通俗正教教話/十誡の第一誡命

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

十誡じっかい第一だいいち誡命かいめい[編集]

<<われしゅなんぢ神也かみなりわれほかなんぢかみあるなし>>

問 この十誡じっかいの第一誡命かいめいの『われしゅなんぢ神也かみなり』とことばもつしゅわたくしども人間にことしめしになったので御座いますか。

答 神様はじつこのことばもつ人々ひとびとおのれ如何いかなるものなるかをおしめしになり人々ひとびとしゅなるまことかみらねばならぬことをおめいじになったので御座います。

問 それではこのいましめしたがってまことの神様のことをわきまへるには如何いかがいたしたならばよろしいので御座いませうか。

答 それにはふだんからこころけてすこしでもおほく神様のことをろうとこころざし、くわいだうまうでて神様のことをばかりでなくいへかへっても聖書せいしょとか、聖人せいじんおろした書物しょもつとかをつとめてやうにしてつねこころから『神様かみさま』とふことをはなさぬやうにさへすれば神様のことはおのづかわかってるので御座います。

問 『われほかなんぢかみあるなし』とことばふことをおめいじになったことばで御座いますか。

答 それわたくしども一心いっしんらんまことの神様にこころけてそれごころからあがうやまはねばならぬとふことをおしめしになったことばで御座います。

問 それでは神様をごころからあがうやまふにはことをしたならばよろしいので御座いませうか。

答 それにはづ第一に神様をごころから信仰しんかうし、第二にはわたくしどもなにことおこなひまするときには何時いつでもちょう自分がすべてをぞんじである神様のおんまへるやうなおもひもつことおこなひ、第三には神様をおそうやまひ神様のいかりれぬやうつとめ、第四には神様をたのみ、第五には神様をこころからしたひ、第六には神様の命令めいれいならば設令たとへそれぶんはなくともそれ絶対ぜったい服従ふくじうし、第七には神様をあがうやまひ、第八には神様の御徳おんとくたたへ、第九には神様がわたくしども被下くださおんめぐみを神様に感謝し、第十にはつねに神様のおんこころからはなさず何事なにごとをなすにも神様の御名みなもつはじむるやうにすれば神様をうやまふことが立派りっぱ出来できるので御座います。

問 じやうのことはすべて、こころけでたならば神様を充分じゅうぶんあがうやまふことが出来できますか其事そのことおしへたもので御座いませうが、ほかにはわたくしどもが神様をうやまときこころくべきことはいので御座いますか。

答 いえだ御座います、それこころなかこころがけでなくはば外部そとことでは御座いまするがしかまことに神様をうやまはんとするひとには是非ぜひとも此事このことをもあはおこなはねばなりませぬ、そのおこなひもうしまするのは第一に神様の御名みな人々ひとびとあひだひろめることでこれめには如何いかなる困難こんなんをもしのばなければなりませぬ、第二には教会のさだめたたう熱心ねっしんあづかり、そのそくしきとをかたまもることで御座います。

