Page:Kyoosantoo-Sengen.pdf/96

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

所󠄃を匡正することを希望󠄅する。

 經濟學者󠄃、博󠄃愛家、人道󠄃家、勞働階級の狀態改善者󠄃、慈善事業者󠄃、動物虐待防止會員、禁酒會員、その他種々雜多の小改良主義者󠄃は、みなこれに屬してゐる。そしてこのブルジョア社󠄃會主義が、また一個の學說につくりあげられた。

 それの一例として、プルードンの『貧󠄃困の哲學』を擧げることが出來る。

 この社󠄃會主義的ブルジョアは、近󠄃世社󠄃會の生活條件を欲しながら、その必然の發生物たる鬪爭と危險とを免󠄄れたいのである。彼らの欲するところは、革命的および解體的要素を引去つた現存社󠄃會である。彼らはプロレタリヤのないブルジョアジーを希望󠄅してゐる。彼らはもとより、自分の支配してゐる世界を最善の世界だとしてゐる。ブルジョア社󠄃會主義者󠄃はこのおめでたい考へを、一つの(或ひは半󠄃分の)學說につくりあげた。彼らはプロレタリヤに對し、その學說を實現して、新しいエルサレムに到達󠄃せよと勸めてゐるのだが、それは實質