Page:死霊解脱物語聞書.pdf/40

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページは校正済みです

すそをつまどり。あとやまくらにたゝずみて。菊が つうを見たまへば。のみしらみのおそれもなく。けがれ不 じやうもわすられて。みなにぞつき給ふ。さてだうし まくらちかよりたまへば。何とかしたりけん。菊がくつうたちまち やみ。大いきつゐてぞ居たりける。時に和尚といたまわく 汝は菊か。累なるかと。病人こたへ云やう。わらわは菊 で御座有が。累はむねにのりかゝつて。我がつらをながめ 居申と。和尚又問たまわく。いか様にして汝をせむるや と。菊がいわく。水とすなとをくれて。いきをつがせ申さぬと。 和尚又問ひたまわく。累はなんといふて。のごとくせむ るぞやと。菊がいわくはやくたすけよといふてせめ 申と。いとあわれなるこはねにてたえしくぞ答へける 其時和尚聞もあへたまわず。いざさらば各〻。としころしよぢきやうだらに。かゝる時のしよようぞと。まづあみだきやう三 巻。ちうこゑどくじゆし。ゑかうおはつて。扨累はととい給へは。菊 がいわく。そのまゝむね申と。次に四ぜいけもんへん じゆじ。ゑこうして又問たまへば。今度も同じやうにぞ こたへける。扨其次にしんきやう三反じゆじ已て。前のごとくたづね たまへば菊がいわく。さてくどき問ごとや。それさまたち の目にはかゝり申さぬか。それほどそれよ。我むねにのりかゝり 左右の手をとらへて。つらをなかめてるものをといふ 時。和尚又すきまあらせず。こうみやうしんごんへんくり。