Page:Kyoosantoo-Sengen.pdf/83

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

 彼らは民衆を自分󠄃らのうしろに集めるために、プロレタリヤの救恤袋を旗印として振りかざした。けれども民衆は、しばしばそのうしろに集まつたとき、彼らの背中に昔の封建󠄄的紋󠄃所󠄃を見つけだして、輕蔑の高笑ひを殘して逃󠄄げ去つた。

 フランス勤󠄇王派の一部と、靑年イングランド黨とは、この芝居の好適󠄃例である。

 封建󠄄主義者󠄃は、自分󠄃たちの搾取がブルジョアの搾取とその選󠄄を異にしてゐるといふが、それは彼らが今日とはまるで違󠄄つた、そして今日では時代おくれになつてゐる、事情󠄃と條件との下に、搾取をやつてゐたといふことを忘れてゐるのである。彼らの支配下には、近󠄃世のプロレタリヤは存在してゐなかつたといふが、それはやはり、近󠄃代のブルジョアジーが彼らの社會組織󠄂の必然の子孫だといふことを忘れてゐるのである。