蜂屋小学校校歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. 千歳のむかしにその名高く
    雲居の供御ともなりぬる柿
    蜂屋 蜂屋 蜂屋 蜂屋
  2. 名に負う柿こそ村のほまれ
    今なお天下にたぐいあらず
    蜂屋 蜂屋 蜂屋 蜂屋
  3. ああ木の実だにも品清ければ
    千年もかわらぬ国のたから
    蜂屋 蜂屋 蜂屋 蜂屋
  4. ああわれも人の子学びはげみ
    宝とならば国のために
    蜂屋 蜂屋 蜂屋 蜂屋
  5. 奪えやはらからむつみ扶け
    宝とならば国のために
    蜂屋 蜂屋 蜂屋 蜂屋

この著作物は、1943年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。