Page:死霊解脱物語聞書.pdf/58

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

いんぐわはなしを。よく聞覚へたり。此度御とむらひなされたる かさねがじつふさきの与右衛門。やもめにてありし時。たむらより 妻をめとる。その女房なんし一人つれきたれり。その子のかたち はめつかいててつかいで。びつこにて候ひしを。与右衛門がいふ やう。かくのごとくのかたわもの。やういくして何かせん。いそひたれにもくれよといへば。はゝおやのいふやうはおやだにあきし 此子をば。たれの人かめくまんやといへば。与右衛門かいふやう さてはその方共に出てゆけと。おりせめていゝけるゆへ。 はゝおやが思ふやう。子をすてるふちはあれ共。すつやぶなしとて。只今かれが申とほりかてつみにつれ行まつばらどてより。川中へなげこみ。おつとにかくとかたれは。与右衛門 もうちうなづき。それこそ女のはたらきよとて。中よく 月日をおくりしが。つゐに其年くわいにんし。よくねんむすめへいさんす。とりあげそだて見てあれば。めつかいてつかい ちんばにて。おとこ女はかわれども。すがたは同しかたわ もの。むかしのいんぐわたらいふちをめぐるときゝしが 今のいんくわはりさきをめぐるぞやと。おやどもの一つ はなしにいたせしを。たしかによくきゝおぼへへたり。さてその かたわむすめは先与右衛門がじつしなるゆへに。すてもやらて やういくし。先度のれいこんかさねとは。此かたわ娘の事 なるぞや。さて此かさねせいちやうし。りやうしんともしにはて。みなしこと なりしを。代〻ひやくしやうの家をつぶさしとて。おやなぬしのあ