蟻の帝国

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


I.[編集]

ジェリユー艦長は、自分の新しいモニター艦ベンジャミン・コンスタン号をグアラマデマ川のバテモ腕にあるバダマに連れて行き、そこで蟻の疫病から住民を助けるよう指示を受けたとき、当局が馬鹿にしているのではないかと疑った。彼の昇進はロマンチックで不規則なものであり、ブラジルの著名な女性の愛情と艦長の潤んだ瞳がその過程に一役買っていた。「ディアリオ紙」と「オ・フトゥーロ紙」は、嘆かわしいほど無礼なコメントを出していた。

彼はクレオール人であり、礼儀作法や規律に対する考え方は純血のポルトガル人だった。船でやってきたランカシャーの技師ホロイドにだけは、英語の練習として(彼の「th」の音は非常に不確かだった)心を開いた。

「これは、私を不条理にするためのものだ」と彼は言った。蟻に対して人間ができることは何だろう?」蟻は来て、去っていくだけだ。」

「ホロイドは言った "彼らは行かない" あなたがサンボだと言ったあの男は......。」

「ザンボ;血の混じったようなものです。」

「サンボ 彼は人々が行っていると言った!」

艦長はしばらくの間、気ぜわしく煙草を吸っていた。「こういうことは起こるべくして起こるんだ」 と彼は最後に言った。「それは何だ?」蟻の災いとか、そういうのは神の思し召しだ。トリニダッドでは葉っぱを運ぶ小さな蟻が大発生したんだ。オレンジの木もマンゴーも全部だ!」それがどうした?」時々、蟻の軍隊が家にやってくることがある。あなたが行って、彼らが家をきれいにする。そしてまた戻ってくると、家はきれいになっていて、まるで新品のようです。ゴキブリもノミも、床のジガーもいないんだ。」

「サンボの野郎は、これは違う種類の蟻だと言っている」とホロイドは言った。

艦長は肩をすくめ、あせり、タバコに目をやった。

その後、彼は再びこの話題に触れた。「親愛なるホロイド君、この地獄のような蟻をどうしたらいいんだ?」

艦長は考えた。「ばかばかしい」と彼は言った。しかし、午後には制服を着て陸に上がり、壷や箱が船に戻り、その後、彼はそうした。そしてホロイドは夕方の涼しさの中で甲板に座り、深く煙草を吸いながらブラジルに驚嘆した。海から何百マイルも離れたアマゾンを6日間も遡ったところで、彼の東と西には海のような水平線があり、南には低木の房がある砂州の島があるだけだった。水はいつも水門のように流れていて、泥が厚く、ワニや鳥が飛び交い、木の幹が無尽蔵に供給されている。そしてその浪費、真っ逆さまの浪費が彼の魂を満たした。アレムケルの町は、貧弱な教会、藁葺き屋根の家、昔ながらの変色した廃墟、この大自然の中で失われた小さなもの、サハラ砂漠に落ちた6ペンスのように思えた。彼はまだ若く、これが熱帯地方を見る最初の機会だった。彼は、自然が生け垣や溝や水路を作り、完璧に服従させるイギリスからまっすぐやってきて、突然、人間のちっぽけさに気がついたのだ。6日間、彼らは海から人気のない水路を通って遡上してきたが、人間は珍しい蝶のように珍しかった。ある日はカヌーを見かけ、ある日は遠くの駅を見かけ、次の日は全く人を見かけなかった。彼は、人間は本当に珍しい動物で、この土地を不安定に支配しているに過ぎないことを認識し始めた。

