A.D.1,527.年 シュライトハイム・信仰告白

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


I.バプティスマに関して注目すべき事:[編集]

バプティスマはすべて彼らに与えられ、彼らは生活の悔い改めと改変であり、そして彼らが真理の信仰に教えられ留意すべきことである、彼らのの罪の取り去りが留意し知っているているすべての者、そして彼らのすべてはイエス・キリストの復活に関して歩み、そしてそう彼の甦りと、彼と共に死に葬ることに関して願がい、すべてのこのわたしたちにバプティズムを考える重要性を一緒に持ち、

偽りだった幼児洗礼をすべて原則に於いて例外とする、それは最高の教皇の嫌悪すべき者の最大のものである。この中にあなたは使徒たちの証言と論拠を持つであろう。マタイ、28,マルコ、16,使徒、2,8,16,19.このまだなおわたしたち単純に、しかも確固なものの保証に確信を持つからである。

II.わたしたちは禁止放逐の上に追随するのに同意する:[編集]

その禁止放逐は主の命令を歩み、主に雇われ、彼ら自身が与えられたことを持ち、キリストの体にバプタイズドされた(バプティスマを受けた)者は彼らと一緒に彼らは兄弟姉妹と呼ばれる、そしてまたかれが罪と誤謬に転落といくつかを滑る時、不注意にも罪に追い着かれることがある者すべてが、その時、同じ二度の内密の戒めを受け、そして三度目のキリストの指導と命令によって禁止放逐されるべきである。マタイ、18.しかしこれは霊の原則の配置の定めに従って、パン裂きの前に(マタイ、5)行われるべきである、そうそれはわたしたちが一緒に心を合わせ、一つの愛から同じパンを食べる時に裂くことをし、同じ杯から飲むことが出来るためである。

III.わたしたちはパンを裂くことについて一つの心と(追随者のために)同意すべきこと:[編集]

すべてそれらのキリストの体裂きの記念の一つのパンの願う者は、そしてすべてのキリストの流血の中に死んだことの記念のを飲み一つの飲むことの希望は、キリストの体の一つに於いてバプティスマによって前に手を結合したことをする、一つと成っていなければならない、神の教会であるそしてキリストはその頭である。パウロが提出された点であるが(コリン第一、10:21)、わたしたちは悪魔の杯と主の杯を共に飲むことは出来ない。それは、追随者はすべて持ち、神によって呼ばれる、光に於いて一部分も無いことを、暗黒の中の死せる働きと共に死んだことを。すべて彼らが悪魔そして世界の追随を世界に出したそれらの部分を彼らは関わり合いを持たない、すべて彼らが邪悪な嘘の中に善きことの部分を彼らは持たない。

そこからそれは(このように)必ずあらねばならない:誰でも一つの信仰の神は一つによって呼ばれ、一つのバプティスマと、一つの霊と、一つの体と、神の教会の子供らすべてと一緒に、彼らとともにパンを(それの中に)造り、全くキリストの命令によってパン裂きが真に一つで必ず為されねばならない。

IV.わたしたちは(追随者たちに関して)隔離(分かたれていること)について同意していること:[編集]

邪悪から隔離されていることを造ったことはそして世界の中に悪魔が植物を植えた邪悪の;この手法では、ただそれによってのみ、わたしたちは彼らと共に交わりを持たない(その邪悪の)そして彼らの多くの彼らと一緒に嫌悪感に落ち込んだりすることがない、これはそれの道である:すべてのそもそも信仰の従順のうちを歩まず、そして彼の意志を為されるべく、希望を彼らがそれを神と一緒に彼ら自身が交わりを持たない、神の御前ではなはだ嫌悪を起こす人であって、少しの彼らが赦させることの出例が成長されて嫌悪を起こさせる事柄のそれは生ずることは無いと。真に全ての被造物(この世とすべての被造物)が二つの級のうちで、善そして悪、信仰、不信そして暗黒か光か、この世または彼らは(来ることを)この世の外にあるもの、神の神殿か偶像か、キリストまたはベリアルの;その一方しか、一緒に両方は取れない。

