A.D.1651. ジェネラル・バプテスツ・初代の型に倣って集会する三十教会の信仰と実践

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

1.[編集]

かの神はわたしたちの知識として、すべてによって崇拝されるべき方であり、すべての神々と呼ばれるものからは上にいまし、そして彼は無限の力と知恵を持ち、普遍的、目に見えず、永遠である。詩篇、96.3,4.ヱレミ、23.24.コロサ、1.17.ローマ、i.20.

2.[編集]

その神は総ての被造物、見えるものと見えないものを、彼の自らの知恵と力によって、創造された方である。コロサ、i.i6.ヱレミ、10.12.

3.[編集]

その神は総ての被造物を保存堅持の状態にしている。ネヘミ、9.6.ローマ、1.20.イザヤ、40.26.

4.[編集]

その創造は明白な宣言で行なわれ、力と正義は神のものである;ローマ、1.20.イザヤ、40.26.

5.[編集]

その神は創造の彼の知恵と力と正義の働きを悟ることを得させるように人に命じられた。イザヤ、40.26.

6.[編集]

その神は彼の善き被造物により、人を彼らがそれ以上の理解と彼の知恵と力を厳粛な熟慮や默想に招いて来られたし、かまたは招いている。ローマ、I.20.

7.[編集]

その神は創造物の教えることによって彼らが学び、それによって宣言や語ることを命じておられる。詩篇、145.5.

8.[編集]

その被造物の中の主の手の働きの熟慮は、神の思いに儲けることを意味し、そしてわたしたち自身、彼の偉大さや、わたしたちの劣級を適切と考えらされる;詩篇、8.3,4.

9.[編集]

善き黙想かあるいは厳粛な熟慮は、わたしたちが創造の栄光ある働きを見、神に感謝にはじまり賞賛し一緒に終わるべきである。詩篇、136.3,-9.

10.[編集]

それらの創造の教えに答え得る栄光ある神の崇拝を拒絶する、その主(サタン?)は彼らに彼らのすべてを与え、かまたは彼らは遠くに見捨てて、彼らは邪悪を絶望的に必死になって来て、それは彼らが自然の事に反することを行う、ローマ、I.26,27.

11.[編集]

神はアダムを生きている魂として造り創造し、そして神自ら主権者のように、かまたは統治権のようにする;創世記、i.26,27.

12.[編集]

その神はアダムに律法または命令を与え、それを彼は彼の御意志で知るようになった;創世記、2.16,17.

13.[編集]

その神はアダムに彼がその立場から転落するなら、もし彼が神の御意志に背いたなら、刑罰か罰することを宣告した、創世記、2.17.

14.[編集]

そのアダムは罪を行い主の正義の命令に背いた、創世記、3.6.

15.[編集]

その神はアダムに非常に明確に、その死は彼のために条件として来るものは、そして悲しみが彼に仕えるものはその間に告げられた;創世記、3.17,19.

16.[編集]

その全ての人類は同じ死でかまたは罰で加わる免れない、それの主の彼の正義なる裁きでアダムは彼の違反での原因で転落した;ローマ、5.18.

17.[編集]

そのイエス・キリストは、神の恩寵(により)を通して、多くの人類のために、かまたは個々の人々のために、死を忍ばれた;ヘブル、2.9.

18.[編集]

そのキリスト・イエスは、第二のアダムで、確かに全ての人類のために死より起き返され、最初のアダムの罪や違反のために、本当に彼らのそれの苦しみを共にするために、それは彼らに於いて転落した;ローマ、5.18.

19.[編集]

それのイエス・キリストは、彼の主的なまたは王的なすべての人類を抜群に上回る、彼らのために苦しみを忍ぶか瀕死の美徳により、聖書の中に算段され維持し晴らすために、;ローマ、14.9.

