Page:Kyoosantoo-Sengen.pdf/14

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

ち、七名は三年から六年まで、それぞれの刑期をもつてある要塞に禁錮する旨を宣吿された。この宣吿の後まもなく、『同盟』は殘餘の黨員によつて形式的に解散された。從つて『宣言』もそれきり埋沒されたもののごとくであつた。

 ヨーロッパの勞働階級が、更にその權力階級に向つて一擊を加ふべき十分の銳氣を回復した時、かの『インタナショナル』が勃興した。けれどもこの『同盟』は、もつぱら歐米全體の戰鬪的プロレタリヤを打つて一丸とする目的であつたので、『共產黨宣言』に揭げられた趣旨をとつて、直ちにそれを標榜するわけには行かなかつた。すなはちこの同盟は、イギリスの勞働組合、フランス、ベルギー、イタリー、スペインにおけるプルードン派󠄄、およびドイツにおけるラサール派󠄄 (1)[1]に容認さるべき、漠然たる綱領をもつものでなければならなかつた。マルクスはその綱領を起󠄃草して右の諸󠄃黨派󠄄に滿足を與へたが、彼としては全󠄃く、この協同の運󠄃動と、相互の討究とから必ず生ずべきはずであるところの、勞働

  1. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「0-1」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません