通俗正教教話/十誡の第一誡命

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

じっかいだいいちかいめい[編集]

<<われしゅなんぢかみなりわれほかなんぢかみあるなし>>

問 このじっかいの第一かいめいの『われしゅなんぢかみなり』とことばもつしゅわたくしども人間にことしめしになったので御座いますか。

答 神様はじつこのことばもつひとびとおのれいかなるものなるかをおしめしになりひとびとしゅなるまことかみらねばならぬことをおめいじになったので御座います。

問 それではこのいましめしたがってまことの神様のことをわきまへるにはいかがいたしたならばよろしいので御座いませうか。

答 それにはふだんからこころけてすこしでもおほく神様のことをろうとこころざし、くわいだうまうでて神様のことをばかりでなくいへかへってもせいしょとか、せいじんおろしたしょもつとかをつとめてやうにしてつねこころから『かみさま』とふことをはなさぬやうにさへすれば神様のことはおのづかわかってるので御座います。

問 『われほかなんぢかみあるなし』とことばふことをおめいじになったことばで御座いますか。

答 それわたくしどもいっしんらんまことの神様にこころけてそれごころからあがうやまはねばならぬとふことをおしめしになったことばで御座います。

問 それでは神様をごころからあがうやまふにはことをしたならばよろしいので御座いませうか。

答 それにはづ第一に神様をごころからしんかうし、第二にはわたくしどもなにことおこなひまするときにはいつでもちょう自分がすべてをぞんじである神様のおんまへるやうなおもひもつことおこなひ、第三には神様をおそうやまひ神様のいかりれぬやうつとめ、第四には神様をたのみ、第五には神様をこころからしたひ、第六には神様のめいれいならばたとへそれぶんはなくともそれぜったいふくじうし、第七には神様をあがうやまひ、第八には神様のおんとくたたへ、第九には神様がわたくしどもくださおんめぐみを神様に感謝し、第十にはつねに神様のおんこころからはなさずなにごとをなすにも神様のみなもつはじむるやうにすれば神様をうやまふことがりっぱできるので御座います。

問 じやうのことはすべて、こころけでたならば神様をじゅうぶんあがうやまふことができますかそのことおしへたもので御座いませうが、ほかにはわたくしどもが神様をうやまときこころくべきことはいので御座いますか。

答 いえだ御座います、それこころなかこころがけでなくはばそとことでは御座いまするがしかまことに神様をうやまはんとするひとにはぜひともこのことをもあはおこなはねばなりませぬ、そのおこなひもうしまするのは第一に神様のみなひとびとあひだひろめることでこれめにはいかなるこんなんをもしのばなければなりませぬ、第二には教会のさだめたたうねっしんあづかり、そのそくしきとをかたまもることで御座います。

問 それではじっかいの第一かいめいもとつみもうしまするとつみで御座いますか。

答 それつぎやうつみで御座います、このやうつみわきまへますればいっそうく第一かいめいいみあきらかになるので御座います。
づ第一はしんろんもうしましてひとかみることをみとめずかみものるなどとふことなので御座います、そのやうなことをひとたいていわるおこなひをするひとで、かみみとめぬことは第一かいめいもとつみうちでもなかなかだいざいで御座います、第二はしんろんただひとつまことかみへてしゅじゅさまざまなかぶったいいただいてかみとすることで御座いますつみクリスチヤニンしんじない日本人にはなはおほつみで御座います、第三ははくしんもうしましてひとが神様のることはしんじててもその神様のおんいましめやおしめししんじないことで御座います、第四はたんもうしまして、まことかみおしへに神様のむねはぬひとかんがしたいつはりおもひくはへることで御座います、第五はけうもうしまして教会でおしへてりまするただしいしきやぶってほしいままそのしきくはへをすることで御座います、第六は、はいしんひとおそれたりけんはばかったりまためいためまことおしへすてることで御座います、第七はばうもうしまして神様からとてぶんおんちようきうしょくくることができないものであるとおもんでみづかばうじきしづむことで御座います、第八はめいしんえうじゆつやらじゆつやらすべなかなるちからしんそのちからひたすらたよることで御座います、第九はもうしんもうしましてなかつうものしんりょくがあるとおもって神様にたよらず、それることで御座います、第十はたいただしきおしへくべきべんるにもかからずなまけめにそれかなかったりまたは神様にたいするたうおよつとめおこたつみで御座います、第十一はへんあいもうしましてかいものを神様よりもじやうあいごすことで御座います、第十二はあゆで神様によろこばれることをおもんばからずひとよろこばるることをねっしんつとむることで御座います、第十三はしんくわもうしまして神様のおんいつくしみたすけたのまずおのれしくはひとさいせいりょくひたすらたのむことで御座います。

