Page:Sankō sōsyo part5.pdf/35

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

中招集セラレタルニ故ラニ出席セサル者アルカ或ハ出席スル能ハサル者アルトキハ出席員多數ノ議ニ由リテ一決セル所ヲ以テ二十五諸侯全員ノ同意ヲ得タルモノト同シク確實且ツ有效ノモノト見做スヘシ二十五侯伯ハ各自誠意ニ總テ上記ノ條項ヲ遵守シ且ツ其ノ力ヲ盡シテ之ヲ他ニ遵守セシムヘキコトヲ誓フヘシ朕ハ朕自ラ將タ人ヲ以テ上記許與セル自由ノ依リテ以テ廢止セラレ將タ減少セラルヘキ權能ヲ取得スルコトナク若シ又之ヲ取得スルモ全ク無效タラシメ敢テ朕自ラ將タ人ヲ以テ之ヲ使用スルコトナカルヘシ朕ト諸侯ト爭議ノ端ヲ開キシヨリ以來朕及僧俗ノ臣庶間ニ起リタル惡感、憤怒、怨恨ハ朕悉ク之ヲ宥免シテ復タ問ハサルヘシ加之ナラス朕ノ治世第十五年ノ基督更生祭(Easter)(祭日ノ名)ヨリ平和靜謐ノ恢復シタル日ニ至ル間ニ朕ト諸侯トノ間ニ於ケル爭議ニ由テ生シタル總テノ犯行ハ朕之ヲ僧俗一切ノ臣僚ニ宥免シ其ノ朕ニ關ル所ハ復タ問フコトナカルヘシ朕ハ彼レ等ノ爲メニカンタベリー大僧正スチーブンダブリン大僧正ヘンリー其ノ他前記ノ諸僧正及司長パンドルフノ證認スル所ノ前記諸條項ニ關ル勅狀ヲ作ラシメ