問 それでは十誡じっかいの第一誡命かいめいもとつみもうしまするとつみで御座いますか。

答 それつぎやうつみで御座います、此様このやうつみわきまへますれば一層いっそうく第一誡命かいめい意味いみ明瞭あきらかになるので御座います。
づ第一は神論しんろんもうしましてひとかみることをみとめずかみものるなどとふことなので御座います、其様そのやうなことをひと大抵たいていわるおこなひをするひとで、かみみとめぬことは第一誡命かいめいもとつみうちでも中々なかなか大罪だいざいで御座います、第二は神論しんろんただひとつまことかみへて種々しゅじゅ様々さまざまなか物体ぶったいいただいてかみとすることで御座いますつみ基督教クリスチヤニンしんじない日本人にはなはおほつみで御座います、第三は薄信はくしんもうしましてひとが神様のることはしんじててもその神様のおん誡命いましめやおしめししんじないことで御座います、第四はたんもうしまして、まことかみおしへに神様のむねはぬひとかんがしたいつはりおもひくはへることで御座います、第五はけうもうしまして教会でおしへてりまするただしいしきやぶってほしいままそのしきくはへをすることで御座います、第六は、背信はいしんひとおそれたりけんはばかったりまためいためまことおしへすてることで御座います、第七はばうもうしまして神様から到底とてぶんおんちようきうしょくくることが出来できないものであるとおもんでみづかばう自棄じきしづむことで御座います、第八は迷信めいしんえうじゆつやらじゆつやらすべなかなるちからしんそのちから只管ひたすらたよることで御座います、第九は妄信もうしんもうしましてなかつう物体ものしんりょくがあるとおもって神様にたよらず、それることで御座います、第十はたいただしきおしへくべき便べんるにもかからず怠惰なまけめにそれかなかったりまたは神様にたいするたうおよ義務つとめおこたつみで御座います、第十一は偏愛へんあいもうしましてかいものを神様よりもじやうあいごすことで御座います、第十二は阿諛あゆで神様によろこばれることをおもんばからずひとよろこばるることを熱心ねっしんつとむることで御座います、第十三はしんくわもうしまして神様のおんいつくしみ扶助たすけたのまずおのれしくはひとさいせいりょく只管ひたすらたのむことで御座います。

問 何故なにゆえひとへつらまたひとちからたのむことが十誡じっかいの第一誡命かいめいそむいてるので御座いますか。

答 それわたくしどもひとへつらって其人そのひとよろこびることに汲々きふきふとし又人またひと権勢けんせいたのんで神様をわすれてまうなればとりもなほさずわたくしどもまことの神様をてて其人そのひとおのれかみとするにひとしいので御座います、ですから其様そのやうおこなひは第一誡命かいめい反対はんたいするおこなひで御座います。

問 聖書せいしょにはひとへつらひとちからをのみたのむことをなんもうして御座いますか。

答 せい使徒しとパエルひとへつらふことのかみそむくことをもうしてります『われいまひとこころんとほっするかかみこころんとほっするか、抑々そもそもひとよろこばしめんことをつとむるか我仍われなほひとよろこばしめばすなはちハリストスぼくたらざらん』(ガラテヤ一の十言者げんしゃエレミヤひとちからたのむことのかみはづかしむるものなることをやうもうしてりまする『しゅたまおよひとたのにくそのちからとしこころしゅはなるるひとのろはるべし』(エレミヤ書十七の五

問 わたくしどもかみたいする義務ぎむくわんぜんつくしまするにはかくことおこなったならばよろしう御座いますか。

答 それしゅもうされましたとほなかばん放擲うっちゃって只管ひたすらかみことこころそそおのれてたるこくおこなひをなさねばなりませぬしゅイイスス ハリストスかつかみたいする充分じゅうぶんつとめをなさうとこころざしながらしかなかことれんのこして一人ひとりしようねんいましめてもうされましたには『なんぢくわんぜんならんとほっせばきてなんぢ所有もちものりて貧者ひんしゃほどこしからばたからてんたもたんきたりてわれしたがへ』(馬太十九の二十一)とこれひとくわんぜんに神様にたいする義務つとめつくさうとおもったならばすべてのなかばん放擲うっちゃってただかみのことばかりをかんがへなければならぬことをおしへられたことばで御座います、しゅまたおのれつことをおしへられましたには、『われしたがはんとほっするものおのれそのじふ字架じかひてわれしたがへ』(マルコ八の三十四ここもうされてまする『十字架』とはするかく意味いみなので御座います。

