67箇条 (ツヴィングリ)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

説明[編集]

ツヴィングリはそれらの「章」または「点を取っていること」をツヴィングリの最初の論争で、その「論争」は1,523年、1月29日に場所を持って、結論として、その町の議会はツヴィングリの自然の改革の計画を採用することに決定した、彼らはそれをした。論争ではそれ自身の出席者が600人で、ホール(会場)全体が満員だった。ツヴィングリと彼の助力者たちは前に一緒にテーブルの上にセプチュアギンタ訳を横切り広げ、ヘブライ語の旧約聖書をも、そしてギリシャ語の新約聖書とそれに属するラテン語ウルガタ訳をもの写しをがあった。

その討論会では全くツヴィングリが輝き牛耳りそして彼の敵対者は凄く実に全く悪く見えた。その討論会の終わりに向けて村落の個人は立ちあがってそして言った”もしツヴィングリに対して少しの一つも否定するものが無いのであればそれなら彼は正しく、間違って居るのは(:ローマ教導者教会側の)司教だ”と。

1,523年、7月14日、その67箇条が彼らの説明と共にツヴィングリによって出版され印刷者はFroschauerである。

條文[編集]

1-誰でも福音を言うことが出来るし教会の制裁は他でも無いのは何も無いし、誤りが他でも無いしそして冒瀆することは他でも無いのは何も無いのである。

2-福音の概要はそのわたしたちの主キリスト、真の子で、彼の父からわたしたちの為に造られたそして死から買い戻しそして彼の潔白さによって神は一致させる。

3-それから、キリストはただ一つの道を全ての誰にでも、今でもか、または将来でもかに救いとなられた。

4-誰でももう一つの扉を求める点で、間違いをし、本当に、彼は魂の殺人者と盗人に間違いをした。

5-そこから、すべて彼の福音よりも高い者(僧職教導職者)が等質の教えの他を見做すのは間違いである、彼らは福音を知らないからである。

6-キリスト・イエスは案内人であり頭である、神の約束によって人間の血統の全体が与えられた。

7-彼は彼の体のすべての信者に対し永遠の救い主(キリストは)となられた、死と彼の少しの別々のも行い得ない。

8-この追随者のために、すべての初めて、それはすべての(教会の)会員のかしらに生きている者と神の子供たちの。そしてこれは聖徒の交わりの教会である、キリストの花嫁であり、カトリックの会衆である。

9-それは追随者を、その肉体の会員を彼らを取り仕切るかしらなしに少しも二次的に行えないのである、キリストがかしらで、そうそれはキリストなしに少しも行うことがキリストの体の中で少しも出来ないのである。

10-個人がかしら(ローマ教皇代理キリスト)無しに何かをする結果彼の体の会員はその時不安で取り乱すであろう、彼ら自身が損害の不利と傷つけと涙は、そうキリストの会員が不安で取り乱す、愚かな法律と一緒に彼ら自身が重荷となり(ローマ僧職、万民一般僧職者職背教者に)撃ち叩かれる、彼らはキリストの他に何も引き受けることが決して無いからである、キリストが彼らのかしらである。

11-このわたしたちの観る所から彼らの壮観なすべてと一緒の僧職者と呼ばれるものは偶像である、富んでいる、すべての法と表題とはその場合は不正である;それで彼らの行いは少しの道でもかしら(キリスト)に調和一致してい無い。

12-このように彼らはまだなお好意的に激賞するが、頭の算段ではそうで無い(後者のために-神の恩寵によって-わたしたちの時代に取り上げる試みに熱心に一つを)、しかし彼らは少しももっと激怒を認めないで、しかし強さもするし、少し幾分かもするし、ただ一つのかしらに注意することもする。

13-わたしたちは決して与えられた(ローマ僧職者の)言葉に注意を払うことは無い、わたしたちは純粋な明らかな神の御意志に関する知識を獲得し(聖書のみによって)そして彼の聖霊に引き伸ばされ彼のように変形されて迄も。

