陸海軍軍人に賜はりたる勅諭

提供: Wikisource
移動: 案内検索

○達乙第二號(一月四日)

陸 軍 全 部

本日別紙之通 勅諭有之候條右寫相添此旨相達候事(東京鎮臺士官學校敎導團ヘハ「勅諭本書ハ追テ可相渡候事」ノ但書ヲ加フ參謀本部監軍本部近衛局ヘ通牒尤近衛局ヘハ但書ノ趣意ヲ加フ)

 (別紙)

 勅 諭 寫

我國わがくに軍隊ぐんたい世々よヽ天皇てんのう統率とうそつたまところにそあるむかし神武天皇じんむてんのうつから大伴物部おほともものヽべつはものともをひき中國もろつくにのまつろはぬものともをたひらたま高御座たかみくらかせられて天下あめのしたしろしめしたまひしより二千五百有餘年いうよねん此間このあひださまうつかはるにしたがひて兵制へいせい沿革えんかくまたしばなりきいにしへ天皇てんのうつから軍隊ぐんたいひきたま御制おんおきてにてときありては皇后くわうごう皇太子くわうたいしかはらせたまふこともありつれと大凡おほよそ兵權へいけん臣下しんかゆだたまふことはなかりき中世なかつよいたりて文武ぶんぶ制度せいどみな唐國風からくにぶりならはせ六衞府ろくゑふ馬寮めりやう防人さきもりなとまうけられしかは兵制へいせいとヽのひたれとも打續うちつヾける昇平しようへいれて朝廷てうてい政務せいむやうやく文弱ぶんじやくながれけれは兵農へいのうおのつからふたつわかいにしへ徴兵ちようへいはいつとなく壯兵さうへい姿すがたかはつひ武士ぶしとなり兵馬へいばけん一向ひたすらその武士ぶしともの棟梁とうりやうたるものみだれとも政治せいぢ大權たいけんまた其手そのておよそ七百年のあひだ武家ぶけ政治せいぢとはなりぬさまうつかはりてかくなれるは人力ひとのちからもて挽回ひきかへすへきにあらすとはいひなからかつ我國體わがこくたいもどかつわがそそう御制おんおきてそむたてまつ淺間あさましき次第しだいなりきくだりて弘化こうくわ嘉永かえいころより徳川とくがは幕府ばくふ其政そのまつりごとおとろあまつさへ外國ぐわいこくことともおこりて其侮そのあなどりをもけぬへきいきほひせまりけれはちんおほぢのみこと仁孝天皇にんかうてんのう皇考ちヽのみこと孝明天皇かうめいてんのういたく宸襟しんきんなやまたまひしこそかたじけなくもまたかしこけれしかるにちんいとけなくして天津日嗣あまつひつぎけしはじめ征夷大将軍せいいたいしやうぐん其政權そのせいけん返上へんじやう大名小名だいみやうさうみやう其版籍そのはんせき奉還ほうくわんとしすして海内一統かいだいいつとうとなりいにしへ制度せいどふくしぬこれ文武ぶんぶ忠臣ちゆうしん良弼りやうひつありてちん輔翼ほよくせる功績いさをなり歴世れきせいそそうもはら蒼生さうせいあはれたまひし御遺澤ごゆゐたくなりといへともしかしながら我臣民わがしんみん其心そのこヽろ順逆じゆんぎやくことわりわきま大義たいぎおもきをれるかゆゑにこそあれされは此時このときおい兵制へいせいあらた我國わがくにひかり耀かヾやかさんとおもこの十五年かほど陸海軍りくかいぐんせいをはいまさま建定たてさだめぬそれ兵馬へいば大權たいけんちんふるところなれは其司々そのつかさをこそ臣下しんかにはまかすなれ其大綱そのたいかうちんみづからこれあへ臣下しんかゆだぬへきものにあらす子々孫々しヽそんいたるまてあつ斯旨このむねつた天子てんし文武ぶんぶ大權たいけん掌握しやうあくするのぞんしてふたヽび中世以降ちゅうせいいこうごと失體しつたいなからんことをのぞむなりちん汝等なんぢら軍人ぐんじん大元帥たいげんすゐなるそされはちん汝等なんぢら股肱ここうたの汝等なんぢらちん頭首とうしゆあほきてそ其親そのしたしみことふかかるへきちん國家こくか保護はうごして上天しやうてんめぐみおうそそうおんむくいまゐらすることるもさるも汝等なんぢら軍人ぐんじん其職そのしよくつくすとつくさゝるとにるそかし我國わがくに稜威らいづふるはさることあらは汝等なんぢらちん其憂そのうれひともにせよ我武わがぶ維揚これあがりて其榮そのえい耀かヾやかさはちん汝等なんぢら其譽そのほまれともにすへし汝等皆なんぢらみな其職そのしよくまもちん一心ひとつこヽろになりてちから國家こくか保護はうごつくさは我國わがくに蒼生さうぜいなが太平たいへいさいはひ我國わがくに威烈ゐれつおほい世界せかい光華くわうくわともなりぬへしちんかくふか汝等なんぢら軍人ぐんじんのぞむなれはなほ訓諭おしへさとすへきことこそあれいてやこれへむ