問 なにゆえひとへつらまたひとちからたのむことがじっかいの第一かいめいそむいてるので御座いますか。

答 それわたくしどもひとへつらってそのひとよろこびることにきふきふとしまたひとけんせいたのんで神様をわすれてまうなればとりもなほさずわたくしどもまことの神様をててそのひとおのれかみとするにひとしいので御座います、ですからそのやうおこなひは第一かいめいはんたいするおこなひで御座います。

問 せいしょにはひとへつらひとちからをのみたのむことをなんもうして御座いますか。

答 せいしとパエルひとへつらふことのかみそむくことをもうしてります『われいまひとこころんとほっするかかみこころんとほっするか、そもそもひとよろこばしめんことをつとむるかわれなほひとよろこばしめばすなはちハリストスぼくたらざらん』(ガラテヤ一の十げんしゃエレミヤひとちからたのむことのかみはづかしむるものなることをやうもうしてりまする『しゅたまおよひとたのにくそのちからとしこころしゅはなるるひとのろはるべし』(エレミヤ書十七の五

問 わたくしどもかみたいするぎむくわんぜんつくしまするにはかくことおこなったならばよろしう御座いますか。

答 それしゅもうされましたとほなかばんうっちゃってひたすらかみことこころそそおのれてたるこくおこなひをなさねばなりませぬしゅイイスス ハリストスかつかみたいするじゅうぶんつとめをなさうとこころざしながらしかなかことれんのこしてひとりしようねんいましめてもうされましたには『なんぢくわんぜんならんとほっせばきてなんぢもちものりてひんしゃほどこしからばたからてんたもたんきたりてわれしたがへ』(馬太十九の二十一)とこれひとくわんぜんに神様にたいするつとめつくさうとおもったならばすべてのなかばんうっちゃってただかみのことばかりをかんがへなければならぬことをおしへられたことばで御座います、しゅまたおのれつことをおしへられましたには、『われしたがはんとほっするものおのれそのじふじかひてわれしたがへ』(マルコ八の三十四ここもうされてまする『十字架』とはするかくいみなので御座います。

問 おのれつとはふことで御座いますか。

答 おのれつとはすべてのよくうちころし、なかばんれんれんたることをめてことおこなふにもつねするかくもつおこなふことで御座います。

問 それではそのやうなかすべてのよくひとぜんもとめててまひましたならばわたくしどもにんげんにはほかなんたのしみるので御座いますか。

答 それには神様からくるりっぱめぐみなかたのしみよりくるなぐさみすうばいしたなぐさみるので御座います、このやうめぐみなぐさめこそくるしみわざはひやぶることのできぬもので御座いますせいしょもうして御座いますには『ハリストスくるしみわれうちぞうするがごとくのごとハリストスりてわれなぐさめぞうするなり』(コリンフ後一の五[1]このことばわたくしどもかみためくるしめばくるしむほど神様のめぐみだいおほくなるとふことをもうしたもので御座います。

問 じっかいの第一誡命がかみほかなにものをもたのんではいけないとふことをおしへて御座いますものとしましたならば教会がせいじんじんけいそのちからたのむのはすこしくこのいましめもとってりはしませんでせうか。

答 けっしてもとってはりませぬ教会がせいじんじんたのむのはけっしてせいじんじんかみとするのではなくかれうちにある神様のめぐみちからうやまかれちからりてともどもに神様をたのむので御座いまするからけっしてじっかいにはもとってりませぬ。

▼十誡の第二誡命[編集]

<<なんぢおのれためなんぐうざうをもきざからずまたかみてんものしもものならびしたみづなかものなんかたちをもつくるべからずこれをがこれつかふるべからず>>

問 第二誡命にもうして御座いまする『ぐうざう』とはなんのことで御座いますか。

答 ぐうざうとはいましめうちもうして御座いまするとほひとかみとしてあがうやまはんためつくしたいろいろすがたのことで御座います神様はじつじっかいうちの第二誡命においそのやうひとつくしたぐうざうかみとしてをがむことをきんじになったので御座います。

問 それでは正教会でとうときもちいてりまするせいざうかみかたどりえがいたものまたせいじんじんすがたえがいたるあぶらまたじうじかふもので御座いませう、そのやうなものをたうもちいてそれれいはいすることはぐうざうすうはいにならないので御座いますか。