日が経つにつれ、彼はそのことをよりはっきりと認識するようになり、バテモ号への悪知恵を働かせ、大きな銃を1つ支配し、弾薬を無駄にすることを禁じられているこの驚くべき指揮官に同行するようになった。ホロイドは熱心にスペイン語を学んでいたが、まだ現在形の実質的な会話の段階であり、他に英語を話せるのは黒人の罐焚き夫だけで、彼はすべて間違えて話していた。副艦長はポルトガル人のダ・クーニャで、フランス語を話したが、ホロイドがサウスポートで習ったフランス語とは種類が違い、二人の会話は礼儀作法と天気に関する簡単な提案にとどまった。そして天気は、この驚くべき新世界の他のすべてのものと同様に、人間の様相を持たず、夜も昼も暑く、空気は蒸気、風さえも熱い蒸気で、腐った植物の臭いがした。ワニや奇妙な鳥、さまざまな種類や大きさのハエ、甲虫、蟻、ヘビやサルは、陽光に喜びがなく夜に冷たさがない大気中で人間が何をしているか不思議そうに思えた。服を着ることは耐え難いことだが、それを捨てることは、昼は焼け焦げ、夜はより広い範囲を蚊にさらすことになる。昼に甲板に出ることは眩しさで目が見えなくなり、下にいることは窒息死することだ。昼間になると、手首や足首を狙う非常に巧妙で有害なハエがやってくる。ホロイドの唯一の気晴らしであるジェリユー艦長は、恐ろしいほど退屈な男になってしまい、毎日毎日、自分の心の中の愛情を、まるで数珠つなぎで語るかのように、匿名の女性たちを次々と語っていった。ある晩、クレオールの娘たちと踊ったが、彼女たちはホロイドの過去形も未来形もない拙いスペイン語でも十分に用が足りたようだった。しかし、これらは、とどろくエンジンが打ち上げる、流れる川の長い灰色の通路の、光り輝く裂け目に過ぎなかった。デミ・ジョンの形をしたある自由な異教徒の神が、船尾で魅惑的な法廷を開いていたが、おそらく前方でもそうだったのだろう。

しかし、ジェリユーはこの停車場で蟻についていろいろなことを学び、自分の使命に関心を持つようになった。

「この蟻は新しい種類の蟻だ」と彼は言った。「私たちは昆虫学とでもいうべきものにならなければならない。でかいな。5センチもある!」もっと大きいのもいる!」ばかげている。昆虫採集に駆り出された猿のようだ... しかし、彼らはこの国を食い尽くしている。」

彼は憤慨したように言い放った。「突然、ヨーロッパとの間に複雑な問題が起こったとしよう。そして私の銃は役に立たない!」

彼は膝をいたわりながら、考え込んだ。

「ダンス場にいた連中は、もう降りてきてしまった。彼らはすべてを失った。ある日の午後、蟻が家にやってきた。みんな逃げ出した。蟻が来たら、みんな逃げ出して、家の中に入り込んでしまうんだ。残っていると食べられてしまう ほらね?」でも、そのうち、蟻がいなくなったって言うんだ。蟻はまだ行っていない。息子は中に入ろうとした。蟻は戦った

「彼に群がる?」

「噛まれた すぐにまた出てきて泣き叫びながら走った。蟻を追い越して 川まで走った ほらね 彼は水に入って蟻を溺れさせたんだ...そうだ。」ジェリユーは立ち止まり、水晶のような目をホロイドの顔に近づけて、ホロイドの膝を指の関節でたたいた。「その夜、彼は蛇に刺されたように死んでしまうのです。」

「蟻に毒を盛られたのか?」

「知るか。」ジェリユーは肩をすくめた。「おそらく、ひどく噛まれたのだろう......」と肩をすくめた。「私は兵役についたとき、人間と戦うために入隊した。蟻というものは、行ったり来たりするものだ。人間には関係ないことだ。」

その後、彼はホロイドに蟻の話を頻繁にした。水と太陽と遠くの樹木が混在するあの廃墟で、偶然にも人間の一片に出会うたびに、ホロイドは言語に関する知識を深め、ますます全体を支配するサウバという言葉を認識できるようになった。

ホロイドは蟻が面白くなってきたと感じ、蟻に近づけば近づくほど、蟻が面白くなってきた。ジェリユーはこれまでのテーマをほとんど突然放棄し、ポルトガル人中尉は会話の相手になった。彼は葉刈り蟻について何か知っていて、その知識を広げた。ゲリョーはときどきホロイドに話を聞かせた。群れをなして戦う小さな働き蟻と、命令して支配する大きな働き蟻のこと、後者はいつも首のあたりを這うように動き、噛まれると血が出ること、などを話してくれた。そして、彼らがどのように葉を切り、菌床を作り、カラカスの彼らの巣が時には100ヤードにも及ぶことを話した。3人は2日間、蟻に目があるかどうかで論争した。2日目の午後、議論は危険なほど白熱し、ホロイドはボートで岸に上がり、蟻を捕まえて見ることで事態を収拾した。彼はいろいろな標本を捕らえて帰ってきたが、目があるものとないものとがあった。また、蟻は噛むのか、刺すのか、という議論もあった。

