95箇条の提題 (ルーテル)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


1. 我らの主なる主人、イエス・キリストが言われた、「悔い改めよ、」(マタイ、4:17)彼は信者の個々人の全体の命の悔い改めを旨とされた。
2. この言葉は懺悔のサクラメントに至る関連では理解できない、それは、満足する信仰告白で、僧職者によって告白は執行される。
3. まだなおもそれは単独の内側で悔い改めは意味し無い;そのような内側の悔い改めは様々な肉の苦行の外側で価値無しの必要なしを産し無い。
4. 罪の刑罰は自身の長い嫌悪に留まり(それは真の内側の悔い改めである)すなわちまだなお我々の天の王国に入口に入る事が[:出来るようになる]。
5. 教皇はおのれの課した教会法の罰則しか許す権威が無いし望める事が無い。
6. 教皇は少しの有罪を許すことは、それ以外の声明しまたは参照は神により許されたものを[:赦すことしか出来ない];または、本当に、彼の裁きの所有の有罪の免除による事の場合で、もし彼の権威で軽視の場合に免除状態を了承することができ、有罪は確かに許されていないものに留まったであろう。
7. 神が同じ時でない限り全ての事柄と造られた事柄を彼が卑下する彼を代理として服従するに誰一人として有罪を赦すこと、司祭として。
8. 悔い改めの定式を生きている一人にでも課するものは、そして、彼ら自身からの定式の伝えによって、何も臨終にまで課することができない。
9. それゆえに聖霊は教皇を通してわれわれの種類に関する限りでは、教皇は彼の教会法に何時も例外のものの章句を死の不可欠として加えることができる。
10. それらの司祭の行動は無知で罪な彼は、死の状況に関しては、煉獄の罰については正典の留保するにとどまる。
11. それらの雑草は正典により煉獄に罰し罰するために明らかに司教が眠っている間中植え付けられた、マタイ、13:25.
12. 前の時に正典の罰は目的に、後の時ではなく、しかし赦免の前に、真の悔悟の試験された。
13. 死にかけている者は死によってすべての罰から自由になる、または既に死に正典の律法は関係する、彼らから権威が解放する。
14. 不完全な敬虔なまたは愛は大いなる怖れと一緒に持って来る死んでいる個人の一部では必ずしもない;小さな愛でもなく、大いなる恐れでもない。
15. この怖れやまたは恐怖はそれ自身充分だ、他の事柄を述べるのも、煉獄の罰と均しく、絶望の恐怖からに非常に近い。
16. 地獄、煉獄、そして天は同じ恐怖から見るからに意見を異にする、怖れ、そして救いの保証。
17. それは魂は煉獄の怖れからであるけれども必ずしも人数を多くせず、愛は人数を多くする。
18. その上に、それは保証されるのを見ない、聖書でも理由でもをどちらかに煉獄の魂は功績が外側の状態である、それは、愛の内に成長できない。
19. 煉獄の魂は保証することは出来ない、残りのすべてのそれらの、彼ら自らの自信ある確かな救いである、さらにもしわれわれがわれら自身のそれの確かな全体のものを予期する。
20. したがって教皇は、「罰則に対する十分な許し」という言葉を使う時、実際には「すべての罰」を意味するのでなく、彼自身によって課されたそれらのもののみを意味している。
21. それらの甘やかされた説教者等は違反が彼に言うにはすべての罰から放免することを意味しそして教皇の甘やかしによって救われた。
22. 事実の事柄であるが、教皇は罰なしの煉獄の魂のために免除させ、それは正典の律法によるのであり、彼らは人生の中で支払いを受けている。
23. もしすべての罰則に免除があるのであればすべてそのことに少しでもすべてでも授与できた、確信して其れはすべての完全さのみに授与しようとしたのである、それは非常に少なく。