わたしたちにその時主の戒命が明らかに、彼の御意志はわたしたちの神と彼の息子娘たちがわたしたちが悪しき者から隔離されていることを、彼がわたしたちを召されるそのように。

彼は地的エジプトやバビロンから立ち出でることをわたしたちに諭す、嘆きや苦難らをそれらに参加しない人が耐え忍んでいることを、彼らの上に持って来るものを。

これからわたしたちが教えられることは悪行するすべての者から、キリストとわたしたちの神は他のそれよりもわたしたちと一緒に結ばれていないそれらの者からすべて避けて逃げることをわたしたちにさせるようにする。この意味により教会奉仕とカトリックとプロテスタントは、教会集会に出席する、家で飲み、都市の事がらを、その種類で他の事がらをわたしたちが信じないことについてわたしたちが保証人となり盟約することを、それはこの世が高く評価するが、まだなお神の命令と矛盾するものでさえ回避されるべきである、世界に正しくない人たち全てにより、それらの事がらからわたしたちは回避、隔離されたしかし憎悪すべき彼らには何もないそれと一緒に一部分も持てない、そして彼らはわたしたちの前に和解する場合はキリスト・イエスにより条件として憎むべき者があるようにするので一緒に成れない、彼は肉につける奴隷からわたしたちを霊を通して自由を賦与することの、神への奉仕に相応しい者とした。

そこからそれらは質問可能でないことを意志し、わたしたちから堕落した者についてクリスチャンで無いと、剣によって装備した武器による悪魔のような、鎧兜(よろいかぶと)そしてそのような、そしてすべて彼らが使う(またなお)友たちは一つの敵に対して邪悪な者に対して抵抗し無いことは-キリストの世界の美徳である。

V.わたしたちは神の教会の中に牧師(:教役者)に従がうことに同意する:[編集]

教会の牧師は、パウロが規定し、信仰の外側にそれらは彼は善い報告をする規定された一人がいる。この職務は朗読され、訓告と教えがあり、訓告と訓練も、教会の中で禁止され、すべての兄弟姉妹たちを向上させるための祈り手であり、[:著作集注:パン裂き、]そしてすべての事のキリストの体に注意深く見ることをし、建てられ改修善され、そして汚し言の口を防ぎ止めることによって。

この一つのさらに上の彼が選ぶ教会の扶養者の、そこから彼は必要な何かのものが、そうそれは彼はその人に福音を奉仕し主は福音に生きて教役者を定め、しかし牧師は何かを訓練で求め、彼はその他の者によって除かなければなら無い場合には(証言に於いて)二人か三人の証人によって、彼らの罪は彼らによって規律正しいすべての前の他の恐れによって訓練されるであろう。

しかし主に導かれるか、この牧師によって追放され十字架を通して起こった事柄は(殉教者を通して)、もう一つの小さな群れの同じ時間彼の場所を教役者に定められそして人々によって破壊されない場合。

VI.わたしたちが剣に関係する追随に同意する時について:[編集]

剣はキリストの完全な外に於いて(:著作集本文:異質のものである)神によって定められたものである。それは邪悪な者を死刑にし、死に置くためのもの為である。そして善きことを守り、保護するためのものである。律法の剣は邪悪な者を彼らの死のために滅びのために定められたものである、そして同じ(剣)は(今)属世界のために軽判事のために用いられ定められたものである。

キリストに於ける完全の内側に於いては、いつの時にも、ただ用いるのに警告と禁止と罪人の一人の排斥のために、肉の死を抜きにしてただ単に警告し罪をそれ以上犯さないように命令の他されたものである。

今それは誰が行なったのでは無いかを見分けるために問い尋ねるためにも(これは全く)わたしたちに対するキリストの御意志を、そこからクリスチャンが剣を邪悪に対する善きことを保護し守るために雇用されたものである、かまたは愛を求めるために。

