Page:Convention of Peace and Amity between the United States of America and the Empire of Japan.pdf/17

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです


七年甲寅五月廿二日、豆州下田港において為取替候事相違無之、此度規定之書面、下田港において為取替之儀、井戸對馬守𛀁委任せしめ、以後兩国互に條约急度相守可申事、右

大君の命を以て

安政元年甲寅十二月 阿部伊勢守 花押
牧野備前守 同
松平和泉守 同
松平伊賀守 同
久世大和守 同