Page:Kyoosantoo-Sengen.pdf/56

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

 從來、政權を握つたすべての階級は、全󠄃社󠄃會を自分󠄃󠄃らの收益󠄃條件に屈從させて、そして自分󠄃󠄃らの旣󠄁得の地位を確保しようとした。しかるにプロレタリヤは、從來の自分󠄃󠄃の所󠄃得方法(從つてまた、從來一般の所󠄃得方法)を廢止して、初めて社󠄃會的生產力を握ることが出來る。プロレタリヤは自分󠄃󠄃のものとして保護すべきものが一つもない。彼らはただ、あらゆる從來の、私有的保證、私有的保護を破壞すれば足りるのである。

 從來のすべての運󠄃動は、みな少數者󠄃の運󠄃動、もしくは少數者󠄃の利益󠄃のためにする運󠄃動であつた。プロレタリヤの運󠄃動は、大多數の利益󠄃のためにする、その大多數の獨立の運󠄃動である。しかるに、現社󠄃會の最下層󠄃たるこのプロレタリヤは、外面の正式社󠄃會を構󠄃成してゐるところの、上層󠄃全󠄃部を空󠄃中に吹き飛ばさなくては、自立し自營することが出來ないのである。

 プロレタリアートのブルジョアジーに對するこの鬪爭は、形式上(實質上は