Page:Sankō sōsyo part5.pdf/55

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです
ニ一致スル者又ハ將來一致スヘキ者又ハ之ト交通ヲ保ツヘキ者將タ又法王敎ヲ公信シ或ハ法王ノ敎徒ト結婚スル者ハ此ノ國、愛爾蘭及是等ニ屬スル領土又ハ是等ノ一部分ノ王位及政權ヲ相續、掌握將タ享有シ或ハ右等ノ中ニ於テ何等ノ王權、權能、管轄權ヲモ領有、使用將タ執行スルコトヲ拒マレ且ツ永遠ニ是等ノ能力ヲ有セサルヘシ又若シ此ノ如キ場合ヲ生セハ此ノ國ノ人民ハ悉ク其ノ忠勤ノ義務ヲ免除セラルヘシ而シテ王位及政權ハ「プロテスタント」敎徒ニシテ且ツ當然之ヲ相續享有スヘキ人常ニ之ヲ相續且ツ享有スヘシ若シ是等ノ人羅馬敎徒ト一致交通ヲ保チ信仰ヲ公ニシ又ハ結婚スルトキハ自然ニ死亡シタル者ト同視スヘシ
第十條
凡ソ此ノ國ノ王及女王ニシテ將來何ノ時ニ於テモ此ノ王國ノ王位ニ登ル場合ニ至リ之ヲ繼承スル者ハ卽位後ノ第一議會集同ノ第一日ニ此ニ集同シタル貴族及庶民ノ面前ナル貴族院ニ在ル玉座ニ著席シテ或ハ國王又ハ女王ノ卽位式ノ場合ニ於テ卽位ノ宣誓ヲ爲ス時其ノ宣誓ヲ司掌スル人ノ面前ニ於テチヤールス第二世王ノ治世第十三年ノ制定ニ係ル「羅馬敎徒ニ國會