Page:Naobinomitama4.pdf/20

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

まねく人に知せず、オノワタクシモノにせむとするは、いと心ぎたなきわざなりかし、

あなかしこ、オホキミの天下しろしめす道をシモシモとしてオノがわたくしの物とせむことよ、

下なるモノは、かにもかくにもたゞ上の御おもむけにシタガるこそ、道にはかなへれ、たとへ神の道のオコナひの、コトにあらむにても、を敎へ學びて、コトに行ひたらむは、上にしたがはぬ私事ならずや、

人はみな、ムスビノ神のミタマによりて、ウマれつるまに、身にあるべきかぎりのワザは、おのづから知てよくる物にしあれば、

ヨノナカイキとしいける物、鳥蟲に至るまでも、オノが身のほどに必あるべきかぎりのわざは、ムスビノ神のみたまにヨリて、おのづからよく知てなすものなる中にも、人は殊にすぐれたる物とうまれつれば、又しかスグれたるほどにかなひて、知べきかぎりはしり、すべきかぎりはする物なるに、いかでか其をなほシヒ(マヽ)ことのあらむ、敎によらずては、えしらずえせぬものといはゞ、人は鳥蟲におとれりとやせむ、いはゆる仁義禮讓孝悌忠信のたぐひ、皆人の必あるべきわざな