「ランチョで情報収集したジェリユーは「デゼ蟻は目が大きい」と言った。普通の蟻のように、目が見えないで走り回ることはない。そうなんです。隅っこに入り込んで、あなたの行動を観察しているのです。」とホロイドは尋ねた。

「そうだ、刺すんだ。刺す中に毒があるんだ。」彼は瞑想した。「蟻を相手に人間ができることはないだろう。蟻は来ては去っていく。」

「でもこれは行かない。」

「彼らは行く。」とジェリユーは言った。

タマンドゥを過ぎると、人口のいない80マイルの長い低い海岸があり、本流と大きな湖のようなバテモ腕の合流地点に来ると、森が近くなり、ついには密接に迫ってきた。水路の様相が変わり、懸崖が多く、ベンジャミン・コンスタント号はその夜、暗い木々のまさに影の下に、ケーブルで係留された。ホロイドとゲリョーは遅くまで座って葉巻を吸いながら、この心地よい感覚を楽しんでいた。ゲリヨーは蟻のことで頭がいっぱいで、蟻は何をしでかすのだろうと考えていた。彼はついに眠ることを決意し、甲板のマットレスに横たわった。絶望的に困惑した彼の最後の言葉は、すでに眠っているように見えたが、絶望のあまり、「蟻に何ができるだろうか」と問いかけたことだった。と絶望的な表情で言った。

ホロイドは噛まれた手首を掻くために残され、一人で瞑想していた。

彼は防波堤に座り、ジェリユーの呼吸の小さな変化に耳を傾けながら、眠りについた。モニター艦には小さな明かりが一つあるだけで、最初に少し話し声が聞こえ、それから静寂に包まれた。彼の目は、モニター艦の中央部の堤防に向かう薄黒い輪郭から、時折ホタルに照らされる黒い圧倒的な森の神秘へと向かい、異質で神秘的な活動のざわめきが静まることはなかった......。

この土地の非人間的な巨大さが、彼を驚かせ、圧迫した。空には人がおらず、星は信じられないほど広大な宇宙の中の一点であることも、海が巨大で手に負えないことも知っていたが、イギリスではこの土地を人間のものだと思うようになっていた。イギリスでは、土地は確かに人間のものであり、野生生物は苦しみながら生き、租借地で育ち、いたるところに道路があり、フェンスがあり、絶対的な安全が保たれているのである。地図帳でも、土地は人間のものであり、その権利を示すためにすべて彩色されており、海の普遍的な独立した青さとは鮮やかなコントラストをなしている。彼は、地球上のあらゆる場所で、耕作と文化、軽便な路面電車と良好な道路、秩序ある安全が行き渡る日が来ることを当然のことと考えていた。しかし、今、彼は疑っている。

この森は果てしなく続き、まるで無敵のような雰囲気があり、人間はせいぜい滅多に来ない不安定な侵入者にしか見えない。何マイルも旅をして、巨木の静かな、静かな闘いの中で、這いずるような葎の中で、主張する花の中で、いたるところでワニや亀や数え切れないほどの種類の鳥や昆虫がくつろいで、かけがえのない存在に見えたが、人間は、せいぜい恨めしそうな空き地に足を踏み入れ、わずかな足場を求めて雑草や獣や昆虫と戦い、蛇や獣、虫や熱の犠牲になり、すぐに流されてしまうのであった。川沿いの多くの場所で、彼は明らかに追い返された。このさびれた小川やあそこにはカサの名前が残っていて、あちこちに壊れた白い壁や粉々になった塔が、その教訓を伝えている。ここではピューマやジャガーが主人なのだ......。」

本当の主人は誰なのだろう。

この森の数マイルには、全世界の人間の数よりも多くの蟻がいるに違いない。これはホロイドにとって、まったく新しい発想だった。数千年の間に、人間は野蛮から未来の支配者であり、地球の支配者であると感じられるような文明の段階にまで上り詰めていたのである。しかし、蟻が進化しないわけがない。蟻は数千匹からなる小さな共同体に住んでいて、大きな世界に対して協調的な努力はしていなかった。しかし、彼らには言語があり、知性があった。人間が野蛮な段階で止まってしまったのと同じように、なぜそこで止まってしまうのだろう?」仮に、人間が書物や記録によって知識を蓄えたように、蟻も知識を蓄え、武器を使い、大帝国を築き、計画的かつ組織的な戦争を継続するようになったとしたら......。