問 おのれつとはふことで御座いますか。

答 おのれつとはすべてのよく打殺うちころし、なかばん恋々れんれんたることをめてことおこなふにもつねするかくもつおこなふことで御座います。

問 それでは其様そのやうなかすべてのよくひとぜん要求もとめててまひましたならばわたくしども人間にんげんにはほかなんたのしみるので御座いますか。

答 それには神様からくる立派りっぱめぐみなか娯楽たのしみよりくる慰藉なぐさみ数倍すうばいした慰藉なぐさみるので御座います、此様このやうめぐみ慰藉なぐさめこそくるしみわざはひやぶることの出来できぬもので御座います聖書せいしょもうして御座いますには『ハリストスくるしみわれうちぞうするがごとくのごとハリストスりてわれなぐさめぞうするなり』(コリンフ後一の五[1]このことばわたくしどもかみためくるしめばくるしむほど神様のめぐみだいおほくなるとふことをもうしたもので御座います。

問 十誡じっかいの第一誡命がかみほか何物なにものをもたのんでは不可いけないとふことをおしへて御座いますものとしましたならば教会が聖人せいじんじんけいそのちからたのむのはすこしくこのいましめもとってりはしませんでせうか。

答 けっしてもとってはりませぬ教会が聖人せいじんじんたのむのはけっして聖人せいじんじんかみとするのではなくかれうちにある神様のめぐみちからうやまかれちからりて共々ともどもに神様をたのむので御座いまするからけっして十誡じっかいにはもとってりませぬ。

▼十誡の第二誡命[編集]

<<なんぢ自己おのれためなん偶像ぐうざうをもきざからずまたかみてんものしもものならびしたみづなかものなんかたちをもつくるべからずこれをがこれつかふるべからず>>

問 第二誡命にもうして御座いまする『偶像ぐうざう』とはなんのことで御座いますか。

答 偶像ぐうざうとは誡命いましめうちもうして御座いまするとほひとかみとしてあがうやまはんためつくした諸々いろいろすがたのことで御座います神様はじつ十誡じっかいうちの第二誡命におい其様そのやうひとつくした偶像ぐうざうかみとしてをがむことをきんじになったので御座います。

問 それでは正教会でとうときもちいてりまする聖像せいざうかみかたどりえがいたものまた聖人せいじんじん姿すがたえがいたるあぶらまたじう字架じかふもので御座いませう、其様そのやうなものをたうもちいてそれ礼拝れいはいすることは偶像ぐうざう崇拝すうはいにならないので御座いますか。

答 けっして偶像ぐうざう崇拝すうはいにはならないので御座います、わたくしどもその聖像せいざうじう字架じかかみとしてをがんだならば其時そのとき偶像ぐうざう崇拝すうはいになるで御座いませうがしかし正教会でたうそれもちふるのはそれかみとしてをがむのではかみおもたすけとするのでわたくしども聖像せいざうじう字架じかこころなかきよかみこころけるので御座います、又其またその聖像せいざうじう字架じかたっとうやまふのはちょうわたくしどもおや写真しゃしんうやまそれ敬礼けいれいをするとおな意味いみなので御座います、たれおや写真しゃしん御辞儀おじぎをしたからとて其親そのおやかみとしてをがんだとものは御座いますまい、わたくしども聖像せいざうじう字架じか敬礼けいれいをしましてもそれおなじでそれかみとせずかみ写真しゃしんとしたならばけっして偶像ぐうざう崇拝すうはいにはならないので御座います、それならば何故なぜ彫刻ほりものもちいませんかとへば彫刻ほりものもすれば無智むちものそれかみとしますやうなことが出来できやすいもので御座いますから教会ではことこれけたので御座います。

問 それでは聖像せいざうじう字架じかもちいなければ教会ではたう出来できないもので御座いませうか。

答 もちいなくてもたう出来できないことは御座いません、教会では屡々しばしばむをときにはじう字架じか聖像せいざうもなくたうをすることも御座いまするが、しかおやとか友人ともだちとかをおもおこしてその健康けんかういのるとかそのしやうとむらふとかいたしまするとき其人そのひと写真しゃしんりますれば一層いっそう其人そのひと面影おもかげしのしてふか其人そのひとまつることが出来できまするとおなじでわたくしども聖像せいざうじう字架じかればいよりも一層いっそうよく神様をまつることが出来できるので御座います。

