Page:Convention of Peace and Amity between the United States of America and the Empire of Japan.pdf/4

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです


場所人柄の差別無之候事。

㐧二ヶ條
一 伊豆下田、松前地箱館の兩港は、日夲政府に於て、亞墨利加舩薪水、食料、石炭、欠乏の品を日夲人に而調候丈は給候為め、渡來の儀差免し候。尤下田港は約條書面調印之上即時相開き、箱館は來年三月より相始候事。
一 給すへき品物直段書之儀は、日夲役人より相渡可申、右代料は金銀錢を以可相弁候事。
㐧三ヶ條