ジェリユーが、彼らが近づいている蟻について集めた情報が、彼の脳裏によみがえった。彼らは蛇の毒のような毒を使っていた。葉刈り蟻のように大きな指導者に従順である。肉食で、来たところにとどまる...。

森はとても静かだった。水は絶え間なく側面に打ち付けている。頭上のランタンには、幻の蛾が音もなく渦を巻いている。

ジェリユーは暗闇の中で蠢き、ため息をついた。「どうしたらいいんだ」とつぶやくと、寝返りを打ってまた静止した。

ホロイドは蚊の鳴き声によって、不吉になりつつある瞑想から起こされた。

II.[編集]

翌朝、ホロイドはバダマから40キロメートル圏内にいることを知り、この銀行への関心が強まった。彼は、機会があればいつでも立ち上がって周囲を観察した。雑草の生えた廃屋と、長い間放置されていたモジューの修道院の緑に染まった外観を除いては、人が住んでいた形跡は全く見られなかった。その日の朝、半透明の羽を持つ奇妙な黄色い蝶が何羽も川を渡り、その多くがモニター艦に降り立ち、男たちに殺された。午後になって、彼らは廃船となったクベルタ号に出くわした。

帆は両方とも張られていて、午後の凪の中で弛んでおり、前部の板張りの上に座っている男の姿があった。もう一人の男は、この大きなカヌーの腰にある縦長の橋のようなものに顔を下に向けて寝ているように見えました。しかし、舵の揺れやモニター艦の航路に流れ込む様子から、この船に何か異常があることはすぐにわかった。ジェリユーは野戦眼鏡で彼女を観察し、座っている男の顔の奇妙な暗さに興味を持った。赤ら顔で鼻がなく、座っているというよりむしろしゃがんでいるように見えた。

しかし、彼はついにそうして、ホロイドを呼び出すために少し行った。それから彼はキュベレイを呼びに戻りました。彼はまたもや彼女を苛立たせ、彼女は彼の横を通り過ぎた。サンタ・ローザ号は、彼女の名前としてはっきりと浮かび上がっていた。

そのとき、しゃがんでいた「あん」の姿が、関節が外れたように崩れ落ちた。帽子が落ちて、その頭は見苦しく、体は弛緩して防波堤の後ろに転がって見えなくなった。

「カランバ!」とゲリョーは叫び、すぐにホロイドに助けを求めた。

ホロイドは仲間の半分まで上がってきたところだった。ホロイドは仲間を半分ほど登ったところで、「あれを見たか」と艦長が言った。

「死んだ!」とホロイドは言った。「そうだ、船を出したほうがいい。「何か変だ」

「ひょっとして彼の顔を見た?」

「どんな顔だった?」

「それは......言葉にならない。」艦長は突然ホロイドに背を向け積極的な指揮官になった。

モニター艦が近づいてきて、カヌーの不規則な進路と平行に航行し、ダ・クーニャ中尉と3人の水兵を乗せた船を降ろしてきた。艦長は好奇心から、中尉が乗り込むとほぼ横付けし、サンタ・ローザ号の甲板と船倉の全体がホロイドに見えるようになった。

この船の乗員はこの二人の死者だけであることがはっきりわかった。顔は見えないが、伸ばした両手にはぼろぼろの肉があり、何か奇妙な例外的腐敗の過程を経たことがわかった。しばらくは、汚れた衣服と弛緩した手足からなる謎めいた2つの束に注意が集中し、次に彼の目は、トランクやケースで高く積まれた開いた船倉を発見し、船尾にある小さなキャビンが不可解にも空洞になっているのを発見した。そのとき、彼はデッキの真ん中の板に、動く黒い斑点が点在していることに気がついた。