24. この理由ですべての人々はそれは無差別にそして高い音を立てた罰則の解放の約束によって必然的に騙された。
25. 教皇は煉獄以上の一般の力を持ち、少しの司教かまたは副僧職者は特殊の彼自身の司教管区や教区に力を一致させている。
26. 教皇は煉獄にいる魂のために許しを授与する時優れて良く、鍵の力によってではなく、彼らのために仲裁の道によって、彼はこれ(:鍵)を持っていない。
27. ただ人間の教義を説教する彼は箱の中でチャリンとお金の音がすると、煉獄の魂は飛んで出て逃げることを得(う)と言う。
28. それは確かにお金がお金箱の中でチャリンとすると、強欲な貪欲な者は増大することができる;しかしその時教会の仲裁者が、唯一の神の御手の結果に成る。
29. 彼は知るすべての魂は買い戻される希望を持つ、私たちが持つ聖セヴェリヌスそして聖パスカルを除いて以来、伝説について話をする。
30. 本当に正直で彼自身の告解悔悛の人は誰もいない。
31. 彼は活動的で買うことに耽っている人は、彼が悔悛することはまれで、全く、彼が(:回心することは)非常にまれである。
32. それらの彼らが信じるそれは彼らの救いが確かにでき、なぜならば彼らは耽っている手紙も永遠に呪われ、彼らの教師も一緒に。
33. 特に人々はそれらに対して守衛であり、かれらは教皇の容赦と神との和解が彼の最も大切な贈り物である。
34. 甘い恩寵は、人によって確立された満足な秘跡の罰と一緒にただ関係するものである。
35. 彼らは悔い改めに必要なく上のそれらの部分は煉獄から出る魂を買うことを意図し、または告解の特典を教えることを非クリスチャンの教義で買うことをする。
36. 少しからの真の悔い改めのクリスチャンも正しくたくさんの罰あるいは有罪からの赦しを持ち、平等な耽っている手紙を除外する。
37. 少しのまことのクリスチャンも、生きている若しくは死んでいるかどうか、キリストと教会のすべての祝福に参加し;そしてこれが神からの授与であるのは、平等な耽っている手紙を除外する。
38. 教皇の赦しと祝福が軽視することの意味なしによって決してそれなしに、彼らのために全くわたしは言う(提題の6)、神の赦しの布告。
39. それは非常に難しい、平等に最も神学を学び、一つの時間と一緒に耽っている気前のよい人々を賛美する時間そして告解悔悛の必要性。
40. クリスチャンが真に告白するのは彼の罪のために罰を払う愛と;耽っている気前のよい、それは、罰のくつろいだそして彼らをにくむ場合の--それの最も小さい者も起こし備えるのも彼らに憎まれる。
41. 教皇の甘やかされた注意と共に説教しなければならない、彼らが間違って人々がそうしないよう注意することより好ましいのは他の愛の善き働き。
42. クリスチャンは慈悲の働きと一緒に比較する少しの道の中に買っていることの耽(ふけ)っている意図がないように人々を教えることである。
43. クリスチャンは貧しいまたは彼が買い耽(ふけ)る行為より良きものは必要物を貸すことで与えることを教えることである。
44. 愛の働きによる成長する愛の場合は、人がより良きものをそれによって成らせることで、人は罰から少しからも自由に成る為にふける事の意味に何時でもなってはならないこと。
45. クリスチャンは窮乏した人からを見過ごすことが無いように教えられるべきである、まだなお耽ることに彼のお金を与えるなら、教皇の耽ることを買ってはいないが神の怒りに会う。
46. クリスチャンは彼らの必要がもしもっと持つことでなければよいのを教えるべきである、彼らは彼らの家族の必要そして耽ることの乱費を意味し無いようによって、彼らの必要が為されねばならない。
