A.D.1,655年、ピエモンテワルド派の信仰告白

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


ピエモンテ改革派(:ワルドー派)教会の信仰信条告白

彼らの公約と一緒に出版された非常に虐殺された場合の年、1655年。

説明[編集]

われわれの敵対者によって理解された、われわれに最も残酷な迫害の満足をも持たず、そしてすべての我々の善き叉遺品売却の強盗をし、まだ多くの偽りの報告が広く広がることによって世界の憎むべきわたしたちに示したまだ意志の意図を持つ、ただわれわれの個人を中傷したりせず、しかしそのような非難の最も恥ずべきものと一緒に中傷的なそれとわれわれが公言する教義の全体のも、われわれが余儀なくされることを感じる、より良き案内のそれら見解で悪意あることによって多分内心を奪われているそれらは、われわれの信仰の短い宣言を造る、そのようなわれわれは神の御言葉によって慰め得る公言のそれからを持つ;そしてそう誰もが虚偽のそれら彼らが中傷的にする、そして無垢な教義を信ずるところを迫害することをわれわれは憎む何と不正な事か。

條文[編集]

I.そこにはただ一人の神がいまし、霊的存在である、永遠で、無限なる、すべての知恵と、すべての情け深く、そしてすべての正義の、一つの言葉の中に、すべての完全と、そしてその三つのペルソナが一つの中に単に本質として:その父、子、そして聖霊。

II.そのこの神は摂理と彼の創造の働きによって彼自身を人々に公約された、全くわたしたちに彼の言葉として現れた、最初に幾つかの方法の神託宣によって、そしてその後は聖書と呼ぶこれらの書かれた本によって。

III.それはわたしたちは聖書を神的な正典として受け入れる、それはそう言う、生命と信仰の一定の支配のために:全くこれも旧新約聖書の同じ満ちて居る;そしてそれは旧約聖書の中はわたしたちがユダヤ人教会(:会堂)に一緒に神はそのような本をゆだねたことを理解しなければならない、そしてそれは教会(:会堂)がいつも神からの承認と知識を持つために:名前は、モーセの五書、ヨシュア記、、士師記、ルツ記、IそしてIIのサムエル記、IとIIの列王記、IとIIの歴代誌、エズラ記、ネヘミヤ記、エステル記、ヨブ記、詩篇、ソロモンの箴言、伝道の書、雅歌、四大預言書と12小預言書:そして新約聖書は四福音書を含む、使徒の活動、使徒パウロが書いた、ローマ人、2のコリント人、ガラテヤ人、エフェソ人、フィリッピ人、コロサイ人、{2のテサロニケ人、2のティモテへの、ティトスへの、フィレモンへの}、ヘブライ人への、ヤコブ書、2のペテロの、3の使徒ヨハネの、ユダの、そして黙示録、

IV.わたしたちがそれらの神聖な本が神聖な知識があると知っている、教会の証言からはただそれだけでなく、しかしもっと特に永遠の理由でそこに中身の全体の教義は疑う余地のない真理である、そして最も神的な閣下、絶頂、そして権威がそれらの中に見られる;聖霊が実施した場合の、彼がわたしたちの場合の教会のその点の証言の崇敬を一緒に受け入れる、彼が聖書の光の中に天体の光の光線を発見するのにわたしたちの目を開ける、そしてその霊的食物の神の風味を見分けるわたしたちの味を正確にする。

V.その神の造られるすべての物事は彼自身の自由意志によっては何も無く、数えきれない力で世界を造った。

VI.その彼の統治は彼の摂理によって支配され、この世界が起きた時から指名され任命された、少しの邪悪も創造者は無く存在し、そうその有罪が彼の上に所為にされず少しの道もそこから負い目に出来るべきでない。

VII.その天使たちはすべて造られた最初からは純粋で聖なる者であった、しかしその幾らかの彼らは腐敗破滅によって回復できない転落をした;そしてその他の者等は神の善き事の結果によって最初の純粋を防護者に持った、それらは持ち上げられ、彼らに堅くされた。

VIII.その男(:人)は、彼は純粋にまた神聖に造られたが、神の像を後に、悪魔の言葉により騙され、信用貸しに与えられていた幸福な状態から彼自身が転落し彼自身から奪われた。

IX.その人は彼が受けた神聖な正義を失い違反した、そしてこのように神の怒りと陥ることをなし、それによって死とそれらのものに隷属し、その悪魔と死の力の支配権のもとに置かれ;その程度まで私たちの自由意志は僕すなわち罪の奴隷に成って行き:そしてこのようにすべての人に、ユダヤ人と異邦人に両方に対し、自然に生まれた子供たちに怒りと、すべてに死と罪を犯すことをし、そしてその結果少しの善き動きも救いに関係することも出来なくなった:そう、神の恩寵なしには善き思いもする能力が無く、すべて彼らの全体の邪悪を想像することも、そして引き続きそうなった。

