Page:Bushido.pdf/140

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは検証済みです

任にして、其の國家に對するものにあらざるが故に、全然不當の理義を基とせる覊絆なりと云へり。然れども彼と其國を同じうせる一俊傑は、一個の君主に對する忠節を以て獨逸國民の美德なりと誇れるに非らずや。ビスマークが、トロイエ(忠厚)を誇る所以のもの眞に其理あり。乃ち斯德が獨逸祖國は勿論、又た他の一國一民族の專有物なるが故に非らずして、シヴアリーの此美果は、封建制度の最も長く繼續したる國民の間に存留するが故なりとす。米國の如くに『各人同等』の主義を奉じ、而も一愛蘭人の之に附加して、『人皆各〻他に優る』とする國態より觀れば、日本人の君上に對する忠節の高念の如きも、所謂『或る範圍內にては佳なるものなり』と雖、其の吾人の間に奬勵せらるゝが如