彼はその黒い塊に釘付けになった。その姿は、まるで闘牛の群衆が散っていく様子に似ていた。

隣にいるゲリヨーを意識したのだ。「カポ、眼鏡はあるか?」そこの板と同じくらい近くにピントを合わせられるか?」と言った。

ジェリユーは努力して、うめき声をあげ、眼鏡を手渡した。

その後、しばらく様子を見た。「蟻だ」とイギリス人は言って、焦点の合った野戦メガネをジェリユーに返した。

彼の印象は、大きな黒い蟻の群れで、大きさと、大きな蟻の中には灰色の服を着ているものがある以外は、普通の蟻と全く同じだった。しかし、その時の視察はあまりに短かったので、詳しいことはわからない。ダクーニャ中尉の頭がクベルタ号の横から現れ、短い会話が続いた。

「乗船してください」とジェリユーは言った。

中尉は、この船には蟻がたくさんいるからと反対した。

「長靴があるじゃないか」とジェリユーが言った。

中尉は話題を変えた。「このアンたちはどうやって死んだんだ」と聞いた。

ジェリユー艦長はホロイドが追随できないような推測に乗り出し、二人は次第に激しく論争するようになった。ホロイドは野戦眼鏡を手に取ると、まず蟻を、次に船中の死体の観察を再開した。

この蟻のことを、彼はとても詳しく説明してくれた。

見たこともないような大きな蟻で、黒く、普通の蟻のような機械的な騒ぎとはまったく違う、しっかりとした慎重な動きをしていたという。20匹に1匹は他の蟻よりずっと大きく、頭も並外れて大きい。この蟻は、葉刈り蟻の親玉といわれる蟻を思い起こさせた。彼らのように、全体の動きを指示し、調整しているように見えた。彼らは前足を使うかのように、まったく特異な方法で体を後ろに傾けていた。そして、遠すぎて確かめられないが、この2種類の蟻のほとんどが、白い金属糸のような明るい白い帯で体を縛って、装飾品を身につけているような、不思議な気がした......。

彼は、艦長と部下の間の規律の問題が深刻になっていることに気づき、突然眼鏡を置いた。

「艦長は言った。「乗船するのは君の義務だ。私の指示だ」と言った。

中尉は拒否する寸前だった。中尉は断りかけていた。その時、混血の水兵の一人の首が横に現れた。

ホロイドは突然英語で「この人たちは蟻に殺されたのだと思います」と言った。

艦長は怒り狂った。艦長は怒り狂い、何も答えなかった。艦長は怒りに燃えてホロイドに何も答えず、「私はお前に船へ乗るよう命じたのだ」とポルトガル語で部下に叫んだ。「すぐに乗船しないなら、それは反乱だ、階級的反乱だ。反乱と臆病!」私たちを鼓舞するはずの勇気はどこに行ったのでしょう?」牢屋に入れ、犬のように撃ち殺すぞ。」と、罵詈雑言が飛び交い、あちこちで踊り狂う。中尉は白目をむいてじっと彼を見つめていた。乗組員も驚いた顔で前に出てきた。

突然、この騒ぎの間隙を縫って、中尉は何か雄々しい決意を固め、敬礼して身を引き、クベルタ号の甲板上によじ登った。

ジェリユーは「ああ!」と言いながら、罠のように口を閉ざした。ホロイドはダクーニャのブーツの前に蟻が退散するのを見た。ダクーニャは倒れた男のところまでゆっくりと歩き、身をかがめ、ためらい、上着を握りしめ、ひっくり返した。蟻の黒い大群が服の中から飛び出してきた。ダクーニャは非常に素早く後ずさりして甲板を二、三度踏みならした。

ホロイドは眼鏡をかけた。彼は侵入者の足元に散らばった蟻が、今まで見たこともないような行動をしているのを見た。彼らは普通の蟻の盲目的な動きとは全く違っていた。彼らは彼を見ていた。

「彼はどうやって死んだのだろう?」

ホロイドはポルトガル人が、死体は食べられすぎていてわからないと言ったのだと理解した。

「前方に何があるんだ」とジェリユーが聞いた。

中尉は数歩歩くと、ポルトガル語で答え始めた。彼は突然立ち止まり,自分の足から何かを叩き落とした。何か見えないものを踏みつけようとするような奇妙な足取りで、すばやく横の方へ行った。それから自分を抑え、振り返り、意図的に船倉に前進し、スイープが働く前部デッキによじ登り、二人目の男の上にしばらく身をかがめ、うめき声をあげ、非常に硬直して船室まで戻り、船尾に移動しました。彼は振り返って艦長と会話を始めた。どちらの側も冷たく、敬意を払った口調で、先ほどの怒りと侮辱とは鮮明に対照的だった。ホロイドはその内容を断片的にしか理解できなかった。