20.[編集]

その神の言葉、御子、または霊は一つ、ヨハネ第一、5.7.ユダ、1.ヘブル、10.29.ローマ、15.16.1.神及び彼の言葉は一つ;ヨハネ、1.1.その言葉は早くも、詩篇、119.50.その御子は生き返される、エフェ、2.I.そして霊は早くも、ヨハネ、6.63.そう彼らは一つ。ヤコブ、1.71.エフェ、4.10,11.使徒、2.38.テサロ第一、1.5.ヨハネ、6.44.ヨナ、14.6.エフェ、1.18.コリン第一、12.3.マタイ、10.40.ガラテ、3.2.

21.[編集]

そのすべての人類の主は、イエス・キリスト、霊的崇拝の世界に於ける全ての人の支配か統治のための律法授与者の力と一緒の、イザヤ、9.6,7.マタイ、28.18,-20.

22.[編集]

そのこの平和の君、イエス・キリストは、ただ一人のまたは主な高い祭司で、それは犠牲のために申し出た、かまたは民の罪のために和解を造る者、ヘブル、2.17.

23.[編集]

その高い祭司のイエス・キリストは、ただ一人の王または統治者では無く、しかしまた使徒かまたは真理を公言する預言者で、かまたは真の公言者である ヘブル、3.1.

24.[編集]

そのすべての永遠の命の属する富のイエス・キリストの中に財宝が取り上げられる。コロサ、2.3.

25.[編集]

そのそれらは神の御意志を示し、力と可能性と一緒に少しも人に付与していない、しかしそれを彼の上から彼にお与えになった。ヤコブ、1.17.

26.[編集]

その神の賜物は彼の意志の喜ばれる泉であり、かまたは彼の自由な恩寵である;主イエス・キリストでさえそこから湧き出た、すべての霊的慈悲から来たもの:ローマ、8.32.ヘブル、2.9.

27.[編集]

それはイエス・キリストが彼が指定するものの上にすべての事柄が忠実だった、ヘブル、3.1,2.2.28.それはイエス・キリストがただ一人の立法者ではなく、しかし世界の生きているすべての人の法令授与者であり、彼は幾つかの寸法の光をそれらの中の人に与えた。ヨナ、1.9.

28.[編集]

それの神は人々の上に幾つかの自由な愛を与え、おのおのに彼の喜びを分け与え、一人によって同じ霊を与えた;コリン第一、12.11.エフェ、4.7.

29.[編集]

それの神の賜物は彼の自らの自由な恩寵を人々の上に与え、決してそんなに裕福では無いにしても、彼らは力と可能性の両方を彼らに供給した、まだそれらの恩寵の賜物を論証しないか、または彼らに忠実な僕を宣言し無いか;しかしそれは凄く明白に証明し、それは彼らが忠実な僕をそれによって呼んだ;コリン第一、4.1,2.

30.[編集]

それはそれらの彼らに従順な権能を与え、合法化した人の上に神の自由な恩寵を与え、それは賜物で、かまたは彼の名前を信ずる、全く彼らは恩寵の霊をそこから湧き出させる、使徒、18.17.

31.[編集]

それはその時神は彼自らの惜しみなき賜物を人々に与えて人々の上に彼の恩寵の賛美を彼らに至らしめ、全く信じまたは従順に導かれる時、その時神の恩寵を執事に賜物を賦与された、ペテロ第一、4.10.

32.[編集]

その神の必要とするかまたは誡めは人々の奉仕に於いて、それらの彼らの上に与えた彼の善き喜びの恩寵の賜物に答え得る、ものである、ペテロ第一、4.10.

33.[編集]

その神の恩寵の楽しみは、イエス・キリストの彼の生命における、死と、そして復活の、人々に知られるようになった、そして人によって、議論し、かまたは動機を起こさせる、誘うかまたは彼らを怒らせる生命に、この提出された世界の中の正義と神聖なることのために;エフェ、5.x.2.ローマ、6.4,-14.

