韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について (平成30年12月21日)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について[編集]

平成30年12月21日
防衛省


 12月20日(木)午後3時頃、能登半島沖において、韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦から、海上自衛隊第4航空群所属P-1(厚木)が、火器管制レーダーを照射された。
Gwanggaeto the Great class destroyer (taken by JMSDF P-1).jpg
韓国海軍艦艇「クァンゲト・デワン」(971)

(参考)艦艇の性能要目等(出典:JANE'S FIGHTING SHIPS '18~'19)[編集]

艦 種 クァンゲト・デワン(KDX-1)級駆逐艦
排水 3,917トン(満載)
全長、全幅、喫水 135.4×14.2×4.2m
主要兵装 HARPOON×8(4連装発射機×2)
SEA SPARROW Mk48 VLS×16セル
127mm単装砲×1
30mm Goalkeeper(CIWS)×2
324mm 3連装魚雷発射管×2
Super Lynxヘリコプター×1
機 関 CODOG(コンバインド・ディーゼル・オア・ガスタービン)
ディーゼル主機×2
ガスタービン主機×2
速 力 30ノット
配備数 3隻


この著作物は 政府標準利用規約(第2.0版)に準拠したウェブサイトの規約に定める条件下で利用することができます。 政府標準利用規約(第 2.0 版)が適用されるコンテンツでは「クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際」と互換性がある旨明記されています。

 

この文書は、クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際ライセンスの下で利用を許諾されています。