Page:EAPoe-Ms.Found in a Bottle (translated by Watanabe On)-2019-Chūkō.djvu/4

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

びんの中に見出された手記


如何なる人といえども生きるべき一瞬の命しか残されなかつた時に於いて、へて己をいつわる何物をものこさうとはしないであらう。

キノオの「アテイス」


 私は自分の国や家族に就いてはほとんど語るべきことを持たない。ぎやくぐうと永いせいそうとは、私を国から追放し家族から遠ざけてしまつた。おやゆずりの財産に依つて、私は普通程度の教育を受けることが出来たが、思慮深い私の性質はじやくねんの頃こつこつとして築き上げた学問のたくわへに順序を立てることを可能ならしめた。そのうちドイツりんり学者の著作は私に最も大きな喜びを与へた、と言ふのは彼等の素晴しい雄弁に対する私の浅はかなきようたんゆえにではなく、もちまえの手厳しい思考力から私には容易に彼等のきよげんを見抜き得たゆえにである。私はしばしば自分のひんせいうるおいなき事に就いて非難された。私の想像力の欠乏はあたかも罪悪ででもあるかの如くにきつせきされた、そして私のじせつの懐疑的であつたことは常に私を有名ならしめた。まことに物理学に対するさかんな興味は、私の心をこの年頃にはなはだ有りがちなあやまちで染めてしまつたらしい――と言ふのは私は総ての出来事を、かかる論及なぞは到底許さるべくも見えないものであつても、その科学の原則に論及したがる習慣におちいつてゐたのである。ともあれ私程、かいようたんの類に依つて、厳粛なる真理の境域からおびき出されがたい者はなかつたであらう。私がく多くのまえおきを述べるゆえんは、これから物語らうとする、たあひもないつくりぱなしなぞはこれに比べたらいたずらなしもんじに等しかつたに違ひない程の不思議な物語が、正真正銘な心の経験とは考へられずに粗雑な空想のたわごとの如く思ひちがひされることをおそれたからである。

 外国に数年を過ごしたのち、一干八百――年私はジャバの中でもゆうな人口も多いバタヴィア島の港をしゆつぱんしてサンダ群島へ向かつた。私がその船の船客となつたのは、きゆうてきの如くに私を追ひ立てる神経の不休息からのがれたかつたのにほかならない。

 我々の乗船はボンベイで造られた四百トンばかりの美しい銅を張つたマラバア・チークの船であつた。そしてラッカディヴ諸島からのめんかと油とを積み込んでゐた。またかんぱんにはコイーアーやしとうにゆうらくやし、及びあへんの箱少数を載せてゐた。つみみ方が不器用だつたので船体はその為にしばしばぐらついた。

 我々はわずかの順風に乗つて出帆して、幾日かの長い間をジャバの東海岸につて進んで行