Page:Chiba-machi annai (Shinkichi Masujima, 1911).pdf/28

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページはまだ校正されていません

△海蔵寺 寒川片町にあり、足利七代義勝の開基て、嘉吉二年に創建され、本尊は観世音菩薩、曹洞宗である。

△知光院 市場師範學校の並びにある。真言宗で本尊は不動明王、千葉家廿一代康胤康正年中に於て開かれたとの事だが、詳らかには判つて居らない。尚同寺内には弘法大師の堂宇もある。

△真福寺 寒川字上町にある真言宗の寺で、本尊は薬師如来である。由緒不明。

△光明院 寒川仲宿にあり、本尊は不動王、境内には大師堂がある。

本町は千葉氏の昔から、明治二十年頃に至る迄に、幾度びか大火があった爲め、未だ一同も其の災ひを蒙らぬと云ふ社寺は無いので、折角の古寺名刹も什器寶物の残るものゝ甚だ劣しいのは遺憾である。夫れに此町は徳川幕府の末には人家も殆んど数ふる程に衰頽したのを、其後縣庁の移さるゝに及んで、他地方から流れて来た者が多きを占るようになつたのて、随難読つた夫れ等の人々は此地の寺院等を崇敬するの念に乏しく、自然荒廃するものゝ益す夥しくなるに、一向 顧慮しなかった爲め、近年名のみ存して、堂宇等の影も止めないものゝ漸く多くなって来たのは憂ふべき事てはあるまいか。
尚此他宗教の団社としては千葉教院あり、又学生を中心とせる樹徳会もあつて、時々佛教に関する講演等をして居り、キリスト教に至つては、日本クリスト数會(市場)同盟教會(通町)普及福音教會(本町三)聖公會講義所(富士見町)旭橋講藤難読所(旭町)及び天主教曾(市場)等があって、何れも上下を通じて多くの信徒を有してゐる。