Page:Bushido.pdf/192

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

徵せんとせば、盖し枚擧に遑あらずと雖、予は唯だ爰に以下の一例を加ふるを以て足れりとせん。

 左近、內記の兄弟あり、兄は二十四歲、弟は十八歲なりけるが、乃父の仇を報ぜんと欲して、家康を附狙ひたるに、不運にも、其陣屋に忍び入らんとする際、捕へられて、哀はれ身は囹圄の人となりたり。然るに老英雄は、己れを害せんとしたる兄弟の者の健氣なる志を愛でゝ、譽の最期を遂げ得させよと命じたり。かくて一族の男子は皆罪せらるべきに定まりて、兩人が季弟に八麿とて當年八歲なりけるも、亦た死を賜はりぬ。三人の者は刑塲たる一寺に引立てられたり。其塲に居合せたる醫師の日誌の、其狀を記したるを見れば、三人の兄弟は、今を最期の坐に押し据ゑられたるに、左近は