34.[編集]

その神の霊と真理と全心に於いて彼に崇拝において求められることは、前に彼らを看た所では、彼に職務を造る:使徒、8.36,37.

35.[編集]

それはすべての行動で、神に対する人によって行為されたものは、愛から出る原則に注がれるべきである;コリン第一、13.I,2,3.

36.[編集]

初めに神が人を愛して、その宣言と、彼の愛が人に向かって知られ作られる時、それから誰でも人は彼に服従しその中の愛の原則から行動できるのである。

37.[編集]

その誰もがいつも彼の自由な恩寵の中の賜物等と一緒に神に従った者でも、(彼の御意志のために全く能力と力を使う)決してそう神の実行のわざを讃えることを信仰的にでも無く、福音宣教的にでも無く、かまたは喜んでもしないと、まだなおこの信仰と服従は永遠の生命や救いを獲得できない、またなお彼らの少しでも全てでも業を実行しても神はその救いを彼らに与えられることもない;エゼキ、16.3,から10迄.エフェ、2.9.ローマ、4.2.ヨハネ、15.15.

38.[編集]

神に従順かまたは信じている人の結局の主な根拠(地面)の事は、神の栄光があるべきことは、かまたは彼の自由な恩寵を讃えることを進んでより大きくなされるべき事である;コリン第一、6.19,20.

39.[編集]

そのそれらの主を恐れて仕える者は、彼らに授ける自由な賜物と一緒に彼が名誉かまたは栄光化のために、彼の忠実な僕たちかまた子供たちを彼ら自身を人々に明示的にし公けの公約に於いて行う業である、ヨハネ第一、3.10.使徒、10.35.

40.[編集]

それらの正直な心と霊をもって主に仕える者は、神の彼らに与えた力と可能性を養い、神の栄光と讃美を、ただ忠実な僕とだけ呼ばれること無く、かまたは神の生きた子供たちで、しかし彼らは神の約束を託されたことと一緒にもっと公約されたこととを彼自身に持つ、その約束は不従順なものが決して受ける事が出来ないものであり、その人々は世々の年からの世代もの隠された奥義と呼ばれるものを持ち、それは楽しく享受しない従わない者たちからは隠されたものであり、いまや神の子たちに明らかにされたのである。コロサ、1.26,27.

41.[編集]

それは主なるイエス・キリストを愛する者たちは、そう全く指定された道を歩む者たちは一緒に可能性と共に強められ彼らに与えられたものに浸され神自らの慈悲の力に満たされ、彼らは良心の平和を持ち、霊の苦痛から自由を与えられ、彼らは聖霊による安楽な心を持っているからである;ローマ、2.10.

42.[編集]

その全てのそれらの彼らの生命の終わりまでに引き続き不動で、固められて(イエス・キリスト)のしるしへ向かって前へ進む者たちは、この世の生命の中の一部の部分のただ安楽と喜びを持つばかりでは無く、しかし彼らは全くきたるべき世に於いて生命の内に永遠の栄光の冠を受けるであろう;黙示、22.14.ティモ第二、4.8.

43.[編集]

その彼らに対する神の自由な恩寵かまたは愛は、罪人たちに悔い改めを呼び掛けてこられたし、今も呼び掛けておられる、彼らに転向の悔い改めの機会かまたは時を彼らのために余地を儲けられて来たし、今も余地がある;ローマ、4.2.

44.[編集]

その全ての彼らに入手しやすい神の持たれる恩寵の賜物の生かす可能性があるにも拘らずそれを拒む人は、そうそれは彼らが後悔しない、またなお彼らの上に公約が造られたにもかかわらず、神の命令に服従せず神に戻らないならば、彼らは神の善なることと彼の自由な恩寵を軽蔑し、彼らを買われたことをさえ否(いな)む人は、それはそう彼らが破滅に値する法的責任運命しか残っていない。

45.[編集]

誰でも説教し、教え、または神の崇拝に於いて教義を実行する時にイエス・キリストの名前を言い張る説教師は、その教義の根拠を聖霊の霊感の下に与えられることを拒み、神の記録に関して読むか聞くことをさえしない者は;そのような教師は神の呪いを被る下にあり、そのような人は神の怒りの御顔の不興の下にある、ガラテ、i,8,9.

