Page:NAJDA-195-0324 蕉窓雑話4.pdf/20

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです


ウニシテ診シテモ脉ハ手ニ應セス生死ヲ决スヘキヤウ

ナカリシ故蠟燭ニ火ヲ點シテ目サキヘツキツケマハユキ

ヤト云ヘハ左ハナシト云トクト望テイル中何ニトカギ

ツトシタル處アリ猶トクト考ヘ見ルニ右ノ吐物アル前

ヨリ黒便ヲ下セリ其時分病家ノ人ノコゲタル便ヲシタ

リト云シヲ實ニ燥屎トノミ思イヨク改メ見サリシユヘ

吐物アルマテ畜血ノコトヲ知ラス右体手オクレニ成レリ

扨其便ヲヨク吟味シテ見ルニ黒色漆ノ如キモノ也

因テ断シテ桃核𣴎氣ヲ用一醫茯苓四逆ヲ用ント云シカ予

カ桃𣴎ト云ヲ聞テ以ノ外ノコトナリトシテ先ヘ迯歸レリ右


ノ薬ヲ夜中ニ三貼用シカハ明ママニ至テ厥愈右手ノ脉出

趺陽ノ脉モ應シ総身發熱シテ汗ヲ出シ其ヨリ三日許ニシテ

黒便モ大概サハケ七日許ノ時又塊物一本ヲ吐出シ腹裏

既ニ固有ノ塊ヲ失ス此時ハ四厥セス然トモイマタ左手ノ

脉出ズサマ調理シテママ々力ヲ付後ニハ少ツヽノ歩行モ

ナルヤウニ成シカトモ始終左脉出ス何分トクト安心ノ

ナラサル様子ニテ有シユヘイカニモシテ脉ノ出ルヤウニト

思フ中木屋町ヘ出養生シテ居タルカ六月ニ至テソロト総

身浮腫シテ後終ニ死シタリ此等ハ惜ムヘキノイタリナリ

黒便漆ノ如キモノ紙ニヒタシテ見レハ血ニ染也又水ヲ