一度目の返答、わたしたちの追随者で満場一致で答えられた:キリストは彼に学び、教えられるために命令された、彼のおとなしい心の低いそしてわたしたちのそう魂の休息を見出すために。キリストは全く異教徒の婦人の彼の女の淫行を取るために、彼の父の律法によって彼女に石でもって打たないために(そしてまた彼は言う、全く父はわたしに命令したこのようにするように)、しかし慈悲を警告のために許す、罪をこれ以上犯さないために。そのような(すること)わたしたちが完全に取るべきために支配と禁止によって。

二度目に、それは剣に関係する問い尋ねるために、そこからクリスチャンが世界の通る議論の刑の判決のために闘争のそのような信じないもう一人のために、これは一致した答えである。キリストは相続財産のための場合の兄弟が兄弟の間の裁きによって決心の希望を持たれなく通り過ぎた、それでそう裁きすることを断った。それからわたしたちはそのように行なうことにした。

三度目に、剣に関係する問い尋ねるために、そのような軽犯罪を選ぶのはそのようなものか?答えは続く:彼らはキリストの王に希望を抱く、しかし彼は彼の父によって順序立てられ想定は無く飛んで逃げてしまう。このようにわたしたちはそう行う、彼に従う、そしてそうわたしたちは闇を歩むことなく。彼自身言った、彼は知恵を来てわたしの後に、彼に来て彼の十字架を取り上げ彼に従うなら、全くそう、彼自身禁じて(雇用者で)軍の剣について言う、「世界の君は主と彼らの上に(:恩人と呼ばれて居るとか?!支配者で威張って居てとか?!)、エトセトラ、しかしそれはあなたがたの間ではそうではない」さらに進んで、パウロも言う、「彼も神は了承し、想定した慰め(comformed)を彼の子によって造形するために、エトセトラ」またもペテロは言う、「キリストは苦しみを受ける予想(:想定:概念)を現わし示されたが自発的に了承して受け入れた、(支配では無い[?!])そしてその後わたしたちの手本とされた、それはあなたがたが、彼の歩みに倣うためである。

最後にそれは注意されそれらの点の理由の行政長官為政者の救いはクリスチャンのためには適当ではないのか:統治の行政は肉に拠っている、しかしクリスチャンは霊によって居る;彼らの家はこの世に住むことを留まってはいるが、しかしクリスチャンは天にいる;この世の人の市民権はこの世に在るが、クリスチャンの市民権は天にある;彼らの武器の闘争と戦争は肉に或いは肉にだけであるが、しかしクリスチャンの武器は霊的なものである、悪魔に対する要塞である。俗人の腕力は鋼(はがね)及び鉄(てつ)だが、しかしクリスチャンの腕力は神の愛だ、それと一緒に真理も、正義と、平和と、信仰と、救いとそして神の御言葉である。信条は、神の内側からわたしたちに来る、そう全ての事がらの中の彼を通してキリストにある体のメンバーの内側にある、それはそこから体の分裂がないように破壊を通して。すべての王国は分裂して破壊し合っているが。今キリストから来る彼に就いて書いてある、彼の仲間メンバーは同じだが、それの体は完全に留まるそして連結体で自らの促進は構築である。

VII.わたしたちは誓約に関係した追随に同意している:[編集]

その宣誓は信仰告白の確認にそれらの中の間に口論口喧嘩や約束が作られることを見分けられる、その律法の中にそれは神の御名の中に実行することの命令がある、しかし真理だけでは、正しくない。キリストの、彼は律法の完全な教えることの、彼の(追随者たち)がすべて誓うことを禁止することの、それらは真のまたは誤りなのかどうか--天によってではなく、または地でもない、ヱルサレムによることも無いし、わたしたちの頭による事でもない--そしてその理由のために彼はまもなくそれ以来与えられた、あなたのために黒いか白いか髪の毛の一つも作られる事が出来なかったので、そうあなたはすべての誓いの理由をそれの禁じられた:わたしたちはすべてわたしたちの誓いのその時約束を豊富に可能に出来ず、わたしたちの為に非常に小さな物事をも(でさえ)転換できない事になる。