答 けっしてぐうざうすうはいにはならないので御座います、わたくしどもそのせいざうじうじかかみとしてをがんだならばそのときぐうざうすうはいになるで御座いませうがしかし正教会でたうそれもちふるのはそれかみとしてをがむのではかみおもたすけとするのでわたくしどもせいざうじうじかこころなかきよかみこころけるので御座います、またそのせいざうじうじかたっとうやまふのはちょうわたくしどもおやしゃしんうやまそれけいれいをするとおないみなので御座います、たれおやしゃしんおじぎをしたからとてそのおやかみとしてをがんだとものは御座いますまい、わたくしどもせいざうじうじかけいれいをしましてもそれおなじでそれかみとせずかみしゃしんとしたならばけっしてぐうざうすうはいにはならないので御座います、それならばなぜほりものもちいませんかとへばほりものもすればむちものそれかみとしますやうなことができやすいもので御座いますから教会ではことこれけたので御座います。

問 それではせいざうじうじかもちいなければ教会ではたうできないもので御座いませうか。

答 もちいなくてもたうできないことは御座いません、教会ではしばしばむをときにはじうじかせいざうもなくたうをすることも御座いまするが、しかおやとかともだちとかをおもおこしてそのけんかういのるとかそのしやうとむらふとかいたしまするときそのひとしゃしんりますればいっそうそのひとおもかげしのしてふかそのひとまつることができまするとおなじでわたくしどもせいざうじうじかればいよりもいっそうよく神様をまつることができるので御座います。

問 それではせいざうまへわたくしどもっているときこころけをひとくちもうしますればことで御座いますか。

答 づ第一にぞくまったわすこころうへけて、せいざうあらはところじんのことをおもうかねっしんに神様におのれすくひねがはなければなりませぬ。

問 じっかいの第二誡命にそむつみそうしょうしてなんもうしてりますか。

答 『ぐうざうすうはい』ともうします。

問 『ぐうざうすうはい』とはそれではつちもつひとつくしたざうかみとしてをがむことばかりをもうすので御座いますか、それともほかこのつみうちれらるるつみるので御座いませうか。

答 ほかほ『ぐうざうすうはい』のつみうちかぞへらるるつみが御座います、それは『がうよく』と『しゅしょくふけること』に『がうまんめいあこがるること』で御座います。

問 なぜがうよく』が『ぐうざうををがむこと』になるので御座いますか。

答 それは『がうよく』なひとかみわすれてきんせんたからとををがいつしやうけんめいそのためほねりますからつまりきんせんぐうざうとしてをがむとおなじで御座います、せいしょにもこのこともうして御座います『どんよくぐうざうををがむなり』(コロサイ三の五

問 ではただしいみちこのひとは『がうよく』なることをなさずいかなることをなさねばなりませぬか。

答 それひとなさけこころけっぱくにしてとみたからあくせくしないやうにするので御座います。

問 なにゆえに『しゅしょくふけること』が『ぐうざうををがむこと』になるので御座いますか。

答 これやっぱしゅしょくふけひとは神様をまったわすれてただおのれくちはらよくみたためあさからばんまでほねるからで御座います、かれつまおのれはらを神様としてこれつかへてるので御座います、せいしょにももうして御座いますには『かれかみはらなり』(ヒリッピ三の十九これへますればかれしゅしょくふけひとおのれはらかみとしてをがんでるので御座います。

問 ではしゅしょくふけひとにはふことをすすめなければなりませぬか。

答 そのやうひとにはせっせいをなしものいみおこなってこころのみくひのうへのことよりはなやうすすめなければなりませぬ。

問 それでは『がうまんめいあこがるること』がうして『ぐうざうををがむこと』になるので御座いますか。

答 がうまんひとおのれさいがくもんひとまへほこおのれみづからがおのれかみとしてあがむるばかりではなくひとをしておのれおがましめんとし、『めいいたづらひと』はめいかみとしてつねをがんでりまするからぐうざうををがむことになるので御座います。

問 そのほかにはぐうざうすうはいになるつみは御座いませんか。

答 いまひとつ御座います、それは『ぜん』とってこころうちにないことおもてよそってひとそんけいひとをしてぶんをがましめやうとするおこなひで御座います。

問 それでは第二誡命にいましめて御座いまする『がうまん』と『めいあこがるること』と『ぜん』とのかはりにわたくしどもおこなひをなさねばなりませぬか。

答 へりくだりかくれたるとくひとほどこさねばなりませぬ。

脚注 [編集]

  1. 原文は「コリンフ一の五」ですが「コリンフ後一の五」に修正しました。