飼葉桶の中の犬

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


1匹の犬が飼葉桶の中で横になり、用意された干し草を雄牛たちが食べようとすると、唸ったり咬み付いたりして邪魔をした。「何とわがままな犬だろう!」 1頭の雄牛が仲間に言った。「あいつは干し草を食べることもできないし、干し草の中で眠ることもできない。それなのに、干し草を食べることのできる俺達には食べさせようとしないなんて」。

人は往々にして、己に無いものを持っている他者を妬む

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。