14-それですべてのクリスチャンは彼らのキリストの福音書の教えだけ(聖書のみ)によってすべてのそこから彼らの最大限を行なうことであろう。

15-わたしたちの救いの福音と同じことを信じ、信じないことについて、わたしたちの地獄(絶滅)に;すべての真理の明らかなその中に。

16-福音にわたしたちが人間性の教えを学び、そして救いに聖像は何の役にも立たない。

17-そのキリストは一人の永遠なる高い祭司である;このわたしたちからは彼は高い祭司の振りをするかもしれないが(ローマ教皇および僧職階級者は)、キリストの大能の力と誉れ(の立場)に対立するかもしれないが;ほんとうに、彼らは(僧職階級者は)それを拒絶する。

18-そのキリストはただ一度の犠牲をもって彼自身は申し出てすべての信者の罪のために払う効力と引き続きの;この追随のミッサは犠牲ではなく(繰り返し犠牲は捧げられ無い、オールアットワンスの一回である)、しかしわたしたちに公約されたキリストの贖罪の封印と犠牲の記念(:の表象説)である。

19-そのキリストはわたしたちと神との間の仲介者である(司祭無しで)。

20-その神は彼のお名前(ヱホバ神?)を総ての事がらを欲しわたしたちに与える、それの追随はわたしたちが必要なこれから他の仲介者(他の仲介者、神への妨害の)では無くしかし彼は今の時より超えてである(時と予定と言う問題で、真の崇拝の回復を待つ、神の恐るべき決断はルーテル派(奴隷意志論)で良いのは時が来てい無いからである)。

21-わたしたちは祈る時一つと他のここで地上で、わたしたちはすべてのわたしたちに与えられた事柄が(仲介調停者)キリストお一人を通して信頼すべきことを行なう。

22-キリストはわたしたちの正義である。このわたしたちから彼らのキリストの善き言葉(聖書の福音書に含まれる)をする限りでは(正しい)結論を下すことが出来る;しかし彼ら(僧職階級)はわたしたちのする限りでは、彼らは(聖書的な)正しいことも悪しきことも出来無い。

23-キリストは富を拒絶したそしてこの世の華やかさも。このそれらの彼ら自身の貪欲と理不尽な秘密裏の口実に使う彼らからその名前を非常に誹謗した己れ自身のため集め上げた富(教会の富)であることからわたしたちは結論を下すことである。

24-すべてのクリスチャンが自由の少しの働きからも神は誡めない(何事もそれを汚れていると認めない限り汚れてい無い)そしてすべての時に何でも食べることを許した(金曜日の肉食も?)。このわたしたちはそれからローマの不正手段から出たチーズとバターの関係した天命秩序配順列を学ぶ。

25-時と場所をクリスチャンは提唱した悪徳犯罪の普遍的ではないことを(教皇さま偉い);これから私たちはそれらの足かせ(カトリックのウルガタ訳でも)の範囲でその時にそしてその場所に学ぶ、彼らのクリスチャンの(信教の)自由を彼らは奪う。

26-何もこの偽善よりはももっと神は喜びとはしない、これからわたしたちは全てを学び善き振りをすることも人の目に完全な偽善と醜聞を、この適用の(このローマ教会の特徴の)法衣と勲章と剃髪とを、エトセトラ。

27-すべてのクリスチャンはキリストに於ける兄弟で一人の他の誰も地上にいない父を呼ぶことは地上に昇進する負い目を負っていた。この宗教的な配列(聖定)の、分派の非合法な集めることをはゼロしか持って来ない(予定説は自身の意志と報いがゼロ?!)。

28-何でも神は合法の禁じられないものを許可した(聖書の御言葉を)。このわたしたちはそれから学びそれを適切に誰とでも結婚する(して共に主(ヱホバ)の道に歩みたい?祈り続けてもらう)。

29-そのすべてのそれらはわたしたちは霊的な罪だと呼ぶ、その時神を発見するが認めない彼らは純潔に留まり得ることが出来る、彼らはそれにも拘らず彼ら自身結婚式を通してそれを防御しない(結婚が霊的な罪であるか)。