甲板の表面から蟻が消えているのに驚いた。彼は甲板の下の影に目をやると、そこには監視の目がいっぱいあるように見えた。

クベルタ号は廃船で、蟻がたくさんいて、人が座って眠ることができないので、曳航しなければならない、ということになった。中尉はケーブルを取り込んで調整するために前進し、ボートの男たちは彼を助けるために立ちあがった。ホロイドの眼鏡がカヌーを探った。

彼は、微細な、しかし巧妙な活動が行われているという事実にますます感銘を受けるようになった。彼は、巨大な蟻が何匹も-体長は2インチ近くありそうだ-使い道が想像できないような奇妙な形の荷物を担いで、見えないところから見えないところへ突進しているのを察知した。彼らは露出した場所を横切って列をなして移動するのではなく、間隔をあけて開いた列をなして移動し、奇妙なことに砲火の中を進む現代の歩兵の突進を連想させるものだった。そのため、このような "崖崩れ "が発生するのである。

ダクーニャが戻ってきたとき,彼らが中尉に向かって実際に突進してくるのを見たわけではないが,彼らが一斉に突進してきたことは間違いないだろう。突然,中尉は叫び,罵り,自分の脚を叩いた。「刺された!」と叫んで,憎悪と非難に満ちた顔でゲリョーに向かっていた。

中尉はジェリユーに憎悪と非難を込めた顔で「刺された!」と叫ぶと、横からボートに乗り込み、一気に水の中に飛び込んでいった。ホロイドは水しぶきを聞いた。

ボートに乗っていた3人の男が彼を引っ張り出して船に乗せ、その夜、彼は死んだ。

III.[編集]

ホロイドと艦長は、中尉の膨張して歪んだ死体が横たわっている船室から出てきて、モニター艦の船尾に一緒に立ち、彼らの後ろにある不吉な船を見つめていた。その日は、薄明かりがチラチラと見えるだけの暗い夜だった。汽船の航跡の中でクベルタ号というぼんやりした黒い三角形が揺れ、帆が揺れ動き、ファンネルからの黒煙が火花を散らしながら揺れるマストの上を何度も流れていた。

ジェリユーは、中尉が最後の熱にうなされながら言った不愉快な言葉が頭をよぎった。

「私が殺したと言うんです」と彼は言った。「そんな馬鹿な。誰かが乗船しなければならなかったのです。私たちは、この蟻地獄からいつでも逃げ出すことができるのでしょうか。」

ホロイドは何も言わなかった。ホロイドは何も言わなかった。彼は、太陽に照らされたむき出しの板張りの上を、小さな黒い形が規律正しく駆け抜けていく様子を思い浮かべていたのだ。

「それは彼の行くべき場所だった」と、ジェリユーは口々に言った。「彼は任務の遂行中に死んだ。彼は何を不満に思っているんだ?」殺された!」... しかし、かわいそうなことに、その男は......何というか......精神が病んでいたのだ。正気じゃなかったんだ。毒が体を膨張させ... あの......。」

二人は長い沈黙に入った。

「あのカヌーを沈めて燃やそう」

「それで?」

その問いかけにジェリユーは苛立った。肩が上がり,両手が体から直角に飛び出した。「どうすればいいんだ?」彼は怒ったように声を荒げて言った。

「とにかく、クベルタ号にいるすべての蟻を!」-生きたまま燃やしてやる!」と、執念深く言い放った。

ホロイドは会話する気になれなかった。そして、モニター艦が黒い神秘的な岸辺に近づくと、カエルの憂鬱な鳴き声がさらに大きくなった。

艦長は「どうしたらいいんだろう」としばらく考えてから繰り返し、急に活発で野蛮で冒涜的になり、これ以上遅れずにサンタローザ号を燃やすことにした。船内の誰もがその考えに満足し、誰もが熱心に協力した。ケーブルを引き寄せ、切断し、船を下ろして曳航と灯油で点火すると、すぐにクベルタ号が熱帯夜の無常の中でパチパチと陽気に燃え盛った。ホロイドは漆黒の闇に浮かぶ黄色い炎と、森の頂上を行き交い、一瞬のうちにシルエットになる稲妻の閃光を眺めていた。

