Page:Kyoosantoo-Sengen.pdf/32

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

方、徒弟、農奴がある。そしてなほその諸󠄃階級の殆んどすべてに、またそれぞれの小區分󠄃がある。

 封建社󠄃會の滅亡から發生した近󠄃世のブルジョア社󠄃會も、階級對立を除去してはゐない。ただ新しい階級をつくり、新しい壓伏條件をつくり、新しい鬪爭形式をつくつて、昔のに代へただけである。

 けれども、我々の時代、すなはちブルジョアの時代は、この階級對立を單純化󠄃したといふ特徵をもつてゐる。全󠄃社󠄃會は次󠄄第々々に、相敵󠄂視する二大陣營、直接相互に對立する二大階級に分󠄃裂しつつある。すなはちブルジョアとプロレタリヤである。

 そもそも中世の農奴の中から、最初の都󠄃市における特許市民(あるひは廓外市民)が出て來てゐる。そしてその特許市民の中から、ブルジョアジーの最初の要󠄃素が發達󠄃してゐる。