67箇条 (ツヴィングリ)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


説明[編集]

それらの「章」または「下方の諸点に就いて」をウルリッヒ・ツヴィングリの価値ある説教した討論会に於いて、チューリッヒ市の神による霊感と呼ばれる聖書聖典を基にしたベースとして、そしてわたしは章を言っている、征服者または擁護者を依頼された、そこでは新しい修正された聖典の理解をわたしは自身で赦してより良い物を指し示し、そして聖書聖典だけに言うことからのみにした。

條文[編集]

I.-誰でも福音を虚弱なもの無しに教会は堅くしている神への違反と非難に就いて。

II.-合計のまたは下記所属の福音はわたしたちの主キリスト、真の神の子で、彼の父からわたしたちの為に造られたそして無垢な発表をして、死からわたしたちのために、神は一致させる。

III.-それから、キリストはただ一つの道を全ての誰にでも、今でもか、または将来でもかに救いとなられた。

IV.-誰でももう一つの扉を求める点で、間違いをし、本当に、彼は魂の殺人者と盗人にした。

V.-そこから、すべて彼の考えで、福音よりも高い説教することが等質の福音の教えを間違っている、彼らは福音を知らないからである。

VI.-キリスト・イエスは案内人であり頭である、神の約束によって人間すべてが贖われた。

VII.-彼は彼の体のすべての信者に対し永遠の救い主となられた、彼は彼の死によって彼無くして何もできない。

VIII.-この追随者から来る、初めてとすべての、それはすべての会員のかしらの者と神の子供たちの住処の。そしてこれは聖徒の交わりの教会である、キリストの花嫁であり、カトリックの会衆である。

IX.-おまけに、その体の会員を彼らを動かし得るかしらなしに少しも一人もキリストの体で最も少なくキリストは彼の頭なしで行うことが出来ないのである。

X.-その男が彼のかしら無しに何かを行なうと試みることは、リンボの狂いに彼が涙を流し、自らを傷つける;このような事はキリストの仲間の時にキリストのかしら無しには何かを引き受けることを、彼等は彼ら自身の法令で、精神的重荷と傷つけを狂っている事に成る。

XI.-これから、わたしたちは、聖職者の法令が、壮麗で金持ちな級の主題の法ですべての馬鹿と彼らのために頭と一緒に彼等に同意できないのを見る。

XII.-このように彼等は、まだなお怒り、頭なしに計算し(それは神の恩寵から来る彼等の時は彼らの前に持って来る、)しかし一人は彼らの怒りの試みに無理やり彼らはその頭に聞くことを、彼等と一緒にしないのである。

XIII.-そこには、この(かしらが)神の御意志をはっきりと解かり易く、一人に学ぶことに傾聴し、そして、人が彼の霊によって攻撃をされ、彼の中に変わる事を神の御意志とする。

XIV.-それから、凡てのクリスチャン民は彼等が用いる最善の精励のキリストの福音と一緒にどこででも説教するであろう。

XV.-信仰の中にわたしたちの救いが安楽し、そしてわたしたちが地獄に落ちることに不信心な;それは彼からすべてのはっきりした真理が来るからである。

XVI.-福音の中に人間性の教理を学び、そして救いに関し、教令は何の助けもない。

教皇(権?主義?)に就いて。[編集]

XVII.-そのキリストはただお一人の高い祭司であり、そこからそれらの追随者を彼等は彼ら自身をそう呼ぶ、高い司祭であるとキリストの誉れと力に関して対抗して彼らは自らを、そう其処に置いて出す。

ミッサに就いて。[編集]

XVIII.-そのキリストはただ一度の彼自身の犠牲をもって彼はすべての信仰溢れる者たちのために罪のための実効を確かにし;この追随のミッサは犠牲ではなく、しかしわたしたちの救いのために保証されたキリストの贖罪の犠牲の記念である。

XIX.-そのキリストはわたしたちと神との間の調停者である。

聖人達の斡旋に就いて。[編集]

XX.-その神は彼のお名前で総ての事がらを欲しわたしたちに与える、それからの追随はわたしたちがのいのちが必要のを除き、これら他の調停者では無く、しかし彼の追随はそれより外側である。

XXI.-わたしたちは祈る時地上のどちらも他で、わたしたちはキリストのみを通して、わたしたちに与えられたすべての信じる事をそのように流行で主張し装う。

善き業(働き)に就いて。[編集]

