Page:Kokkaron1905.djvu/60

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


に於て個人は相互に種々の意志結合をなす。都會あり、村落あり、學校あり、會社あり、朋友あり、俱樂部あり、學會あり、祕密協會あり、賣買あり、雇傭あり、凡て是れ等の意志結合をなすに當り、國家の意志をも採用するは言ふ迄もなきことなり。故に事業の上より見れば國家組織も社會組織も相並びて發現し居るなり。一の會社は個人の自由に結びしなれども或る點に於ては國家の意志に屈服しつゝあるなり。

個人は統一せる人格を有し、其一方面に於て國家を組織す。一方面に於て種々の社會現象を組織す。皆個人を以て原子となすなり。社會は意志結合によりて