青木繁書簡 明治38年 梅野満雄宛(二)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

    月曰不明

    野滿雄樣

 野滿雄兄

                                     靑木拜

    十六日

前略陳金三圓は合被成下問敷哉 甚だ失禮に候へ共昨今病臥にて不自由仕候

プレラフアエリズム書未だ到着不致全󠄁快次第往訪持參可致候

プレラフアエルペンチングと稱する書心當有之候 これも全󠄁快次第 餘ハ拜眉の上

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。