X.そのすべての後世のアダムの彼の犯行の有罪の中に、彼の腐敗によって伝染し、そしてそれの同じ彼と一緒の災難に転落し、彼の母の胎からのとっても幼児でさえ、それによって名前は原罪と言うものに注ぎ出された。

XI.そのそれを彼が選んだ非難と腐敗からの神の救いがそれらの彼は{世の基が、彼らに中に聖なるか、信仰か、少しの措置も無い、しかし}イエス・キリスト彼(か)の御子の;すべての休息を過ぎた、彼の自由と正義を超越した理由による。

XII.そのイエス・キリストはその教会彼の体のただ頭一人の救い主、神の永遠の天命による任命した、彼は時の満ちた彼の流血と一緒に回復する、そして福音の意味による特権をすべて彼の同じを授けた。

XIII.それは二つの自然のイエス・キリストの中の、すなわち、神的と人間的の、真の同じ個人で一つに連合した、混同なしに、分割された、分離、変更修正の;おのおのも自然に全く異なった妥当性の;そして真の神と真の人間のその両方のイエス・キリストに於けるもの。

XIV.その神のそう世界を愛し、それは言うと、それらの彼が世界から選び出した者は、それは彼が彼自身の息子が我々のために最も完全な従順を得られた(:原注:特にその従順は彼が十字架の死の呪われることを苦しまれたことを公約にされた)そしてまったく罪、死、悪魔から勝利を得られたことによって。

XV.そのイエス・キリストは彼の最も完全な犠牲で十字架のわたしたちの満ちた償罪を造られ、それは両方の少しも言い訳を返すことが出来ないほどのそれ以外でも、まったくかれらはミサの中に振りをして装うことをすることもしない。

XVI.その主イエスは神の上にわたしたちを全て調和し、彼の十字架の流血を通して、それはただ業績の美徳によって、そしてわたしたちの働きではない、それはわたしたちが許され、そして彼の視覚に義化されることによる

XVII.それはわたしたちがイエス・キリストと一体になって、そして彼の利益の信仰によって苦楽を共にし、そこには彼の福音によりわたしたちに造られた約束をそれらの上に安息するためである。

XVIII.それはこの信仰が恩寵の信仰と聖霊によって有効な働きにより、彼はわたしたちの魂を教化し、そしてかれらを傾向の説得しそして神の慈悲の上に安息し、そしてイエス・キリストの業績に適用する。

XIX.そのイエス・キリストはわたしたちの真のただ一人の調停者で、ただわたしたちの長所だけでなく、しかし全くわたしたちの仲裁者で、そしてその彼の業績の美徳によりそしてわたしたちが父へ接近するのに善き仲裁者で、彼に対して祈る時、聖なる信頼に於けるわたしたちが懇願する時承認を与える、それは彼自身を除いて他の少しも仲裁者を必要としないものである。

XX.その神はわたしたちにイエス・キリストにより回復されたことを約束した、そうそれらの彼は彼の適用の信仰に生きるべき連合した、そして彼ら自身実の適用し、善き働きに関して。

XXI.その善き働きは忠実な必要性で同じもの無しに天の王国でも彼らはなし遂げることが出来ず、神のご覧になるときそれらの中に歩く時わたしたちは彼らに準備された;そしてそれらはわたしたちが悪徳から逃げるべき、そしてクリスチャンの美徳にわたしたち自身が適用する、素早く使い、そしてすべての他の聖なる事がらに貢献する意味である。

XXII.それは、わたしたちの善き働きだけれども少しも事がらの功績の働き出来ずに、まだなお主の報酬か、彼らに永遠の生命に於いて償う、彼の恩寵の中断せず慈悲を通して、そしてわたしたちに約束を造られた彼の安定した不変の美徳によって。

XXIII.そのそれらは彼らの信仰の結果の永遠の生命の成り行きのすでに所有したそして善き働きも聖徒たちに考えられるべきそして個人を良く見える、そして彼らの美徳を賛美することと彼らの生命のすべての良き働きをまねた、しかし崇拝に於いて嘆願もしないし、神に祈りもしない、そしてイエス・キリストを通してでも。

XXVIII.その神は彼の御言葉を教えるただ一人のものではなく、しかし全く僧職任命したそれと一緒の善く整えられた秘跡の確信した、全くイエス・キリストとわたしたちが連合する意味の、そして彼の利益のわたしたちと苦楽を共にすることを作る;そしてそれはただ二つの新約聖書の下の証しする下の教会の共通のすべての会員の、バプテスマと主の晩餐の。

XXIX.そのキリストは養子縁組の証言のバプテスマの秘跡を制定した、そしてそれらのなかのわたしたちはイエス・キリストの流血によってわたしたちの罪から清くなった、神聖なる生命の内に回復した。