今それらの幾らかの神の簡単な御命令でも根拠の無い信用も、しかしこの質問のと一緒に物体の:いまよく、神はアブラハムに彼自身による誓い無くして(彼は神からの)その時彼は約束を彼と一緒にまたは彼が神の誡めを保つかどうか、--なぜその時わたしは幾らかの人のためにわたしは約束を誓ったのでは無いだろうか?答え:聖書は言って聞かせる:神は、その時から彼は彼の忠告の不変性をその上に示したもっと豊富なのを希望した、誓いに挿入する、それは二つの不変の事がらによって(それは神が嘘で実行できない中で)わたしたちは強い慰めを持ち。この聖書が意味することを注意し:神があなたが何でもそうするのを許さない、彼は実行するのに力を持ち、すべての事が彼によって可能に出来るため。神はアブラハムに誓って、言った聖書で、そうその彼は彼の忠告の不変性を示し。わたしたちは誰ひとりとして彼の御意志を失敗させるために抵抗する者はいない;それから彼は彼の誓いを保った。しかしわたしたちは何もキリストによって上に言われたことをすることができる、実行の保ちと(わたしたちの誓い):わたしたちはそれだからすべての誓いをすることが無い(nichts schweren)。

それでは誓いはさらに遠くへ追随者に言ったであろう:それは新約聖書に於いて神は誓いを禁止されない、その時旧約の中で実際に命令して、しかしそれはただ天によって誓うのを禁止された、地上にかけても、ヱルサレムにかけてもそしてわたしたちの頭にかけても。答えは:聖書に聞け、彼は天は神の玉座とそこに座っておられる方にかけて誓うと言うことだと。注意を向けて:それは天によって誓っても、そこはただ神の玉座であるからだ:神ご自身によって(誓うのを)禁止せられたのは何だってもっと彼自身なのか!あなたは馬鹿で目が見えない、その方は偉大な方である、そこに彼の玉座に座っておられる方は?

幾らかの者はさらに遠くへ言う、何故ならば邪悪なものは今(この世界、そして)人は神を必要としているからだと(確立された者は)真理に、そう使徒ペテロとパウロはまたも誓って言う。答えは:ペテロとパウロはただ誓いと共のアブラハムに約束された神は誓いとともに証言する。彼らは彼ら自身何も約束の、全くみだらな明らかな例をもって。証言して誓いを二つの異なった事柄。その時誓いをした者は彼は将来の事で約束の最初の場所で、全くキリストはアブラハムに約束した。彼をわたしたちは長い時それから受けいれること。しかしその時個人は証言を証言に合わせるために誓った(:コリン第一、2:13!!「霊的な事に霊的な言葉を結び合わせる」)、それは善きことか悪しきことか、全くシメオンはキリストを証言のために語り、この(子供を)たくさんのイスラエルのために転落と起き上がることに注視する、それに対して話をして徴のために。

キリストはまた彼が言った事の同じ境界線に属してわたしたちに伝達した、さああなたの伝達は然り[:は]、然り[:とだけ言うようにそれを意味するように];否と言う拒絶[:は]、否と言う拒絶[:とだけ言うようにそれを意味するように];そうそれは邪悪から来るそれらの否やそれよりもっと。彼は言う、あなたがたがみ言葉を演説し然りと否と言う拒絶。(どんなにしようとも)その時理解していることを希望して、彼は閉鎖した意味に留まって。キリストはただ然りと否と言う拒絶と言う事、そしてすべての彼を求める者にただ御言葉を理解することを。アーメン。

七つの箇条を、シュライトハイムに於いて、
スイスのシャフハウゼンの連邦州、
1,527.年、2月24日。

出典[編集]

参考迄に、宗教改革著作集第8巻、再洗礼派の巻。(シュライトハイム信仰告白)神の子らの兄弟の一致。ミヒャエル・ザトラー。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。