一 軍人ぐんじん忠節ちゆうせつつくすを本分ほんぶんとすへしおよそせい我國わがくにくるものたれかはくにむくゆるのこヽろなかるへきして軍人ぐんじんたらんもの此心このこヽろかたからてはものいようへしともおもはれす軍人ぐんじんにして報國ほうこくこヽろ堅固けんごならさるは如何程いかほど技藝ぎげいじゆく學術がくじゆつちやうするもなほ偶人ぐうじんにひとしかるへしその隊伍たいごとヽの節制せつせいたヾしくとも忠節ちゆうせつぞんせさる軍隊ぐんたいことみて烏合うごふしゆうおなじかるへしそも國家こくか保護はうご國權こくけん維持ゆゐぢするは兵力へいりよくれは兵力へいりよく消長せうちやうこれ國運こくうん盛衰せいすいなることをわきま世論せいろんまどはす政治せいぢかヽはらす只々たヾ一途いちづおのれ本分ほんぶん忠節ちゆうせつまも山嶽さんごくよりもおも鴻毛こうもうよりもかろしと覺悟かくごせよ其操そのみさをやぶりて不覺ふかく汚名をめいくるなかれ
一 軍人ぐんじん禮儀れいぎたヾしくすへしおよそ軍人ぐんじんには上元帥かみげんすゐより下一卒しもいつそついたるまて其間そのあひだ官職くわんしよく階級かいきふありて統屬とうぞくするのみならす同列同級どうれつどうきふとても停年ていねん新舊しんきうあれは新任しんにんもの舊任きうにんのものに服從ふくじうすへきものそ下級かきふのものは上官じやうくわんめいうけたまはることじつたヾちちんめいうけたまはなりと心得こころえおのれ隷屬れいぞくするところにあらすとも上級じやうきふもの勿論もちろん停年ていねんおのれよりふるきものにたいしてはへて敬禮けいれいつくすへしまた上級じやうきふもの下級かきふのものにむかいさヽか輕侮驕傲けいぶけうがう振舞ふるまひあるへからす公務こうむため威嚴ゐげんしゆとするとき格別かくべつなれとも其外そのほかつとめてねんごろ取扱とりあつか慈愛じあい專一せんいち心掛こヽろが上下一致しやうかいつちして王事わうじ勤勞きんらうせよもし軍人ぐんじんたるものにして禮儀れいぎみだかみうやまはすしもめぐますして一致いつち和諧くわかいうしなひたらんにはたヾ軍隊ぐんたひ蠧毒とどくたるのみかは國家こくかためにもゆるしがた罪人ざいにんなるへし
一 軍人ぐんじん武勇ぶいゆうたふとふへしそれ武勇ぶいゆう我國わがくににてはいにしへよりいともたふとへるところなれは我國わがくに臣民しんみんたらんもの武勇ぶいゆうなくてはかなふましして軍人ぐんじんたヽかひのぞてきあたるのしよくなれは片時かたとき武勇ぶいゆうわすれてよかるへきかさはあれ武勇ぶいゆうには大勇たいいゆうあり小勇せういゆうありておなじからす血氣けつきにはやり粗暴そばう振舞ふるまひなとせんは武勇ぶいゆうとはがた軍人ぐんじんたらむものはつね義理ぎりわきま膽力たんりよく思慮しりよつくしてことはかるへし小敵せうてきたりともあなどらす大敵たいてきたりともおそれすおのれ武職ぶしよくつくさむこそまこと大勇たいいゆうにはあれされは武勇ぶいゆうたふとふものは常々つねひとまじはるには温和おんくわ第一だいいちとし諸人しよにん愛敬あいけいむと心掛こヽろがけよよしなきいゆうこのみて猛威まうゐふるひたらははて世人よのひと忌嫌いみきらひて豺狼さいらうなとのごとおもひなむこヽろすへきことにこそ