問 それでは聖像せいざうまへわたくしどもっているときこころけを一口ひとくちもうしますればことで御座いますか。

答 づ第一にぞくまったわすこころうへけて、聖像せいざうあらはところじんのことをおもうか熱心ねっしんに神様におのれ救贖すくひねがはなければなりませぬ。

問 十誡じっかいの第二誡命にそむつみそうしょうしてなんもうしてりますか。

答 『偶像ぐうざう崇拝すうはい』ともうします。

問 『偶像ぐうざう崇拝すうはい』とはそれではつちもつひとつくしたざうかみとしてをがむことばかりをもうすので御座いますか、それともほか此罪このつみうちれらるるつみるので御座いませうか。

答 ほかほ『偶像ぐうざう崇拝すうはい』のつみうちかぞへらるるつみが御座います、それは『強慾がうよく』と『しゅしょくふけること』に『傲慢がうまんめいあこがるること』で御座います。

問 何故なぜ強慾がうよく』が『偶像ぐうざうを崇拝をがむこと』になるので御座いますか。

答 それは『強慾がうよく』なひとかみわすれて金銭きんせんたからとををが一生いつしやう懸命けんめい其為そのためほねりますから畢竟つまり金銭きんせん偶像ぐうざうとしてをがむとおなじで御座います、聖書せいしょにも此事このこともうして御座います『貪慾どんよく拝偶像也ぐうざうををがむなり』(コロサイ三の五

問 ではただしいみちこのひとは『強慾がうよく』なることをなさず如何いかなることをなさねばなりませぬか。

答 それひとなさけこころ潔白けっぱくにしてとみたから齷齪あくせくしないやうにするので御座います。

問 何故なにゆえに『しゅしょくふけること』が『偶像ぐうざうを崇拝をがむこと』になるので御座いますか。

答 これ矢張やっぱしゅしょくふけひとは神様をまったわすれてただおのれくちはらよくみたためあさから晩迄ばんまでほねるからで御座います、かれ畢竟つまおのれはらを神様としてこれ使つかへてるので御座います、聖書せいしょにももうして御座いますには『かれかみはらなり』(ヒリッピ三の十九これへますればかれしゅしょくふけひとおのれはらかみとしてをがんでるので御座います。

問 ではしゅしょくふけひとにはふことをすすめなければなりませぬか。

答 其様そのやうひとには節制せっせいをなしものいみおこなってこころ飲食上のみくひのうへのことよりはなやうすすめなければなりませぬ。

問 それでは『傲慢がうまんめいあこがるること』がうして『偶像ぐうざうを崇拝をがむこと』になるので御座いますか。

答 傲慢がうまんひとおのれさい学問がくもんひとまへほこおのれみづからがおのれかみとしてあがむるばかりではなくひとをしておのれおがましめんとし、『めいいたづらひと』はめいかみとしてつねをがんでりまするから偶像ぐうざうを崇拝をがむことになるので御座います。

問 其他そのほかには偶像ぐうざう崇拝すうはいになるつみは御座いませんか。

答 今一いまひとつ御座います、それは『ぜん』とってこころうちにないことおもてよそってひと尊敬そんけいひとをしてぶんをがましめやうとするおこなひで御座います。

問 それでは第二誡命にいましめて御座いまする『傲慢がうまん』と『めいあこがるること』と『ぜん』とのかはりにわたくしどもおこなひをなさねばなりませぬか。

答 謙遜へりくだり隠徳かくれたるとくひとほどこさねばなりませぬ。

脚注 [編集]

  1. 原文は「コリンフ一の五」ですが「コリンフ後一の五」に修正しました。