Page:Kyoosantoo-Sengen.pdf/48

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

しむべく、厭ふべく、憎󠄃むべきことが甚だしさを加へて來る。

 手の勞働が熟練󠄃と力とを要󠄃することが少くなるに從つて、すなはち近󠄃󠄃世產業がいよいよ發達󠄃するに從つて、男子の勞働が女子と小兒の勞働にとつて代られる。性の差異と年齡の差異とは、勞働階級󠄃にとつては、もはや何らの社󠄃會的價値をもつてゐない。彼らはみな等しく勞働器󠄃具であつて、ただその年齡と性とにより、使用上に費用の多少を生ずるだけである。

 勞働者󠄃が、旣に製造󠄄󠄃家から搾取されて、その勞働賃銀を受取ると、今度はブルジョアジーの他の部分、すなはち家主、小賣商人、質屋などが彼に襲󠄂ひかかる。

 從來の中產階級󠄃の下層󠄃、すなはち小さい工業者󠄃、小商人、および小金持、職󠄃人と農夫、すべてこれらの諸󠄃階級󠄃は漸次󠄄プロレタリヤに陷る。その原因の一半󠄃は、彼らの小資󠄄本が大產業の經營に引き足りないで、より大なる資󠄄本家との競爭に負けるからであり、また他の一半󠄃は、彼らの專門技術󠄃が新しい生產方法に