一 軍人ぐんじん信義しんぎおもんすへしおよそ信義しんぎまもることつねみちにはあれとわきて軍人ぐんじん信義しんぎなくては一日いちじつ隊伍たいごうちまじりてあらんことかたかるへししんとはおのれこと踐行ふみおこなとはおのれぶんつくすをいふなりされは信義しんぎつくさむとおもはゝはじめより其事そのことへきかへからさるかをつまびらか思考しかうすへし朧氣おぼろけなること假初かりそめうべなひてよしなき關係くわんけいむすのちいたりて信義しんぎてんとすれは進退しんたいきはまりてどころくるしむことありゆとも其詮そのせんなしはじめ能々よくこと順逆じゆんぎやくわきま理非りひかんか其言そのこと所詮しよせんむへからすと其義そのぎはとてもまもるへからすとさとりなはすみやかとヾまるこそよけれいにしへよりある小節せうせつ信義しんぎてんとて大綱たいかう順逆じゆんぎやくあやまある公道こうだう理非りひ踏迷ふみまよひて私情しじやう信義しんぎまもりあたら英雄豪傑えいゆうがうけつともかわざはひほろぼかたねうへ汚名をめい後世のちのよまてのこせること其例そのためしすくなからぬものをふかいましめてやはあるへき
一 軍人ぐんじん質素しつそむねとすへしおよそ質素しつそむねとせされは文弱ぶんじやくなが輕薄けいはくはし驕奢華靡けうしやくわびふうこのつひには貪汚たんをおちいりてこヽろざし無下むげいやしくなり節操せつさう武勇ぶいゆう其甲斐そのかひなく世人よのひとつまはしきせらるゝまでいたりぬへし其身そのみ生涯しやうがい不幸ふかうなりといふも中々なかおろかなり此風このふうひとたひ軍人ぐんじんあひだおこりては傳染病でんせんびやうごと蔓延まんえん士風しふう兵氣へいきともおとろへぬへきことあきらかなりちんふかこれおそれてさき免黜條例めんぢゆつごうれい施行しかうほヾ此事このこといましきつれとなほ其悪習そのあくしふいでんことをうれひて心安こヽろやすからねはことさらまたこれをしふるそかし汝等なんぢら軍人ぐんじんゆめこの訓誡おしへ等閑なほざりになおもひそ

みぎごう軍人ぐんじんたらんものしばしゆるかぜにすへからすさてこれおこなはんにはひとつ誠心まごヽろこそ大切たいせつなれそもこのごうわが軍人ぐんじん精神せいしんにしてひとつ誠心まごヽろまたごう精神せいしんなり心誠こヽろまことならされは如何いかなる嘉言かげん善行ぜんかうみなうはへの裝飾かざりにてなにいようにかはつへきこヽろたにまことあれは何事なにごとるものそかししてやこのごう天地てんち公道人倫こうだうじんりん常經じやうけいなりおこなやすまもやす汝等なんぢら軍人ぐんじんちんをしへしたがひて此道このみちまもおこなくにむくゆるのつとめつくさは日本國にほんこく蒼生さうせいこぞりてこれよろこひなんちん一人いちにんよろこびのみならんや

明治十五年一月四日

御 名


PD-icon.svg この文書は、日本国著作権法13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。
  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
Flag of Japan.svg