Page:Iki-no-Kozo.djvu/115

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

に曲線であるために「いき」の條件に適󠄃合しない。一體、曲線は視󠄃線の運󠄃動に合致してゐるため、把握が輕易で、眼に快感を與へるものとされてゐる。またこの理由に基いて、波狀線の絕對美を說く者󠄃もある。しかし、曲線は、すつきりした、意氣地ある「いき」の表現には適󠄃しない。『すべての溫いもの、すべての愛は圓か楕圓かの形をもち、螺旋狀その他の曲線を描いて行く。冷いもの、無關心なもののみが直線で稜をもつ。兵隊󠄄を縱列に配置しないで環狀に組立てたならば、鬪爭をしないで舞蹈をするであらう(一三)』と云つた者󠄃がある。しかし、「いき」のうちには『慮外ながら揚卷で御座んす』といふ、曲線では表はせない峻嚴なところがある。冷い無關心がある。「いき」の藝術󠄃形式がいはゆ