Page:EAPoe-The Masque of the Red Death (translated by WatanabeOn)-Chūkō-2019.djvu/5

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

がすべてはいってしまふとようこうろと巨大なハンマアとを持つて来てかんぬきを焼きつけてしまつた。内部から失望の、あるいは狂気のいたたまらない衝動が起つても絶対に出入の道を封じようと彼らは決心したがためであつた。僧院には食料が豊富に用意されてあつた。このやうに周到な準備が出来たのでみやびと達はもはやかの伝染病を何らはばかるに及ばなかつた。そとの世界はなるがままになれ。それらを悲しみ、心労することは愚かしいことであつた。公は娯楽のあらゆる設備をととのへた。道化師もゐた。即興詩人もゐた。バレーの踊り子も楽人もゐた。美人もれば酒もあつた。すべてこれらの物と安全とがうちにみちてゐた。しかし外部には「赤き死」が満ちてゐた。

 ここに隠遁してから五六ケげつめの終り近く、外界ではかの流行病はいよいよしようけつを極めつゝあつた頃、プロスペロ公は彼の千人の友達を世にもふうがわりな一大仮面舞踏会に招待したのであつた。

 その舞踏会は実にきらびやかななまめかしいものであつた。づその会場のけつこうを言ふならば、いづれも善美をつくした七つの部屋からりたつてゐた。世のつねの宮殿ならば、このやうな居間はすべて長いまつすぐヴィスタをなして、部屋の両端のひらきどするすると殆んど壁際まで引かれるから全景の見通しが自由にくやうに作られてあるのである。


 ところが何事にもへんきなものを愛せらるるプロスペロ公の性向からも察せられるやうにここでは様子が全くちがつてゐた。各室がどれもこれも不規則に作られてあるので一時に一室しか見る事が出来ないのである。二十ヤードか三十ヤードごとに急な曲り角があつて、しかも曲るたびごとに人々は新奇なけつこうしゆつかいするのである。部屋の左右両側の壁の真中にはゴシックふうの窓が、曲りくねつた各部屋にうた狭い廊下に向つて開いてゐた。其窓のステンドガママラスは各部屋の装飾の基調となつてゐる色彩に応じてそれぞれ変化してゐた。たとへばひがしはずれの部屋には青いタペストリーかかつてゐた。さうするとその窓ガラスは目のめるやうな青色であつた。その次ぎの部屋はかざりつけも掛毛氈も紫色であるゆえに、窓ガラスも同様紫であつた。三番目はことごとく緑色であるから窓ガラスも同じ色であつた。四番目はオレンジいろの家具、オレンジいろあかりであつた。五番目は白色、六番目はすみれいろであつた。七番目の居間はてんじようから壁一面に黒ビロードタペストリーおおはれ、それがさらに重々しいひだを作つて同様黒ビロードじゆうたんの上にれ落ちてゐた。しかここの窓ガラスいろあいのみは部屋の色彩と一致してゐなかつた。しんこうしよくあざやかな滴るばかりの血の色であつた。七つの部屋のいずれに於いても、ここかしこちりばめられ、あるいは天井からつるされた金色のかざりつけの中にはランプやしよくだいらしいものは一つも無かつた。各部屋にはランプやろうそくから発する光は少しも見えなかつた。しかしながらそのへやべやめぐる廊下にはそれぞれの窓に向つてほのおはちを載せた重たげなさんきやくかが据ゑられてあつた。そのほのおが窓の色ガラスを透かして、部屋中をきらきらと照らした。

 このやうにして幾多の華美な夢幻的な光景を作り出した。だが、とりわけせいたんの、真黒な部屋では血色の窓ガラスを透かして暗いかけもうせんの上に落ちるほかげは極めて怪奇なるもので