46.[編集]

それはバプティスマはイエス・キリストの命令、彼の弟子たちに教えたことを皆一人々々に告知し教え、彼らはその前によってそれに甘受かまたは服従していることを知らされるべきである;使徒、2.38.41.

47.[編集]

そのバプタイジング(沈め、浸礼)の手法はと様式は、キリストの死と、そして彼がそれから復活することまたは昇天することの両方は、水に入って上がって出ることは、それは沈めの浸礼であるべきである(バプタイズド);マタイ、3.6.マルコ、1.5.そして8.9.

48.[編集]

その時、バプティスマ(浸礼)は忠告せられ、かまたは従順の行動の他の少しも、その時、それを拒絶することは人々の彼らは彼ら自身に対しても自身の生命をも拒否して、神の忠告を拒否すると彼らが言ったのと同じである;ルカ、7.30.

49.[編集]

それはそれらの福音の教役者の神の言葉の説教を受け入れ、そして神の勧告によりバプタイズドされた(バプティスマを受けた)者は神の見える教会のその同じ時或いは日に教会と共に与かることと同じである、使徒、2.41.

50.[編集]

その神の教会の土台は、使徒や預言者の教義が、隅の親石であるイエス・キリストから彼らに出る、それからこのまたは人々は神の家を一緒に立てる人々である;エフェ、2.20,21.

51.[編集]

その神の忠告によってバプタイズドされた(バプティスマを受けた)人々は重要なかまたは終極の目的は、その時彼らはキリストの追随の会衆に於いて共に会い、適切に歩むべきで;イエス・キリストの法令か法律に於いて聖なる従順に於いて彼ら自身に与え、恩寵の受け入れと賜物の与えることに於いて答え得るべきで、神の栄光に於いて彼らを改善し、愛に於いて互いに教化すべきである、エフェ、4.15,16.

52.[編集]

そのイエス・キリストはパンを取り、そしてぶどう液に於いて分かたれ、そして彼を弟子たちに与え、感謝の内に飲み;それは彼の苦しみを記念するために記録され左に実行され、彼の来たり帰る迄教会が続けるべき事である;コリン第一、11.23,-26.

53.[編集]

それは教会が神を上に呼ぶべきで、イエス・キリストの名前に於いて祈り求めるべきであり、そして彼の理解の内に彼を賛美し前に音信を置き、恩寵を受け入れ、感謝に溢れるべきである。エフェ、6.16,-18.

54.[編集]

その彼自身の心の上を見て信仰宗旨を放棄する追随者の一人でさえも、会話と邪悪な生活の中に腐敗した人は、神のすべての善き意味と指名するそのような一人に対し、キリストの死を再び前にこの世に晒(さら)し見せ、彼が会話と彼の生活を否定されることを求めるべきであるのは、個人が実行し無く、歩みに従順なパン裂きを一緒に与るべきで無いのである;コリン第一、5.12.

55.[編集]

その神の人々は彼らに柔和に対処すべきであるのは、少しの希望も可能性も神の意味を使うのに助けになることの邪悪か罪の罠から取り戻そうとし、神が器として任命した人である。

56.[編集]

そこに彼ら自身の食物と衣服の彼ら自身の扶助を出来ない者の安心な寄付金が作られるのは、それは幾らかの合法的な道かまたは召しで彼らの強さと技能の彼らの前の置かれる最高の意志である、彼らは特に信仰の家令である;そのように病気のかまたは弱さの点で体で雇用が(:仕事が)出来ないからである。ガラテ、6.9,20.

