雪の進軍

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


歌詞[編集]

1
ゆき進軍シングン こほりんで
何處どこかはやら みちさへれず
うまたふれる てゝもおけず
此處こゝ何處いづこぞ みなテキくに
まゝ大膽ダイタン 一服イップクやれば
たのすくなや 煙草たばこ二本ニホン
2
かぬ乾魚ひものに ハンめし
なまじ生命いのちの あるうち
こられない さむさの焚火たきび
けぶはずだよ 生木なまきいぶ
しぶかほして 功名コウミョウばなし
「すい」とふのは 梅干うめぼひと
3
のみのまゝ 氣樂キラク臥所ふしど
背嚢ハイノウまくらに 外套ガイトウかぶりや
せなぬくみでゆきけかゝる
夜具ヤグ黍殻きびがら シッポリれて
むすびかねたる 露營ロエイゆめ
つきつめたくかほのぞきこむ
4
いのちさゝげて てきたゆゑ
ぬる覺悟カクゴで 突喊トッカンすれど
武運ブウンつたなく にせねば
義理ギリからめた 恤兵ジュッペイ眞緜まわた
そろりそろりと くびめかゝる
どうせかして かへさぬもり


この著作物は、1940年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。