Page:Copyright Law of Japan essence.pdf/61

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません
一一〇
 
以上ハ條約ニ別段ノ規定アル塲合ナルヲ以テ外國人ノ著󠄁作權ニ關シテハ是等ノ規定ヲ適󠄁用シ其ノ以外ノ事項即チ條約ニ何等ノ規定ナキ事項ニ付テハ凡テ本法ノ規定ヲ適󠄁用スルナリ、
同盟國ニ屬スル著󠄁作者󠄁ハ同盟條約ニ依リテ本法ノ保護ヲ享有スルハ明ナレトモ、同盟國以外ノ著󠄁作者󠄁ハ如何、曰ク同盟國以外ノ著󠄁作者󠄁ト雖其ノ著󠄁作物ヲ同盟國ノ一ニ於テ始メテ公󠄁ニシ又ハ公󠄁ニセシメタル塲合ニ於テハ本法ノ保護ヲ享有ス、是レ同盟條約ノ明ニ規定スル所󠄁ナリ(同盟條約追󠄁加規程󠄁第二)、即チ此ノ塲合ニハ同盟國以外ノ著󠄁作者󠄁モ同盟國ノ著󠄁作者󠄁ト同一ノ地位ニ立ツモノトス、例ヘハ米國人、墺國人、淸國人(同盟國ニ屬セサル國民)カ英、佛、獨(同盟國)ニ於テ始メテ其ノ著󠄁作物ヲ發行シタルトキハ我國ニ於テモ之ヲ保護セサル可カラス、而シテ同盟國以外ノ著󠄁作者󠄁カ本法ノ保護ヲ享有スル必要条件ハ其ノ著󠄁作物ヲ同盟國ニ於テ始メテ發行シタルコト是ナリ、故ニ同盟國以外ニ於テ始メテ發行シタル塲合ニハ條約ニ於テ何等規定スル所󠄁ナキヲ以テ之ヲ保護スルト否トハ各國內國法ノ規定ニ依ルヘキモノナリ、例ヘハ支那󠄁人カ支那󠄁ニ於テ其ノ著󠄁作物ヲ發行シ又ハ米國人カ魯國ニ於テ其ノ著󠄁作物ヲ發行シタルカ如キ塲合ニハ之ヲ保護スルト否トハ條約ニ依リテ拘束セラレス、我內國法ニ於テ隨意ニ之ヲ定ムルコトヲ得ルナリ、而シテ本法ハ同盟國以外ノ著󠄁作者󠄁ハ我國ニ於テ其ノ著󠄁作物ヲ始メテ發行シタルトキニ限リ本法ノ保護ヲ享有スルノ主義ヲ採󠄁リタリ、抑モ我國ハ文󠄁藝學術󠄁ノ點ニ於テハ今日駸々乎トシテ進󠄁ミツヽアルモ尙ホ未タ完美ノ域ニ達󠄁セス外國ノ文󠄁物ヲ輸󠄁入シ我文󠄁化ヲ助クルハ實ニ今日ニ於テ欠ク可カラサルコトナリ、故ニ條約ニ依リテ拘束セラルヽ塲合ハ止ムヲ得サルモ別ニ拘束セラレサル塲合ニハ成ルヘク我學術󠄁ヲ發達󠄁セシムルニ便󠄁宜ナル方法ヲ採󠄁ラサル可カラス、是レ本條ニ於テ外國人ハ條約ニ規定ナキ塲合ニ於イテハ我帝國內ニ於テ始メテ其ノ著󠄁作物ヲ發行シタルトキニ限リ本法ノ保護ヲ享有スト爲シタル所󠄁以ナリ、故ニ例ヘハ淸國人、米國人、魯國人ノ如キ同盟國ニ屬セサル著󠄁作者󠄁カ其ノ著󠄁作物ヲ同盟國以外ニ於テ
第一章 著作者ノ權利
一一一