Page:Makuranososhi-hojoki-tsureduregusa.djvu/309

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです
297
方丈記

方 丈 記

行く川のながれは絕えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかた[1]は、かつ消えかつ結びて、久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。たましきの都の中に、むねを竝べいらかを爭へる、たかいやしき人のすまひは、代々を經てつきせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家は稀なり。或はこぞ破れて[2]今年は造り、あるはたいか滅びてせうかとなる。住む人もこれにおなじ。處もかはらす、人もおほかれど、いにしへ見し人は、二三十人が中に、僅にひとりふたりなり。あしたに死し、夕に生るゝならひ、たゞ水の泡にぞ似たりける。知らず、生れ死ぬる人、いづかたより來りて、いづかたへか去る。又知らず、假のやどり、誰が爲に心をなやまし、何によりてか目を悅ばしむる。そのあるじすみかと、むじやうを爭ひ去るさま、いはゞ朝顏の露に異ならず。或は露おちて花殘

  1. 泡沫
  2. 一本やけてに作る