57.[編集]

その神の善き喜びは、それは神の教会か聖徒たちの恩寵を賜物として与えられ、それらの幾らかに賜物として指名され、かまたは御言葉を説教するのに離れて置くことに通い、さらに遠くの教会らに教化し、それは彼らに必要な必要性を全ての対立に対して可能性として立ち、神の栄光と彼らの満足のために与えられるべきである。

58.[編集]

その聖徒たちの追随の神の意志に追随する仲間か、それらの使うように任命された彼らに神の知識によって教化し慰めを教え熱心に勧める教役者は彼らに霊的食物を受け入れさせるために[:教会員によって]維持管理されるべきである。コリン第一、9.11.

59.[編集]

その神の御言葉の雇用者の教役者の維持保持は、自発的自由になされ、慈善で慈悲深い徳行で為されねばならない、かまたは気前の善い寄贈提供で同じ仲間であることの彼ら自身全員で知識として持って居るべきである;コリン第二、9.13.

60.[編集]

その神の僕は、または福音の雇用者の教役者で、衣食の必要と一緒で内容を満足すべきである、雇用者(教会員)は彼ら(教役者)が手づから働き、彼らが変わらない(で教会員に負担にならない)者とすべきである、コリン第二、4.22.それであるのは彼ら(教役者)は彼ら(教会員)全員仲間メンバーに教義を教えるべきだからである。ヘブル、13.5.

61.[編集]

それは神の僕で、それは御言葉の雇用人(:教役者)で、よくそう沢山の、非常に良き評価を受けるべきである;ティモ第一、5.27.

62.[編集]

そのイエス・キリストの教会の少しもの人も会うのに、神に属するものを正当に評価し、少しもそれ以上の過剰の上の誉れを人に与えるべきでない;詩篇、115.1.コリン第二、12.6.

63.[編集]

その教会は監督に適して適任の幾らかの人々を離れた人々のために神の指揮を持つべきである、かまたは順序でキリストの仲間の貧しい窮乏している関係する事柄のために、彼らが衣服と食物のために欲しても放棄されて仕舞って死な無いようにすべきである、そして教義と御言葉の中の教役者は彼らが(:そのような貧窮した者の)究極核心の上の重い煩わしい過度の配慮から彼ら自らの働きを捨てて離れないようにすべきである;使徒、6.3,4.

64.[編集]

それはもし貧しい神を恐れる人が、生計の保全のために十分に賄えることを便利に出来ない時は、共通の頼る彼らがそこの上から公けに共同社会(地方俗政府)に必要物の彼らの供給を求めるべきである、それはその時それらの人々は彼らの上に用意された究極核心の(配慮の者を持つべき)である、神の聖徒たちかまたは教会の他の人はよい考えを与え、送ってくれるであろう、彼らは貧窮の人々のそのような安心をそのために喜んですることを彼らによって彼ら自身で従事すべきである、ローマ、15.26.

65.[編集]

それの人々はその神の教会が現世か霊的事がらの中に聖徒たちが彼らに奉仕者たち(ミニスタース:教役者)のそのようにし置かれそのように仕われるようにした者たちは、それを必要とするそれは教会がそれらの人々を裁き信仰を見出し、それは彼らが生きそして会話を非難すべきでない、それはそれらがどのような場合にでも、彼らに非難しその言葉を話すことをも人をも悪く言わず、それは彼らが汚い利得を貪欲に欲しがることなく、自身の意志で全ての人々を愛し全ての人々に対し忍耐強く、よく教え、そして彼らが善き働きに可能な能力あることが答えられるようにする事が可能な人々であるように。ティト、1.7,-9.使徒、6.3.

66.[編集]

その幾らかの人々は、兄弟の間で裁きの場合の違いが彼らの教会で生じた場合に、是認かまたは指名された人は部分的でなく(全面的な)終わりに書き込み、それはそこから不必要な怒る一人々々の事を法によって対処々理し努力すべきである;コリン第一、6.5,-7.