47. クリスチャンは自由に選ぶことの耽ることの買うことを教えなければならない、そして命令では無く。
48. クリスチャンは教皇に教え、耽って与える、必要と彼らの信心深い欲求の祈り手はもっと彼らよりお金が必要である。
49. クリスチャンは教皇の耽っている彼らの中に信頼ある彼らに置いてただ役立つなら、しかしもし彼らのゆえに神への恐れが失われるなら、非情な害である。
50. クリスチャンはもし教皇が教えての耽ることが取り立てを知っていることを教えるなら、彼は少しやや聖ペテロのバシリカ(長方形の教会堂;長崎の天主堂)が彼の羊のために皮肉骨で建てられる方が青白く焼かれて仕舞うよりは良い。
51. クリスチャンは教皇について彼自身のお金について与えるように願うことをし、望め、平等にしかしながら彼は聖ペテロのバシリカ(長方形の教会堂)を売ることを持つけれども、お金におだてられて耽っている確かな鷹匠からそれらの沢山のお金が出た。
52. それは無駄な救いに関する耽った手紙の信頼である、平等にしかしながら耽っている司教代理である、かまたは平等に教皇、彼の魂は安全に申し込まれた。
53. 彼らはキリストの敵である、そして教皇は神の御言葉を教えるのにまとめて禁じた者である、その中の幾らかの教会は他の者を教えて耽ることを指令している。
54. 毀損については神の御言葉はその時、同じ説教で、均一なかまたは御言葉のよりは容赦の上に長い時を使いつくして。
55. それは教皇は意図しなければならなくてもしそれが容赦であるなら、それは非常に小さなことである、名高い一つのベルとともに、単一の行列とセレモニー(儀礼)その時福音は、とても偉大な事柄を、百のベルと共に説教して、百の行進と、百の儀礼。
56. 「教会の宝物」教皇から出て、授与された耽りと、たっぷりでは無い名前と、かまたはキリストの民の間に知られているか。
57. それは彼らがこの世の宝物で無い確かに明白に、多くの物売りはそんな宝物に容易に注ぎ出さないし、しかし彼らがただ一緒に。
58. 彼らのキリストの功績と諸聖人の、教皇無しでさえも、それらは何時も人の内に恩寵として働きかける、そして十字架、死、そして地獄は外に向かった人間の。
59. 聖ローレンスは言った、教会の宝物は教会が貧しい、しかし彼は彼の自身の時に言葉の使い方によって話した。
60. 私たちは教会の鍵として早まって言う、キリストの功績によって与えたまえ、宝物を;
61. それで、明らかな罰の赦しがそして場合の保留が、教皇の力はそれ自体で充分である。
62. 教会の真の宝物は最も神聖な神の恩寵と栄光と福音である。
63. しかし、この宝物は自然体では最も憎むべきもの、それは最初で最後のため。
64. 他の手では、耽っている宝物は自然体ではもっとも承諾し得る、それは最後と最初に作るもの。
65. それから福音の宝物は、彼らの昔では、富んでいる人の魚の網を欲している。
66. その宝物は耽っているものを彼らが今人の富のために魚として網で捕獲した。
67. 耽っている者の教え手は、「最も偉大な恩寵」と叫ぶ、知られていて真にそのようなもの、遠くに促進させ彼らはそれを得ている者。
68. まだなおかれらは真理と非常に小さな恩寵と一緒のくらべられるのはとても最小の神の恩寵と十字架の敬虔である。
69. 司教と補助司祭は使徒的赦しを司教代理は認めるために縛られる、すべての尊敬と一緒に。
70. しかし静止したもっとのものの彼らを緊迫して縛り彼等のすべての目はまたすべての彼らの耳は通う、教皇の委任の彼らの自らの夢のその代わりのそれらを説教してはいけないから。
71. 彼は語った、使徒的真理とその容赦を、彼はアナテマと呪いも述べた。
72. しかし彼は欲情と許可状を容赦の説教者に、彼は祝福されるように!
