Page:Kokuyakudaizokyo-kyobu-12.pdf/62

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


ばらもんふ。

419 すべうじやうしやうとをり、しふぢやくねんなきぜんしゆちしやわれこればらもんぶ。

420 しよてんも、けんたつばも、にんげんも、みちうかがるなし、ろじんあらかんわれこればらもんぶ。

421 くわこにも、みらいにも、ちうげんにも、おのれとすべきものなし、がうなくしゆぢやくなき、われこればらもんぶ。

422 さいゆうさいしようひとゆうしだいせんしようしやむよくにしてがくをはりたるちしやわれこればらもんぶ。

423 しゆくせてんかいあくしゆとをさらしやうまんじんいたり、きよくたつしたるむににして、すべはたすべきをはたしたるひとわれこればらもんぶ。

(1) 此の偈以下、偈每に「婆羅門」の語を用ふ、是れ印度四姓中の婆羅門を指すにあらずして、煩惱を滅し惡業を除きたる人の義に用ひたるなり。 (2) 涅槃の謂なり。 (3) 法句經註解書には、彼岸此岸、彼此岸を、內の六入外の六入內外の六入なりと解し、アンデルゼンは、來生此生、及び全一生なりと註し、而も疑を存せり。 (4) 阿羅漢果を云ふ。 (5) 愛欲等の諸煩惱。 (6) 以下四二三偈まで諸經要集六二〇-六四七偈參照。 (7) 生のために、母のために婆羅門と呼ぶことなし。 (8) 所謂四姓中の婆羅門族に生れたるものは世尊を呼ぶに ボー (爾又は友)の語を以てせり、故に彼を稱して ボーヷーヂ (佛を呼ぶに爾の語を以てするもの)と名けたり。 (9) 紐は忿に譬へ、緖は愛に、索は六十二見に、梁木は之を無明に譬ふ、而して智者とは四諦の理を知りたる人の謂なり。


國譯法句經