Page:Makuranososhi-hojoki-tsureduregusa.djvu/329

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです
317
徒然草

徒 然 草

つれなるまゝに、日ぐらし硯にむかひて、心にうつり行くよしなしごとを、そこはかとなく[1]書きつくれば,あやしうこそものぐるほしけれ。

いでや、この世に生れては、願はしかるべき事こそ多かンめれ。みかどおんくらゐはいともかしこし。たけそのふ[2]すゑばまで、にんげんの種ならぬぞやんごとなき。いちひとの御ありさまはさらなり、たゞうども、とねり[3]なンどたまはるきははゆゝしと見ゆ。そのこうまごまでは,はふれにたれど[4]なほなまめかし。それよりしもつかたは、ほどにつけつゝ、時に逢ひ、したり顔なるも、みづからはいみじと思ふらめど、いと口をし。ほうしばかり羨しからぬものはあらじ。人にははしのやうに思はるゝよと、せいせうなごんが書けるも、げにさることぞかし。いきほひまうにのゝしりたるにつけて,いみじ[5]とは見えす。ぞうがひじりのいひけんやうに、みやうもんぐるし

  1. 漫然と
  2. 皇族
  3. 朝廷より賜はる従者、随身
  4. おちぶれたるも
  5. えらい、立派