30-それらは彼が純潔で子供のような或いはバカのように下にとてもたくさん誓うので。わたしたちはそのような誓いを受け入れることを少しもの人(ローマ僧職者階級)から学び、不正行為を善き人々に行なう(が神のダイレクトな裁きの支配下で)。

31-非公開で無い少しの人も禁止を負わせ、教会を除いてi,e,それらの間の交わりは彼が破門されて生きる、一緒にそれの保護者と、i,e,奉仕者も。

32-ただ一人のも個人は公けの違反の原因を禁じられている。

33-わたしは入手しよう回復しない(宗教の)彼らの最も正しい持ち主は、教会堂を与えられ無いし、回廊も、修道僧も、祭司も、尼僧も、しかし貧しい者(:は与えられる。)

34-霊的な(僧職教導者の)創始者はそう(尊称で)呼ばれる、キリストの教えの基礎原則のその壮観の正義が出来ずにも。

35-しかしこの世の権威者(俗政府恩人)は容認と強さのうちにキリストの働きの教えを引いて来る(世俗の政府と提携?)。

36-すべての権威ある裁判官と正義の行政(俗政府)は、彼らを祭司的な相応しい財産をそれ自身、クリスチャンが探し求める限りでは全く現世の権威に属する(キリスト教俗世界教会)。

37-その上に、すべてのクリスチャンは、除外無しに彼らに従順である。

38-すべてのクリスチャンは例外なしに彼らからおかげを賜わり、彼らに従順である。

39-その上にすべての彼らの法は神的意志に従がいそう保護されるために彼らは迫害された個人は(背教者からの打ち叩き)、彼は充電させるために横たわる行動をしない。

40-彼らはただ一つ死と言う刑罰の目的に課されたそしてそれらは公けの罪(公同教会)に与えられ、そこから神の怒りを被ること無しによって、最も彼は幾らかの何かの他の戒めでなければ(:罪の報いは死である)。

41-そして彼らは忠告を提供される時それらを神の御前で算段しなければならない、それらを彼らが肉体的支持をしなければならない義務(教会税、タイズ)のある中を巡る。

42-彼らはそしてキリストの教えによって行動しないか不忠実に成って来ないか、彼らは神の御名を証言するであろう(聖徒の永遠堅持、信仰後退者の戻って来ようとするヱホバの御名呼び)。

43-手短に、ただ一人神と一緒の支配がひとりの支配権(キリストは)を最も善くそして最も安定したものにする;しかし彼自らの思い付きによって彼は一人の支配の支配権(教皇権の)であり、最悪のそして最も不安なものである。

44-神の霊と真理において(真理を)叫ぶ真の崇拝者は、人々の前に少しのも騒々しいもの(俗世界疎外)を他にして。

45-偽善者(僧職階級)は彼らの働きをすることを人々によって見られる、彼らはこの世界の報酬(お金)を受ける。

46-大きな騒々しさ、真の忠誠無しにそしてお金のためだけに働き(僧職者階級は)、人間的な賛美を求める(偽善の)こととその他の物質のもの(お金とか、名誉声とか)を得ることのどちらかであるからこのように詠唱して追随する。

47-一人の個人はクリスチャンの不名誉さを幾分か肉体的な死で打ち殴り苦しみを忍ぶことであろうか(背教者から打ち叩かれる、忠実の真の崇拝者は)。

48-一人の人は病弱によるか無学にして、少しも原因無しに反則を取る傾向にあり、無学か左に弱いのでは無い(僧職階級は)。それどころか、彼はすべての罪深いこと無しに全く罪深いと見做さずそれを強化するだろう。

49-わたしは司祭が妻を得ることを禁ずるよりも大きな罪が無いことを知っている、今は未だ彼らが売春に従事することを許可する。

50-神はただ彼の独り子イエス・キリストを通して罪から放免される事、わたしたちのただ一人の主である方を通して。

51-誰でもこの創造の事と見做す、神で無い者から彼に一つを与えることもそして誉れを神から強奪することも。これは全くの純然たる偶像崇拝である。

52-そこから、司祭に告白(告解)することも、かまたは同胞に罪のゆるしを仲裁して貰わないであろう、しかし(ツヴィングリは)ただ全く助言されること(象徴説の話しの持ち掛けとか、真(まこと)の宗教はまことのクリスチャンの宗教とか)を求めている。

