韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について (平成30年12月21日)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について[編集]

平成30年12月21日
防衛省


 12月20日(木)午後3時頃、能登半島沖において、韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦から、海上自衛隊第4航空群所属P-1(厚木)が、火器管制レーダーを照射された。
Gwanggaeto the Great class destroyer (taken by JMSDF P-1).jpg
韓国海軍艦艇「クァンゲト・デワン」(971)

(参考)艦艇の性能要目等(出典:JANE'S FIGHTING SHIPS '18~'19)[編集]

艦 種 クァンゲト・デワン(KDX-1)級駆逐艦
排水 3,917トン(満載)
全長、全幅、喫水 135.4×14.2×4.2m
主要兵装 HARPOON×8(4連装発射機×2)
SEA SPARROW Mk48 VLS×16セル
127mm単装砲×1
30mm Goalkeeper(CIWS)×2
324mm 3連装魚雷発射管×2
Super Lynxヘリコプター×1
機 関 CODOG(コンバインド・ディーゼル・オア・ガスタービン)
ディーゼル主機×2
ガスタービン主機×2
速 力 30ノット
配備数 3隻