Page:EAPoe-The Masque of the Red Death (translated by WatanabeOn)-Chūkō-2019.djvu/9

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

よろ長い仮面の男をひつとらへて、荒々しくそのきようかたびらや死相の仮面をはがしてみると、その男をかたちづくつてゐた物は、これと言つて手にないただからつぽである事を知つて、人々はいちごんも発し得ないせんりつおそはれた。

 これこそ「赤き死」であると言ふ事がとうとう認められるに到つた。彼はやとうのやうに忍び這入つて来たのだ。饗宴者は一人一人あいついで、ちしおに濡れた歓楽の床にたおれた。さうして断末魔のもがきをしてそのままいきたえて行つた。かのこくたんの大時計のきざみも遊宴者の最後の一人が息を引取るとともんだ。さんきやくかほのおも消えた。さうしてあんこくたいはいと「赤き死」とがほしいままに、万物の上にちようりようした。