53-人間の勧告から引き出す罪滅ぼしの働きを課す(告解によって)--禁令とすることの例外と一緒に。彼らは罪を(定期的に告解によって罪を繰り返す)取り去ることをせずそしてただその他の罪を辞めさせることを課すこともしない。

54-キリストはすべての苦痛の労苦を運ばれた。そこから誰でもキリストをただひとりの罪滅ぼしの働きにして彼の原因に帰する(キリストの贖罪)ことにした。間違いと(:聖霊)冒瀆も神に帰する事(復讐するは神にあり)にした。

55-誰でも個人が後悔している少しもの罪も赦されることを断るが(復讐だと)、神及びペテロの名前によって事実上の反対は出来ない(罪の刑罰は償えと)が、しかし悪魔はそれをする(罪の促進の報いの絶滅をを面白そうに、また一人滅びる奴が増えたとな、人類全部を神から引き離せると)。

56-誰でも罪の確信していることをただお金のためだけで赦(ゆる)すことが、シモン(聖職売買:サイモニー)、バラム、そして悪魔の使いなどはそれに追随している。

57-真の聖書は生命の後の煉獄について何も知らない。

58-それらの死の宣告は神だけが知っている。

59-そして神無しにはそれについて(聖像、聖画)知ることを許すが、わたしたちはそれについて知ることを(聖書によるイコノクラスム:聖像破壊を)引き受けよう。

60-その個人は、死に関係して出る時、神を彼らの慈悲によって呼ぶこと(神の御名ヱホバ)を示すが、わたしは不賛成では無い。しかし条件としてこの人では無く時とをこの得る目的でしかしひどく虚言をする時(口先の御名神崇拝のユダヤ人みたいに)は不賛成である。

61-彼ら自身がふさわしい司祭が拭い去れない(不滅の罪の)特色を持つ最近の時があるが、聖書は(僧職者階級がコンスタンチン教会公認以来の霊感無しでローマ司祭職人間が)全てを知ることが何も無いとする(:しかし一般祭司職に神の霊感の裁きはあるとする(象徴説の話しとか):聖書を読み理解し偶像仏教不可知論では無いので)。

62-それらは聖書は司祭無しではもう一方で、神の御言葉として(それのみを)宣言される方がましである。

63-彼らは(僧職階級は)神の御言葉を宣言しているが、わたしたちに聖書は彼らの肉体の食料として与えられることによって尊敬するように見せ努力している(と聖書は虚飾していると教える)。

64-すべてのそれらの知識と彼らの違反(カトリックやプロテ……三位一体地獄煉獄予定説の枷(かせ))が、修正させることを力によってさせない、しかし平和のうちに死ぬ事のままにさせて置く(ツヴィングリの運命?)、そして彼らの才能資質(アルミニヤン修正主義)はその時クリスチャンの霊を行政執行する。

65-それらの彼の違反を見分ける意志して、神によって一緒に大いに意志し、そこから、彼らの(神秘)体(教会)無しでは、暴力行為が無い。場合も無い、彼らはそれをほかにして趣味の悪い流行でそのように(教会のように)振舞う。

66-すべての彼ら自身が直ちに教役者は慎ましく彼ら自身は直立性で優れている、そしてキリスト御一人(おひとり)の十字架の真っ直ぐ立てたそしてお金の箱無しによっては。さもなければ(寄付無ければ)彼らは死に滅びる;木の横に棒の斧を横たえる(実を結ばない木を切り倒す)。

67-誰でも見積もりに関心あるわたしと一緒に会合の話し合いを持ちたい(和解の会合で、リシャルト・デリク・コウルンヘルトの一般信徒のような主張も受け入れる、象徴説を受け入れたみたいに)、什一の、バプテスマを受けていない子供の(ような)者たちと、かまたは承認確認の、わたしは自分自身の意志で返答して宣言すると約束する(約束(遺言、意志)する、チューリッヒ系のアルミニウス主義派生で、キリストの支配下であるが)。

出典[編集]


この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。