Page:Kokkaron1905.djvu/31

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです


乙全體に亘る大事件を决定する者は各君主の合議體なり。故に其意志は人民の意志の集中する所にして主權者なりとす。

民主國體。政治の方針を决定する所の意志は特別の一人に非らず。又特別の數人にもあらず。唯所謂輿論なる者なる時之を稱して民主國體となす。民主國體は人民自ら政治の方針を决定するに外ならず。然れども輿論を作出するに當り下層の人は默々の間に經過し去り唯中層以上の人物が意見を發表し更らに少數の人が之を决定するなり。是れ等少數の人は多少人民の信賴する所なり。人民は其政治に首肯せん