XXII.-キリストはわたしたちの正義である。わたしたちの追随から来る、わたしたちの働きをそんなに遠く、彼らはそれとまったく同じで、彼等は善き、彼等はキリストから遠く、しかしそんなに遠くの彼等が自身で、彼らが善きも悪しきもどちらもしない。

聖職者の蓄財産について。[編集]

XXIII.-キリストは富とこの世界の華やかさもあざけった。これからそれの追随者はそれらの彼らの引き寄せる富と彼ら自身、彼の名前で、恐ろしく中傷し、その時彼等は貪欲な言い訳によって我侭を彼に造る。

禁止された食物に就いて。[編集]

XXIV.ー神の命令のものではなく、それらのことをクリスチャンは行う義務の人はいなく、それから一人はすべての時にすべての食物から食べ、そこから一人はローマの欺きによって、チーズやバター を命令の内に学ぶ。

聖日と巡礼について。[編集]

XXV.-時と場所の下にクリスチャン民の司法権があり、そして人は彼等と一緒に、そこからそれらの確定された時と、クリスチャンかれらの自由とかの場所を奪う。

頭巾とドレスと勲章に就いて。[編集]

XXVI.-その神はたくさんの偽善的行為のなしに不快にさせる;それからすべての大きな偽善行為を学び、そして単なる放蕩を見せただけで、この激しい非難の下に置かれ、落ちる頭巾と看板と勲章の、エトセトラ。

序列と分派に就いて。[編集]

XXVII.-すべてのクリスチャン人はキリストに於ける一人々々の兄弟で、そして地上で、父から作られないものは無く(彼ら自身)これの激しい非難の下に在る落ちる順序の、分派の、兄弟職務の、エトセトラ。

教会信徒内の結婚について。[編集]

XXVIII.-何でも神は正しいもの禁じられないものをさせて置いた。これから結婚はすべての人間性の存在から許す。

XXIX.-そのすべてのそれらは聖職者の罪だと呼ぶ、その時彼等は彼ら自身を結婚によって防御しない、後に彼等は神に可能でない彼らは純潔に留まる意識に成って来ることを持つ。

純潔の誓いに就いて。[編集]

XXX.-それらの彼は純潔に約束をし[結婚生活の外に於いて]馬鹿か子供のように彼ら自身の上にとても多く、それからそれら彼等は間違いに信心深く存在に誓うように造り学ぶ。

破門に就いて。[編集]

XXI.-その特殊の個人は少しの人に破門を課す、しかし教会で、それは会衆でそれらの住んでいる間の一人に破門を。彼らの見ている人たちにも一緒に、i.e,牧師にも。

XXXII.-その一人に彼だけに破門し、彼に公けに違反を与える。

合法的蓄財産に就いて。[編集]

XXXIII.-正しく無く獲得された財産は寺院に与えるべきでなく、修道院にも、カテドラルにも、聖職者にも尼僧にも、しかし必要なのは、もし法律上の出資家に戻すことが出来ないのであれば、

参事行政に就いて。[編集]

XXXIV.-霊的の(そう呼ばれれば、)力はそれのキリストの教えの中に正当でないものを持つ。

XXXV.-しかしキリストの教義と実行から力を横たえ確認する。

XXXVI.-すべてのその霊的な状態はそう呼ばれると、叫ぶと横たえに属する保護と力を持ち、もし彼らがクリスチャンを希望するならば。

XXXVII.-彼等に、更に、凡てのクリスチャンは特例を他にして、従順におかげを蒙っている。

XXXVIII.-彼等はそんなに遠くに行わない神の命令に対比して。

XXXIX.-それからすべての彼等の方は神的御意志と一緒に調和する、そうそれは彼等が迫害を防御するならば、もし彼が不平を言わないならばでさえば。

XL.-彼等はただ独り正当の内に死に置くならば、それらのただそれをも、公けの違反に当たる(もし神が外の事の命令について感情を害をなさないのであれば)。

XLI.-もし彼らが神を勘定にしてそれらを助け、善き助言を与えるのであれば、その時それらは援助の体のお陰をこうむるであろう。

XLII.-しかしもし彼らが不信仰と、キリストの法の違反によって、彼等は神の名をもって退けなければならない。

XLIII.-手短に言うなら、彼の領域を最善の或いはもっともな安定している彼はただ一人の神の名によって支配し、そして彼の最も悪い不安定な彼は彼の自らの意志と一緒に調和の内に支配するであろう。

