装甲弾機

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


装甲弾機
萩原恭次郎

近代的都市の飛躍雑踏中に
我は装甲の強大なる弾機を見る
気まぐれなる煙りを吐き乍ら
鈍重なる無愛嬌者

彼は軍隊式に声を発し
都会の嗜好す
甘美や色彩や繊細を知らず
強い黄色の煙りを吐きちらし
都会をよごし気をわるくし
驚き易い心臓を圧迫さす

彼は弾丸や群集の心に従はない
最も真赤き野蛮な心臓をもつ
意のまゝ飽くまで
資本化した雑踏の世界に耐へ
混乱への強い強い出現!

おゝ 過敏なる女性美文明に
幅広い肩をゆるがす無愛強者
喜びも悲しみも現せない
醜い顔をして

されど彼が泣く如き
強き頑迷なる心臓の閃き!
彼が熱意!
彼が力量!
彼が破壊!
彼が創造!
彼がまことなる強力の運転!
文明への争闘!

あゝ 見る 我は現在!
巨大なる装甲の弾機!
美しき近代都市の飛躍雑踏中に