Page:Naobinomitama.pdf/11

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません

が如く、下なる人どもゝ、事にふれては、サチを求むと、ヨキ神にこひねぎ、マガをのがれむと、アシキ神をもナゴめ祭り、又たま身に罪穢ツミケガレもあれば、祓淸ハラヒキヨむるなど、みな人のコヽロにして、かならず有べきわざなり。然るを、心だにまことの道にかなひなば、など云めるすぢは、佛の敎へ儒のコヽロにこそ、さることもあらめ、神の道には、イタくそむけり。又異國アダシクニには、神を祭るにも、たゞ理をサキにして、さま議論アゲツラヒあり。淫祀など云て、いましむることもある、みなさかしらなり。凡て神は、ホトケなどいふなる物のオモムキとはコトにして、ヨキ神のみにはあらず、アシきも有て、心も所行シワザも、然ある物なれば、アシきわざする人もさかえ、善事ヨキワザする人も、マガることある、よのつねなり。されば神は、理アタリアタラヌをもて、思ひはかるべきものにあらず。たゞその御怒ミイカリカシコみて、ひたぶるにいつきまつるべきなり。されば祭るにも、そのこゝろばへ有て、いかにも其神の歡喜ヨロコび坐べきわざをなもべき。そはまづ萬齋忌イミキヨまはりて、穢惡ケガレあらせず、タヘたる限美好ウマキモノサワタテマツり、アルコトひきフエふき歌儛ウタヒマひなど、おもしろきわざをして祭る。これみな神代のアトにして、古の道なり。然るをたゞ心のイタり至らぬをのみいひて、タテマツる物になすわざにもかゝはらぬは、漢意カラゴヽロのひがことなり。さて又神を祭るには、ナニわざよりも先づ火をオモ忌淸イミキヨむべきこと、神代書の黃泉段ヨミノクダリを見て知べし。神事カムワザのみにもあらず、大かた常につゝしむべく、かならずみだりにすまじきわざなり。もし火ケガるゝときは、禍津日神ところをえて、アラび坐ゆゑに、世中に萬禍事マガゴトはおこるぞかし。かゝれば世のため民のためにも、なべて天下に、火のケガレイマまほしきわざなり。今の代には、タヾ神事カムワザのをり、又神の坐トコロなどにこそ、かつも此イミは物すめれ。なべては然る事さらになきは、火のケガレなどいふをば、オロカなることゝおもふ、なまさかしらなる漢意カラゴゝロのひろごれるなり。かくて神御典カミノミフニ釋誨トキヲシふる世〻の識者モノシリビトたちすら、たゞ漢意カラゴゝロの理をのみ、うるさきまで物して、此イミコトをしも、なほざりにすめるは、いかにぞや。

ほどにあるべきかぎりのわざをして、オダヒしくタヌシく世をわたらふほかなかりしかば、

かくあるほかに、ナニオシヘごとをかもまたむ。抑みどりに物敎へ、又諸匠テビトヾモ物造モノツクるすべ、其外よろづの伎藝コトナルワザなどを敎ふることは、上代に、有けむを、かの儒佛などの敎事ヲシエゴトも、いひもてゆけば、これらとコトなることなきにたれども、ワキマふれば、同じからざることぞかし。

今はた其道といひて、コトに敎ウケて、おこなふべきわざはありなむや。

然らば神の道は、からくにの老莊が意にひとしきかと、或人の疑ひへるに、答けらく、かの老莊がともは儒者のさかしらをうるさみて、自然オノヅカラなるをたふとめば、おのづからたることあり。されどかれらも、大御神の御國ならぬ、惡國キタナキクニに生れて、たゞ代〻の聖人のコトをのみキヽなれたるものなれば、自然オノヅカラなりと思ふも、なほ聖人の意のおのづからなるにこそあれ、