67.[編集]

その神の教会や社会の誰をも、その人が意識的にまたは不注意で、少しの合法的道を放棄しまたは召命を飢えに転落しまたは裸にした場合、忠告と愛ある柔和な、雇用(教役)者は彼らの能力と幾らかの正直な道かまたは彼らの除去の召しをもって順序よく建てることとをもって諫めなければならない、そして彼及び彼らが回心し無く、適切な訓戒でも会衆に居場所を得無いのであれば、そのような人は締め出されるか、交わりを拒否され、信仰から否認される;ティモ第一、5.8.

68.[編集]

それに罪を犯した者は、原則によって進み、遅れてかまたは時を伸ばしてでは無く、素早く、処理されるべきであるが、彼らの心を罪の慣例から出る堅いものにならないよう、困難なく彼らによってその罪の行ないから更生をし復帰しなければならない;マタイ、18.15,-17.

69.[編集]

その転落に議論の余地がある場合は、その場合に最初のある人が楽でなく教会やまたは社会によって断固たる事が出来ない場合、その時幾らかの他の社会教会は彼らが一緒に団体と、そこに彼らが慣例として助力するべきである;使徒、16.1,2.

70.[編集]

そこの整然と好転のそれらの彼の聖徒に授ける自由な恩寵は神の賜物を、一つも他を妨げず、しかし仕えることの起こさせる、一つから一つの、神の学びに彼らは語ることの、利得を得るために聞く人は、そして神の栄光の関係した裁きの事がらの容量を置いた、彼ら自身を平和にする事がらの;コリン第一、14.30,31.

71.[編集]

もし誰であれキリストの追随者であったのに、彼が遠くに誘惑に彼及び彼女自身従属されるなら、正しく生き否定する人か、神を愛し怖れ愛する人が信仰の破船を造ったことからそして良い良心を持ち、その人の破門した順序によってそれを記録し、そして他の教会に知らせ、それで彼らを邪悪から防止すべきである;ティモ第一、1.19,20.

72.[編集]

その断食と祈りながらと手を置くこと按手によって、それを使うべきことを、神への奉仕崇拝奉神礼が凡そ通って職務員たちか僕たちの任命を順序良くすべきである;使徒、13.3.

73.[編集]

それはわたしたちがわたしたち自身全ての人と、他の知恵無しにその時わたしたちが自由に楽観し彼らにこのような場合、もし転落した人でも、わたしたちに対するように為し、そしてわたしたちがすべての人に平和を求め、遠くにいる人であっても出来る限りわたしたちが出来るように、保ち、信仰し、そして善き良心を持つことが出来るようにすべきである;ルカ、6.31.ローマ、12.18.ティモ第一、1.19.

74.[編集]

わたしたちがわたしたち自身明白にすべきであるが、多くの悪しきことから来る日々の思いでわたしたちの心に抱くかも知れない、かまたは悪しき生活と会話の;しかし全く遠くからわたしたちは出来る、わたしたちの耳のおよそ転落の日ごとの醜聞の非難中傷のそこからすべてのわたしたちの自身に非当、不当性を立証することの、わたしたちの良き評判を傷つける、神を敬わない人が、それから非当にも邪悪の意志のすべてによって多くの非難(アスパージョンズ)の醜聞(スキャンダロウズ)が、かまたは他の人によって誤報(ミジンフォーメーション)が、そのようなら正義の父なる神がわたしたちが忌み嫌う行ないと、最も小さく見ても邪悪な意志する幾らかによっても、邪悪の悪賢く暗示したりミステイク(間違いの取り誤り)でも無知の抜け目がなくても、父なる神がその上に真理と実際の行為に基づいて用いられ無いようにそれの非当な判断裁き根拠そのものが非当であることを示すようにすべきである;コリン第二、2.17.


FINIS(終わり)

出典[編集]

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。