と定まれるホテルアストリヤに至り其處にて日本より直行