73. 教皇は正しく雷のように怒る、美術によって、考案する障害、往来の容赦を。
74. しかし沢山のもっと彼は意図した雷それらは弁解と使う言い訳の容赦を、聖なる愛と真理と。
75. 教皇的考えで、彼らは偉大なる免除を人に平等で、もし彼が献身的なとてもあり得ない罪でそして背(そむ)く、神の母を。---これは狂気である。
76. 私たちは言う、反対の、教皇的最も小さな些細(ささい)な罪の過失の免除でそれを再び動かせないことを、遠くに有罪の関係で。
77. それは平等に聖ペテロが、もし彼が今教皇であったならば、偉大な恩寵を授けないであろう;これは聖ペテロと教皇に対する冒涜である。
78. 私たちは言う、反対に、教皇の贈り物が平等に、そして少しも教皇がすべて、彼の偉大な恩寵と処分を;証しして、福音書、力の癒しの賜物、エトセトラ、それはコリント第一 xii(12)章にある。
79. 十字架が言う、教皇的腕力で一緒に飾られた、[説教者の耽ることに]上に置いた、平均して価値あるキリストの十字架、冒涜的である。
80. 司教たちは補助司祭そして神学者彼は人々が間で広めて話し合いのままさせて置く、勘定の状態にさせて置く。
81. この抑制が効かない説教者は簡単にことを作らなく容赦する、平均に人々は学ぶ、日付で教皇への中傷から尊敬し救い出す、かまたは平均に如才がなく平信徒の質問に関して。
82. 証しとして:---「どうして教皇は虚しい煉獄では無いのか、聖なる愛と悲惨な必要の魂の目的のそれは、もし彼が無限の数の魂の目的と惨めなお金と一緒に埋め合わせその教会は建てられるのか?昔の理由は最も正しい;後のそれは最も些細な」
83. 再び:---「なぜに不滅の巡って来るミッサの死の続きは、そしてなぜに彼は帰って来ずかまたは赦して引く事と一緒の寄付の才能の彼らの半分の基金寄付の、それは間違いの祈りの埋め合わせからでは?」
84. 再び:---「新しい敬虔の神への教皇の、それはお金を彼らは不信心な彼らの仇のままにして置く煉獄から贖い出る信心深い神の友の魂が、そしてそれより無いのは、なぜならば信心深い愛すべき魂の自ら必要な、自由の純粋な愛の目的で?」
85. 再び:---「どうして悔い改めの正典は長く行動した時から通して死によって廃止無効になるのか、今耽ることを承諾によって満足したものか、しかしながら彼らはまだなお聖霊の力に拠って生きたのか?」
86. 再び:---「どうして教皇は、今日富んでいて富に富を最大に、聖ペテロの教会を彼の自らのお金を以ってよりも、お金の貧しい信者からより一層収集するのか?」
87. 再び:---「なんでそれは教皇の減免し、そして何で加入するそれらの彼に授与し、完全な悔悟によって、最も正しい人の加入を免除するのか?」
88. 再び:---「なんで偉大な祝福が教会に来たことが出来たのにそれより教皇が百回も日を彼がいま一度それを、そしてすべての信者に贈られそれらは許可し加入させるのか?」
89. 「教皇から、彼の免除によって救いの魂の目的のお金よりも、なぜ彼は耽ることをぶら下げてそして此処から授与するために免除し、それらは平等の効果がそれからなのか?」
90. それらの抑制した論議と俗人平信徒の良心の咎めによって力がただ一つ、そして彼らは与えられた理由によって決心しないのか、教会のさらされたそして教皇が彼ら敵の嘲りの的になり、そしてクリスチャンが不幸に成る事を作るのか。
91. もし、そこから、免除された説教が教皇の霊と心によって、すべてそれらの疑うのにすぐに決心させるのか;否、彼らは生存しないのだ。
92. 一つの道で、そこから、すべての預言者と共に彼はキリストの人々に告げる、「平和だ、平和だ」そしてそこには平和が無いのだ!
93. 祝福がすべてのそれらの預言者によって言うキリストの人々は、「十字架、十字架」そしてそこには十字架が無いのだ!
94. クリスチャンたちは彼らは勤勉な勧めのキリストの追随の中で、彼らは頭が、通して罰と、死と、地獄が;
95. そしてこの確信している天へ行く入り口を通してそれよりも沢山の患難が、それよりも平和を通して保証されることの方が良い。

出典[編集]

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。