茨城県筑波研究学園都市における建築物の敷地の制限に関する条例

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

茨城県筑波研究学園都市における建築物の敷地の制限に関する条例いばらきけんつくばけんきゅうがくえんとしにおけるけんちくぶつのしきちのせいげんにかんするじょうれい

  • 昭和55年8月1日茨城県条例第47号


(趣旨)第一条

この条例は,建築基準法(昭和二五年法律第二〇一号。以下「法」という。)第五十条の規定に基づき,筑波研究学園都市建設法(昭和四五年法律第七三号)第二条第3項に規定する研究学園地区のうち第二種低層住居専用地域,第一種中高層住居専用地域,第二種中高層住居専用地域,第一種住居地域,第二種住居地域又は準住居地域として指定された地域における建築物の敷地の制限に関して必要な事項を定めるものとする。

(建築物の敷地の規模)第二条

建築物(巡査派出所,公衆電話所その他の建築物で規則で定めるものを除く。)の敷地の面積は,165平方メートル以上でなければならない。ただし,知事が特に適正な都市環境を害するおそれがないと認め,又は公益上やむを得ないと認めて許可した場合においては,この限りでない。

(敷地の認定)第三条

  1. 法第六条第1項の規定により建築物の建築等に関する確認の申請をしようとする者は,あらかじめ当該申請に係る建築物の敷地として使用しようとする土地の区域に規則で定めるところにより敷地境界杭を設置し,当該申請に係る建築物の敷地として使用しようとする土地の区域について知事の認定を受けなければならない。
  2. 前項の規定は,法第十八条第2項の規定により建築物の建築等に関する計画の通知をしようとする者について準用する。

(敷地台帳及び敷地図)第四条

知事は,前条の規定により認定した土地の区域を明らかにするため,敷地台帳及び敷地図を作成するものとする。

(敷地台帳及び敷地図の閲覧)第五条

知事は,敷地台帳及び敷地図について閲覧の請求があつた場合には,これを閲覧させなければならない。

(適用除外)第六条

  1. 第二条の規定は,この条例の施行又は適用の際現に建築物(工事中のものを含む。)の敷地として使用されている土地で同条の規定に適合しないものについてその全部を一の敷地として使用する場合には,適用しない。
  2. 第二条の規定は,この条例の施行又は適用の際現に存する所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同条の規定に適合しないこととなる土地でこの条例の施行又は適用の日から6月以内に規則で定めるところにより知事に届け出たものについてその全部を一の敷地として使用する場合には,適用しない。
  3. 前2項の規定は,当該土地が第二条の規定に適合する敷地として使用されるに至つた場合には,適用しない。

(委任)第七条 この条例の施行に関して必要な事項は,規則で定める。

(罰則)第一条

  1. 第二条の規定に違反して建築物を建築した場合における当該建築物の設計者(設計図書を用いないで工事を施工し,又は設計図書に従わないで工事を施工した場合においては,当該建築物の工事施工者)は,10万円以下の罰金に処する。
  2. 前項に規定する違反があつた場合において,その違反が建築主の故意によるものであるときは,当該設計者又は工事施工者を罰するほか,当該建築主に対し同項の刑を科する。

第九条 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人,使用人その他の従業者が,その法人又は人の業務に関し,前条の違反行為をしたときは,その行為者を罰するほか,その法人又は人に対して同条の刑を科する。


付則
この条例は,昭和56年4月1日から施行する。
付則(平成7年条例第60号)
  1. この条例は,公布の日から施行する。
  2. 都市計画法及び建築基準法の一部を改正する法律(平成四年法律第八二号。以下「改正法」という。)附則第四条の規定により,改正法第二条の規定による改正前の建築基準法(昭和二五年法律第二〇一号)第五十条の規定がなお効力を有している場合においては,この条例による改正後の茨城県筑波研究学園都市における建築物の敷地の制限に関する条例第一条中「第二種低層住居専用地域,第一種中高層住居専用地域,第二種中高層住居専用地域,第一種住居地域,第二種住居地域又は準住居地域」とあるのは,「第二種住居専用地域又は住居地域」とする。

この著作物は、日本国著作権法10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
  5. 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道

この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、“制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料”が含まれます。