XXX.彼は神聖な夕食を制定した、かユー(エウ)カリストとも言う、わたしたちの魂の滋養物によって、キリストの効果的の肉を食べることを終わりまでする、そして彼の効果的の流血を飲み、生きている信仰と真実によって、そして聖霊の不可解な美徳によって、そしてキリストに不可分に最も閉じたわたしたちの統一の、わたしたちは永遠の生命と霊的生命を彼によって彼に楽しみ来る。

今から終わりに至るまで、わたしたち誰もがこの点についてわたしたちの信仰を明白に見る、わたしたちはここに挿入するその交流の前にわたしたちは作り祈ることをとても表現する、全く彼らは典礼の書くことをか神聖な夕食の祝いの形を、そして公けの教義書の同様に、それはわたしたちの詩篇の終わりに見る;それらは祈りの言葉である:

’わたしたちの主の見るからにわたしたちの罪の寛解のために彼の体の流血に申し出た一度限りの、しかし御意志の全く永遠の生命のわたしたちのための食物の上の同じ知らせ、わたしたちは真の率直な心のわたしたちの了承する恩寵の謙遜に懇願するそして熱心な熱烈のわたしたちはそんな偉大な利益からの受け入れる;それは、わたしたちが彼の体と流血に苦楽を共にし、か幾分彼の自身の全体の、本当にそして確かな信仰の。’

その言葉は典礼のそれらは:’キリストに於いて約束されたすべての最初の信じる事を許すわたしたちが(真理の絶対確実な)彼の口により発音された、すなわち、彼は彼の体と流血の真に苦楽を共にしたことを作るであろう、それはわたしたちが彼の全くを持っており、そのような方法でわたしたちに彼は生きるそしてわたしたちは彼に。’

この言葉はわたしたちの教義書に同じことが書いてある、Nella Dominica 53.

XXXI.その必要な教会のよく教える目的の雇われ人のそれらによって知っている牧師を持ちそして善き生命の、サクラメントを管理し神の御言葉をよく教え、キリストの群れを上に待ち、(善き支配と神聖なる教えることが出来る人によって)、長老と執事と一緒に、基本的な教会の方法の後に。

XXXII.その神の確立された王たちと裁判所が人々を支配し、そして人々を所属させ、彼らに従順にし、任命の美徳により、ただ恐れ無しに、しかし全く目的の良心を持つことにより、すべての事柄が神の御言葉と調和した、王たちの王、主たちの主である。

XXXIII.終わりにわたしたちは使徒たちの象徴を受け入れるべきである、主の祈りと、そして十誡とはわたしたちの献身の信仰の土台である。

結論[編集]

そしてもっと広範なわれわれの信仰の宣言はわれわれがここから念を押して同じ西暦1,603年に印刷されわれわれが公言した、それは言う、それはわれわれがフランスの改革派教会の教義に同意する、大ブリテン島、国の法に、ドイツの、スイスの、ボヘミヤの、ポーランドの、ハンガリーの、そして他の、全くそれは彼らに現われて彼らの告白に;まったくそれもアウグスブルク告白のも、全く創始者によって説明の、(原注:[1])の日にした通り、後の時代にも特別に。

それらはわれわれがすべての福音派とプロテスタントの教会に謙遜して請う、われわれが貧しく低い状態で無く立脚して、キリストの体の神秘体のわれわれの真の会員たちにより上に見られ、彼の名前のために苦しむことを求められ、そして神に彼らの祈り手を助けわれわれのために引き続き、すべての他の彼らの親愛なる影響の、全く我々はここから豊富に体験者の、われわれが彼らに最も卑下して帰って来る、主とわれわれのすべての心と彼らの報酬と一緒に懇願する、そして恩寵と栄光の祝福の最も高価な彼らに注ぐこの生命とそこに来る事の両方に於いて。アーメン

1.すなわち、変更した版、1540年、シュトラスブルク(:ストラスブール)で、カルヴィンが記述した。

XXIV.それは神が一つの教会を人の救いのために世界から選んだ、そしてこの教会は基本でただ一つの頭である、イエス・キリストに於いて。

XXV.その教会は忠実な会衆である、彼は、世界の基が置かれる前から神により選ばれたものである、神聖な召命で、神の御言葉の追随によって彼らは一つにせられ、彼らにそれらによって教えられたことを信ずる、そして彼の恐れによって生きている。

XXVI.この教会は脱落することが出来なく、消滅することも無く、しかし永遠に忍耐する{そしてそれは神の全能の力で堅持されそのような種類で彼らは終わりまで信仰をあらかじめ予定された、神聖な教会に居残る、それからの多くの会員によりそうである}

XXVII.その多くの人々は教会に所属せられ、そしてそこからの交わりに引き続きある。

出典[編集]

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。