葵上

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

大臣詞「是は朱雀院に仕へ奉る臣下なり。さても左大臣の御息女。葵上の御物のけ。以ての外に御座候ふ程に。貴僧高僧を請じ申され。大法秘法醫療さまの御事にて候へども。更に其しるしなし。こゝに照日の神子とて隱なき梓の上手の候ふを召して。生靈死靈の間を。梓に掛けさせ申せとの御事にて候ふ程に。此由申し付けばやと存じ候。やがて梓に御掛け候へ。

神子「天淸淨地淸淨。內外淸淨六根淸淨。より人は。今ぞ寄りくる長濱の。蘆毛の駒に。手綱ゆりかけ。

シテ一聲「三つの車に法の道。火宅の門をや。出でぬらん。夕顏の。宿の破車。やる方なきこそ。悲しけれ。

次第「浮世は牛の小車の。。廻るや。報なるらん。

サシ「凡そ輪廻は車の輪の如く。六趣四生を出でやらず。人間の不定芭蕉泡沫の世の習ひ。昨日の花は今日の夢と。驚かぬこそ愚なれ。身の憂きに人の恨の猶添ひて。忘れもやらぬ我思ひ。せめてや暫し慰むと。梓の弓に怨靈の。これまで顯はれ出でたるなり。

下歌「あら耻かしや今とても忍車の我姿。

上歌「月をば眺め明かすとも。。月には見えじかげろふの。梓の弓のうらはず弭に。立ち寄り憂きを語らん。

シテ「梓の弓の音は何くぞ。

神子「東屋の母屋の妻戶に。居たれども。

シテ「姿なければ。訪人もなし。

シテ「不思議やな誰とも見えぬ上臈の。破車に召されたるに。靑女房と思しき人の。牛もなき車の轅に取りつき。さめと泣き給ふ痛はしさよ。

詞「若しかやうの人にてもや候ふらん。

大臣詞「大方は推量申して候。唯つゝまず名を御名乘り候へ。

シテ「それ娑婆電光の境には。恨むべき人もなく。悲しむべき身もあらざるにいつさて浮かれ初めつらん。唯今梓の弓の音に。引かれて顯はれ出でたるをば。如何なる者とか思し召す。是は六條の御息所の怨靈なり。我世に在りしいにしへは。雲上の花の宴。春の朝の御遊に馴れ。仙洞の紅葉の秋の夜は。月に戯れ色香に染みはなやかなりし身なれども。衰へぬれば朝顏の。日影待つ間の。有樣なり。唯いつとなき我心。物憂き野邊の早蕨の。萌え出でそめし思の露。斯かる恨みを晴らさんとて。是まで顯はれ出でたるなり。

下歌地「思ひ知らずや世の中の情は人の爲めならず。

上歌「我人の爲つらければ。。必ず身にも報ふなり。何を歎くぞ葛の葉の。恨みはさらに盡すまじ。

神子「あら恨めしや。

詞「今は打たでは叶ひ候ふまじ。

神子「あら淺ましや六條の。御息所程の御身にて。うはなり打ちの御振舞。いかでさる事の候ふべき。唯思し召し止り給へ。

シテ詞「いや如何に云ふとも。今は打たでは叶ふまじと。枕に立ち寄りちやうと打てば。

神子「此上はとて立ち寄りて。妾は跡にて苦を見する。

シテ「今の恨みは有りし報い。

神子「嗔恚のほむらは。

シテ「身を焦がす。

神子「思ひ知らずや。

シテ「思ひ知れ。

地「恨めしの心やあら恨めしの心や。人の恨みの深くして。憂き音に泣かせ給ふとも。生きて此世にましまさば。水闇き澤邊の螢の影よりも光る君とぞ契らん。

シテ「妾は蓬生の。

地「もとあらざりし身となりて。葉末の露と消えもせば。それさへ殊に恨めしや。夢にだにかへらぬ物を我契り。昔語になりぬれば。猶も思ひは增鏡。其面影も耻かしや。枕に立てる破車打ち乘せ隱れ行かうよ。

大臣詞「如何に誰かある 葵上の御物の氣。いよいよ以ての外に御座候ふ程に。橫川の小聖を請じて來り候へ。

狂言「シカ

ワキ「九識の窓の前。十乘の床のほとりに。瑜伽の法水をたゝへ。

詞「三密の月を澄ます所に。案內申さんとは如何なる者ぞ。

狂言「シカ

ワキ詞「此間は別行の子細あつて。何方へも罷り出でず候へども。大臣よりの御使と候ふ程に。やがて參らうずるにて候。

大臣詞「唯今の御出御大儀にて候。

ワキ詞「承り候。さて病者は何くに御座候ふぞ。

大臣詞「あれなる大床に御座候。

ワキ詞「さらばやがて加持し申さうずるにて候。

大臣詞「尤にて候。

ワキ「行者は加持に參らんと。役の行者の跡を繼ぎ。胎金兩部の峯を分け。七寶の露を拂ひし篠懸に。

詞「不淨を隔つる忍辱の袈裟。赤木の數珠のいらたかを。さらりと押しもんで。一祈りこそ祈つたれ。なまくさまんだばさらだ。

シテ「如何に行者。早歸り給へ。歸らで不覺し給ふなよ。

ワキ「たとひ如何なる惡靈なりとも。行者の法力つくべきかと。重ねて數珠を押しもんで。

地「東方に。降三世明王。

シテ「南方軍荼利夜叉。

地「西方大威德明王。

シテ「北方金剛。

地「夜叉明王。

シテ「中央大聖。

地「不動明王。なまくさまんだばさらだ。せんだまかろしやな。そはたやうんたらたかんまん。聽我說者。得大智惠。知我身者。卽身成佛。

シテ「あら恐ろしの般若聲や。是までぞ怨靈此後又も來るまじ。

地「讀誦の聲を聞く時は。。惡鬼心を和らげ。忍辱慈悲の姿にて。菩薩もこゝに來迎す。成佛得脱の。身となり行くぞ有難き。

関連項目[編集]

この著作物は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。