Page:Nihyaku-hatsuka.pdf/1

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


二百二十日

高濱虛子

 きのふは二百二十日であつて、おとゝひから蒸し暑く豪雨を降らしたり嵐がおとづれたりして、たゞならん景色であつた。それがきのふ午後になつて颱風が過ぎ去つて了つたのであらう、空を見ると雲は未だ空を覆うてはをるが倂しその雲の色も險惡な色は無くなつて、殊に風の方向を示して居るやうな矢のやうな雲が數多く現れてその矢のやうな雲の外に綿のやうな雲が散らばつて居て、その綿のやうな雲の間から珍しくも靑空が見えて來た。その靑空といふのは久しく見ることが出來無かつた深碧な色を湛へた、丁度深さの測り知られぬ湖、とでもいふやうな深い深い澄んだ空の色であつた、斯る空は去年の秋一二度眺めたことがある以來全く見ることの出來なかつた美しい色であつた。我が國は水蒸氣の多い國であるといふことは隱れも無い事實であつて、そのために春の朧月といふやうなものが現れて、美しい和やかな眺めにもなるのであるが、そのかはり本當に晴れた深碧の空を眺め見ることはめつたに無い。普通秋晴の日であつてもどことなく淀んでゐるかの如き感じがして、例へば朝鮮滿洲あたりで見る空のやうな本當にうち晴れたといふ感じのする空には接することが出來無いのである。其が斯のやうに颱風の過ぎ去つた後の空の色は丁度朝鮮滿洲のあたりで見る如き全く水蒸氣を拂拭し去つたほんたうの紺碧の空を眺め得るやうな心持がするのである。丁度それは雲の間から覗いた深い底無し井戶を見るやうな感じであつて、私はその深碧の色を神祕な、言葉では形容の出來ん世にも美しい色と打ち眺めるのであつた。矢の如き雲は常に形を變へつゝあつたが、その矢の方向は一定して變らなかつた。綿の如き雲も亦、消ては又生じ、消えては又生じするのであつたが、深碧の空は常にその綿雲の間に見ることが出來た。