罐焚き夫は言語学の奥義に目覚めた。「サウバ・ゴー・ポップ、ポップ」と言って、「ワッハッハ」と豊かに笑った。

しかしホロイドは、甲板のあるカヌーの上にいるこの小さな生き物にも、目と脳みそがあるのではと考えていた。

しかし、ホロイドは、カヌーに乗ったこの小さな生き物にも目や脳があるのではないかと考えていた。この疑問は、翌日、ついにモニター艦がバダマに到着したときに、非常に強くなって思い出された。

この場所には、葉葺きの家屋や小屋、クリーパーに侵された製糖工場、材木と杖でできた小さな桟橋があり、朝の暑さの中でとても静かで、人の気配は全く感じられなかった。蟻がいたとしても、その距離では小さすぎて見えない。

「人はみんな行ってしまった」とジェリユーは言った。「でも、とにかく1つだけやってみよう。でも、どうせなら、ひとつだけやってみよう。」

ホロイドは口笛を吹いて叫んだ。

そして、艦長は最悪の疑心暗鬼に陥った。「1つだけ、できることがある」と言うと、ホロイドは「なんだそれは?」と言った。

「もう一度船に乗ってみよう」

「そうだ」

艦長は甲板を歩きながら身振り手振りを交えて言った。彼はいろいろなことを考えているようだった。スピーチの断片が彼の唇から聞こえてきた。スペイン語かポルトガル語で、何か想像上の公的な法廷に向かって話しているようだった。ホロイドの耳は、弾薬に関することを聞き取っていた。彼は突然、このような妄想から抜け出して英語になった。「親愛なるホロイド!」と叫び、「しかし、何ができるのか?」と切り出した。

彼らはボートとフィールドグラスを持って、その場所を調べるために近づいた。桟橋の端に大きな蟻が何匹もいて、じっとその姿を見ていると、まるで自分たちを見ているようだった。ジェリユーはこれらにピストルの発砲を試みたが、効果はなかった。ホロイドは、近くの家々の間を走る不思議な土塁を見分けたが、それは人間の居住地を征服した昆虫の仕業かもしれないと思った。探検家たちは桟橋を過ぎると、その先に腰布をまとった、とても明るく清潔で輝いている人間の骸骨が横たわっているのに気づいた。そして、その先には、とても明るくきれいな骸骨が横たわっていることに気づいた。

「私は、すべての服用者の人生を考慮する必要があります。」とジェリユーが突然言った。

ホロイドは振り返って艦長を見つめ、彼が乗組員を構成している食欲をそそらない人種の混合物のことを言っているのだとゆっくりと理解した。

「上陸部隊を派遣するのは不可能だ、不可能だ。彼らは毒を盛られ、膨れ上がり、私を罵倒して死んでしまうだろう。全く不可能だ...。」もし上陸したら、私は一人で、厚いブーツを履いて、命をかけて上陸しなければならない。もしかしたら、私は生きるべきかもしれない。それともまた......着陸しないかもしれない。わからない。わからない。」

ホロイドはそう思ったが、何も言わなかった。

「全部だ」ジェリユーは突然言った、「私を馬鹿にするように仕組まれたんだ。全部だ!」

二人は漕ぎ出して、きれいな白い骨格をいろいろな角度から観察し、モニター艦に戻った。そのとき、ジェリユーの優柔不断はひどくなった。蒸気を起こし、午後にはモニター艦は誰かに何かを聞きに行くような雰囲気で川を上り、日没までには再び戻って来て碇を下ろした。雷鳴がとどろき、激しく砕け散ったかと思うと、夜は見事に涼しく静かになり、みんな甲板で眠った。ジェリユー以外は、寝転がってつぶやいていた。夜が明けて、彼はホロイドを呼び起こした。

