Page:Kyoosantoo-Sengen.pdf/101

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

と實行とに歸着すべきものであつた。

 ただし彼らは、その組織󠄂案が、社󠄃會の最も痛ましい階級たる、勞働階級の利益󠄃を代表することをさとつてゐた。プロレタリヤはただ、最も痛ましい階級といふ意味で彼らの目に映じてゐた。

 けれども、階級鬪爭の未發達󠄃な形式と、彼ら自身の生活上の地位とのため、彼らは自然に、階級對立の上に超然たるものだと信じてゐた。彼らはすべての社󠄃會構成員のために、その最もよき地位にをる者のためにすらも、その生活狀態を改善しようとした。從つて彼らは不斷に、無差別に、社󠄃會全體に對し、いな、殊に支配階級に對して訴へた。人がいやしくも彼らの學說を理解する以上、最上可能の社󠄃會に對する最上可能の考案として、それを認󠄃めないはずがないといふのであつた。

 故に彼らは、すべての政治的、殊にすべての革命的行動を排斥した。彼らは