Page:Copyright Law of Japan essence.pdf/35

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません
五八
 
ルノ方法ヲ設ケタリ、本條第三項ノ規定是ナリ、
共同著󠄁作者󠄁中ニ其ノ著󠄁作物ノ發行又ハ興行ニ異議ヲ申立ツルモノアルニ當リ之ヲ强制シテ發行又ハ興行セシムル塲合ニ二アリ、第一ハ各著󠄁作者󠄁ノ分󠄁擔シタル部分󠄁ノ明瞭ナラサル塲合ニシテ第二ハ其ノ部分󠄁ノ明瞭ナル塲合ナリ第一ノ塲合ハ本條第一項ヲ以テ之ヲ規定シ第二ノ塲合ハ第二項ヲ以テ之ヲ規定ス、
抑モ共同著󠄁作者󠄁ハ其ノ著󠄁作物ニ對シテ平󠄁等ノ權利ヲ有スルヲ以テ其ノ著󠄁作物ノ發行又ハ興行ニ關シテハ合意ヲ以テ之レヲ定メサル可カラス、例ヘハ如何ナル方法ヲ以テ發行又ハ興行スヘキヤ、如何ナル人ニ發行ヲ爲サシムヘキヤ、如何ナル人ニ興行ヲ許スヘキヤ、如何ナル時日ニ發行又ハ興行スヘキヤ等凡テ共同著󠄁作者󠄁ノ共同一致ヲ以テ之レヲ定メサル可カラス、而シテ凡テノ著󠄁作者󠄁間ニ意思合致シタルトキハ何等ノ問題起󠄁ラサルモ若シ其ノ中ニ異議者󠄁アリテ發行又ハ興行ヲ肯ンセサルトキハ前󠄁述󠄁ノ理由ニヨリ結局發行又ハ興行スルコトヲ得サルカ故ニ法律ヲ以テ之レヲ强制スルノ方法ヲ設ケサル可カラス、本條第一項ニ依レハ各著󠄁作者󠄁ノ分󠄁擔シタル部分󠄁明瞭ナラサル塲合即チ甲乙二人ノ著󠄁作シタル部分󠄁ヲ分󠄁別シ能ハサル塲合ニ於テハ其ノ發行又ハ興行ヲ拒ム者󠄁ニ賠償スルトキハ其ノ人ノ部分󠄁ニ屬スル著󠄁作權ヲ取得スルコトヲ得トセリ、換言スレハ其ノ發行又ハ興行ヲ拒ム者󠄁ハ自己ノ著󠄁作權ニ對スル賠償ノ提供ヲ受ケタルトキハ最早其ノ發行又ハ興行ヲ拒ムコトヲ得ス、即チ他ノ著󠄁作者󠄁ハ異議者󠄁ニ賠償金ヲ支拂ヒテ之レヲ發行又ハ興行スルコトヲ得ルナリ、此ノ規定ハ普通󠄁財產ニ於ル公󠄁用徵收ト同一ノ主旨ニ出テタルモノニシテ著󠄁作權法ニ於テハ著󠄁作物ノ發行又ハ興行ヲ公󠄁益󠄁上ノ必要ト看做シタルナリ、之レヲ要スルニ其ノ發行又ハ興行ニ異議ヲ申立ツル者󠄁ハ自己ノ著󠄁作物ニ相當スル持分󠄁ノ賠償ヲ得ルトキハ其ノ著󠄁作物ノ發行又ハ興行ヲ拒ムコトヲ得サルナリ、從テ結局發行又ハ興行ノ拒否ハ爭點ト爲ラスシテ其ノ賠償ノ額カ爭點タルニ歸スルナリ然レトモ是レ只當事者󠄁間ニ特約ナキ塲合ニ於ル規定ニ
第一章 著作者ノ權利
五九