「主よ!」ホロイドは言った、「今度は何ですか?」

「私は決めた。」と艦長は言った。

「上陸するのか?」とホロイドは言い、明るく立ち上がった。

「いやだ!」艦長はそう言って、しばらくの間、非常に遠慮していた。「決めたんだ」と繰り返すと、ホロイドは焦ったような表情を見せた。

「よし、そうだ。大砲を撃ってやろう!」

そして撃った 蟻がどう思ったか知らないが、彼は撃った。彼は2度、厳粛に、そして儀式的に銃を撃った。乗組員は皆、耳に綿を詰めていた。この一件で、行動に移す効果があった。まず、古い製糖所を攻撃して破壊し、次に桟橋の後ろにある廃屋を破壊した。そして、ジェリユーは必然的な反応を経験した。

「これはだめだ。まったくだめだ。戻って指示を仰ぐしかない。弾薬のことで大騒ぎになるだろう。わからないだろう、ホロイド...」とホロイドに言った。

彼はしばらくの間、無限の困惑の中で世界を見つめていた。

「でも、他に何をすればいいんだ」と彼は叫んだ。

午後、モニター艦は再び川を下り、夕方には上陸部隊が中尉の遺体を引き取り、新しい蟻が今のところ出現していない土手に埋めた......。

IV.[編集]

この話をホロイドから断片的に聞いたのは3週間も前のことだ。

この新種の蟻が彼の脳内に入り込み、手遅れになる前に「人々を興奮させよう」と考えて英国に帰ってきたのだという。この蟻はイギリス領ギアナを脅かしており、現在の活動範囲から1000マイルも離れていないため、植民地庁はすぐにでもこの蟻に対処するべきだと言う。そして、植民地庁はすぐにでもこの虫の対策に取りかかるべきだと言う。「これは知的蟻だ。その意味するところを考えてみてください。

この蟻が深刻な害虫であることは間違いない。ブラジル政府が、効果的な駆除方法に対して500ポンドの賞金を出すのは賢明な判断である。3年前にバダマの向こうの丘陵地帯に初めて現れて以来、驚異的な征服力を発揮していることも確かである。バテモ川の南岸、約60マイルを完全に占領し、人を完全に追い出し、農園や集落を占領し、少なくとも1隻の船に乗り込み拿捕しました。さらに、不可解な方法で非常に大きなカプアラナ腕に橋をかけ、アマゾンそのものに向かって何マイルも押し進めたとさえ言われています。これまで知られていたどの種の蟻よりも、はるかに合理的で、はるかに優れた社会組織を持っていることに疑いの余地はないだろう。彼らは分散した社会ではなく、事実上単一の国家に組織されている。しかし、彼らの独特で直接的な恐ろしさは、このことよりも、大きな敵に対して毒を使うという知的な点にあるのだ。この毒は蛇毒に近いようで、実際に製造している可能性が高く、大型の個体はその針状の結晶を携帯して人間を攻撃している。

もちろん、地球の主権を狙うこの新しい競争相手について、詳しい情報を得ることは極めて困難である。ホロイドのような目撃者を除いては、彼らの活動を目撃した者はいない。アマゾン上流域では、彼らの腕前と能力に関する最も驚くべき伝説が流布しており、侵略者の着実な前進が恐怖を通じて人々の想像力を刺激するにつれて、日々その数を増やしている。この奇妙な小さな生き物は、道具の使用や火や金属の知識だけでなく、1841年にパラヒバ川の下にロンドン橋のテムズ川と同じ幅のトンネルを掘ったリオデジャネイロのサウバ人のような、北国の我々の頭を悩ませる組織的な偉業を持っているとされているが、我々の書籍に類似した記録と通信の組織的で詳しい方法を持っているのである。しかし、その記録や連絡方法は、われわれの書物に匹敵するほど詳細で、組織的である。これまでのところ、彼らの行動は、新しい地域に侵入したすべての人間の逃亡や殺戮を伴う、着実に進行する移住である。彼らは急速に数を増やし、少なくともホロイドは、最終的に南アメリカ熱帯地域全体から人間を奪うと固く確信している。

「なぜ、南米の熱帯地域に留まるのだろう?」

まあ、とにかく、そこにいるのだ。1911年かその前後には、このまま行けば、カプアラナ鉄道を建設し、ヨーロッパの資本家の注目を浴びることになるだろう。

1920年までには、アマゾンの半分くらいまで到達しているだろう。私は、遅くとも1950年か60年にはヨーロッパが発見されると考えている。

この著作物は、1946年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。