祈り手(者)に就いて。[編集]

XLIV.-まことに霊に於ける請願者は、そしてまことに、人の前に大きな騒動を除いて。

XLV.-偽善者は彼らの働きをそうその彼等は人によって見られ、またもや彼等の報いを彼らの人生に於いて受ける。

XLVI.-それゆえに、それは何時も教会聖歌に追随しなければならず、そして抗議を敬虔なしに、ただ報酬のために、人の前に於ける、名声か得るものかどちらかを求めている。

違反に就いて。[編集]

XLVII.-体の死んだ一人の人は、彼が一人のクリスチャンの憤慨か傷つけを前に忍ぶことをしている。

XLVIII.-人は、愚かか無知の理由なしに傷つけ、彼は病気か弱い左のものをしないであろう、しかし彼は考えに於ける罪か罪でないものを強く造るであろう。

XLIX.-わたしは司祭が妻を得ることを許さない事より大きな違反が無いことを知っている、しかし彼等が売春することに雇うことを赦す。何と恥ずべきことか!

罪の送金(贖罪)に就いて。[編集]

L.-神がただ一人、イエス・キリストによって送金すべきである、彼の息子の、そしてわたしたちのただ一人の主である。

LI.-誰が神の誉れからこの生き物に分配することを落とすであろうか、そして彼に神で無いものに与えることは、これは現実に偶像崇拝である。

LII.-そこから司祭に告白を造ることは、それか隣人に罪の送金額を送ることは無しで、しかし助言を求めている。

LIII.-懺悔の苦行の働きは、人間のあることから相談が来る、(禁止の他は)罪をなしにすることがなく;他の脅威を加えることも彼等は出来ない。

LIV.-キリストは凡てわたしたちの苦痛と雇いのために運ばれた。それから誰でもキリストに属する違反と、神への中傷の罪滅ぼしのために任命された。

LV.-誰でも後悔している少しの罪の為にも送金する真似をする、神の代理か聖ペテロのにしないであろう。しかし悪魔はそれをする。

LVI.-誰でも少しの罪のそれだけのために、お金を求める、シモンの仲間かバラムか、本当の悪魔の伝令の権化は。

煉獄に就いて。[編集]

LVII.-真の聖典聖書はこの生命の後の煉獄に就いて知ることは無い。

LVIII.-死の宣告は神のみが知って居られる。

LIX.-そして神無しにはそれに就いて私たちが知ることはあるが、それ無しにわたしたちはそれについて知る事を引き受けよう。

LX.-その人が真面目に神を呼ぶことに恵みがあることを見ることにわたしは非難しない、しかしそれからの時の点に明らかに成る事に就いて、(七年の道徳の罪について)、そして嘘吐きをして得ようと求めるなら、人間性に欠け、しかも悪魔的である。

司祭の実践に就いて。[編集]

LXI.-司祭の聖別に就いて、遅い時に受けている聖書は何も知らない。

LXII.-その上に、彼等は司祭無しにそれ以外で、神の言葉が布告されることが宜しい。

LXIII.-彼等は(:神の)栄誉が見えることを命ぜられ、i.e.,その体のために食物が彼らのために備えられることが命ぜられている。

乱用の禁止に就いて。[編集]

LXIV.-全てそれらの彼らの違反が識別されることが苦しみを忍ぶままにさせて置かれない、しかし死ぬ事によって平和が、そしてその後からクリスチャンの教会の遺産が手法として、構成される。

LXV.-それらの彼は告白に希望しない、神の御意志は確率として取り心配する。それから彼等の体に対していかなる実力(軍隊?)も用いられない、それ無しには、彼等は罪をそれ無しには犯さない。

LXVI.-すべての聖職者の優越感は一回下に決着させる。そしてキリストの十字架を満場一致で立て置く、金箱なしには彼等は滅びる、わたしは汝に斧を木に対して挙げるように言おう。

LXVII.-もし少しの一人が会談をわたしと興味深いことに関して希望するなら、十分の一と、バプテスマを受けていない子供たちか承認批准として、わたし自らが答えよう。

このようなものは神の規準である。

これらの基と註解に就いては、これらの章節のあと直ぐに現れ発表され印刷されるであろう。

出典[編集]


この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。