論語 (國譯漢文大成)/學而第一

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


がくじだい


一之一

子曰:「學而時習之,不亦說乎?有朋自遠方來,不亦樂乎?人不知而不慍,不亦君子乎?」

いはく、まなびてときこれならふ、またよろこばしからずや。ともありえんぱうよりきたる、またたのしからずや。ひとらずしてうらまず、またくんしならずや。〉


一之二

有子曰:「其爲人也孝弟,而好犯上者,鮮矣;不好犯上,而好作亂者,未之有也!君子務本,本立而道生;孝弟也者,其爲仁之本歟?」

いうしいはく、ひとりやかうていにして、かみおかすことをこのものすくなし。かみをかすをこのまずして、らんすことをこのものは、いまらざるなり。くんしもとつとむ、もとつてみちしやうず、かうていは、じんもとたるか。〉


一之三

子曰:「巧言令色,鮮矣仁!」

いはく、かうげんれいしよくすくなじん。〉


一之四

曾子曰:「吾日三省吾身:爲人謀,而不忠乎?與朋友交,而不信乎?傳,不習乎?」

そうしいはく、を三せいす、ひとためはかつてちうならざるか、ほういうまじはりてしんならざるか、ならはざるをつたふるか。〉


一之五

子曰:「道千乘之國,敬事而信,節用而愛人,使民以時。」

いはく、千じようくにをさむるには、ことけいしてしんようせつしてしかうしてひとあいし、たみつかふにときもつてす。〉


一之六

子曰:「弟子入則孝,出則弟;謹而信,汎愛衆;而親仁,行有餘力,則以學文。」

いはく、ていしつてはすなはかうでてはすなはていつつしんでしかうしてしんあり、ひろしうあいしてじんちかづき、おこなひてよりよくあれば、すなはもつぶんまなぶ。〉


一之七

子夏曰:「賢賢易色;事父母能竭其力,事君能致其身,與朋友交,言而有信,雖曰未學,吾必謂之學矣。」

しかいはく、けんけんとしていろかろんじ、ふぼつかへてちからつくし、きみつかへていたし、ほういうまじはり、つてしかうしてしんあらば、いままなばずとふといへども、われかならこれまなびたりとはん。〉


一之八

子曰:「君子不重則不威,學則不固。主忠信,無友不如己者,過則勿憚改。」

いはく、くんしおもからざればすなはあらず、まなべばすなはならず。ちうしんしゆとし、おのれかざるものともとすることかれ。あやまちてはすなはあらたむるにはばかることなかれ。〉


一之九

曾子曰:「愼終追遠,民德歸厚矣。」

そうしいはく、をはりつつしとほきをへば、たみとくあつきにす。〉


一之十

子禽問於子貢曰:「夫子至於是邦也,必聞其政,求之與?抑與之與?」子貢曰:「夫子溫、良、恭、儉、讓以得之。夫子之求之也,其諸異乎人之求之與!」

しきんしこううていはく、ふうしくにいたるや、かならまつりごとく。これもとむるか、そもそもこれあたふるか。しこういはく、ふうしをんりやうきようけんじやうもつこれたり。ふうしこれもとむるや、ひとこれもとむるにことなる。〉


一之十一

子曰:「父在觀其志,父沒觀其行。三年無改於父之道,可謂孝矣。」

いはく、ちちいませばこころざしちちぼつすればおこなひる。三ねんちちみちあらたむることなきは、かうし。〉


一之十二

有子曰:「禮之用,和爲貴;先王之道,斯爲美;小大由之。有所不行,知和而和,不以禮節之,亦不可行也。」

いうしいはく、れいようたつとしとす、せんわうみちれをとなす、せうだいこれるもおこなはれざるところあり。つてすれども、れいもつこれせつせざれば、またおこなはるべからざるなり。〉


一之十三

有子曰:「信近於義,言可復也;恭近於禮,遠恥辱也。因不失其親,亦可宗也。」

いうしいはく、しんちかきときは、げんきなり、きようれいちかきときは、ちじよくとほざかるなり、いんしんうしなはざれば、またそうとすべきなり。〉


一之十四

子曰:「君子食無求飽,居無求安,敏於事而愼於言,就有道而正焉:可謂好學也已。」

いはく、くんししよくかんことをもとむるなく、きよやすからんことをもとむるなく、ことくしてことつつしみ、いうだういてただす、がくこのむとひつべきのみ。〉


一之十五

子貢曰:「貧而無諂,富而無驕,何如?」子曰:「可也。未若貧而樂,富而好禮者也」。子貢曰:「詩云『如切如磋,如琢如磨。』其斯之謂與?」子曰:「賜也,始可與言詩已矣!吿諸往而知來者。」

しこういはく、まづしうしてへつらふことなく、みておごることなきは、いかんいはく、なり、いままづしうしてたのしみ、みてれいこのものかざるなり。しこういはく、いはく、せつするがごとするがごとく、たくするがごとするがごとしとは、れのいひか。いはく、や、はじめてともふべきのみ、これわうげてらいものなり。〉


一之十六

子曰:「不患人之不己知,患不知人也。」

いはく、ひとおのれらざるをうれへず、ひとらざるをうれふ。〉